皇居で「講書始の儀」 コロナ禍で2カ月遅れて実施

  • 📰 Sankei_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 12 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 8%
  • Publisher: 53%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

皇居で「講書始の儀」 コロナ禍で2カ月遅れて実施 講書始の儀は感染拡大防止のため、出席者を減らし、席の間隔をとって実施された。

天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる恒例行事「講書始(こうしょはじめ)の儀」が23日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。秋篠宮ご夫妻をはじめ、皇族方も出席された。当初は1月に実施予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていた。ほかの進講者とテーマは、成蹊大の揖斐高(いび・たかし)名誉教授(74)の「『勢』と『機』の歴史哲学-『日本外史』の方法」、兵庫県立大の五百旗頭(いおきべ)真理事長(77)の「米中の新たな遭遇と日本」。.

天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる恒例行事「講書始(こうしょはじめ)の儀」が23日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。秋篠宮ご夫妻をはじめ、皇族方も出席された。当初は1月に実施予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていた。ほかの進講者とテーマは、成蹊大の揖斐高(いび・たかし)名誉教授(74)の「『勢』と『機』の歴史哲学-『日本外史』の方法」、兵庫県立大の五百旗頭(いおきべ)真理事長(77)の「米中の新たな遭遇と日本」。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

興味深かったです 両陛下、皇族の皆さま方が 学者先生の講義を受けられ 宮殿松の間の音声と共に公開 人文:成蹊大学 揖斐高名誉教授が頼山陽について 社会:兵庫県立大学 五百旗頭真理事長 自然:ノーベル医学・生理学賞の東京工業大学 大隅良典栄誉教授 テレ東NEWS 52:12

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 68. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

コロナで1月から延期、皇居で「講書始の儀」…3氏が研究成果を説明 : 社会 : ニュース天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる「講書始(こうしょはじめ)の儀」が23日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。1月に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、延期していた。 今年の進講
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »