白人男、高校銃撃脅迫も NY、憎悪犯罪で捜査 | 共同通信

2022/05/15 23:15:00

白人男、高校銃撃脅迫も - NY、憎悪犯罪で捜査

共同通信, 国際

白人男、高校銃撃脅迫も - NY、憎悪犯罪で捜査

【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州バファローのスーパーで10人が死亡した銃乱射事件で、捜査当局...

【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州バファローのスーパーで10人が死亡した銃乱射事件で、捜査当局が拘束した白人の男(18)が昨年6月、自身が通っていた高校で銃撃事件を起こすと脅し、警察に拘束されていたことが15日分かった。脅迫事件で病院に送られ精神科の診察を受けたが、訴追されなかった。米メディアが伝えた。

続きを読む:
共同通信公式 »

バンドデシネ風グラフィックが話題を呼ぶゲーム『Sable』が日本語に対応&PS5版を発売開始。古代文明が眠る広大な砂漠をホバーバイクで駆け巡り、自身と世界の秘密を解き明かす幻想的な旅へ

架け橋ゲームズは11月30日、Shedworksが手掛けるゲーム『Sable』のPS5版を発売した。 続きを読む >>

岸田首相、強い沖縄経済を実現 | 共同通信 フラッシュニュース | 沖縄タイムス+プラス岸田文雄首相は15日、沖縄復帰50年の記念式典に出席し、沖縄の潜在力を最大限に引き出し、強い沖縄経済を実現すると強調した。( 共同通信 )。 沖縄に今も大きな基地負担と首相

米NY州のスーパーで18歳が銃乱射、10人死亡 憎悪犯罪で捜査【5月15日 AFP】米ニューヨーク州バファロー(Buffalo)のスーパーマーケットで14日、武装した男(18)が銃を乱射する事件があり、10人が死亡、3人が負傷した。 The crimes are caused by people but not by the chances they can have guns. NRA 全米ライフル協会としては誰が銃を持っていればこの事件は防げたんですかね?

スーパーで乱射、10人死亡 18歳容疑者拘束、憎悪犯罪で捜査―米NY州:時事ドットコム【ニューヨーク時事】米ニューヨーク州バファローのスーパーマーケットで14日午後2時半(日本時間15日午前3時半)ごろ、銃の乱射事件があり、地元警察によると、10人が死亡し、3人が負傷した。警察は容疑者として、18歳の白人の男を拘束した。連邦捜査局(FBI)は14日、記者会見し「人種差別主義に基づく憎悪犯罪とみて捜査している」と明らかにした。 警察の発表や米メディアによると、兵士のような格好をして武装した男がスーパーの駐車場や店内でライフル銃を乱射した。銃撃された13人のうち11人は黒人で、2人が… SNSだ実況しながら乱射。死刑廃止した州にて。 RT : スーパーで乱射、10人死亡 18歳容疑者拘束、憎悪犯罪で捜査―米NY州

北朝鮮の楊亨燮・元常任副委員長が死去 | 共同通信追悼。安らかに。

松山、通算-14で18位後退 米男子ゴルフ第3日 | 共同通信【マッキニー(米テキサス州)共同】米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは14日、テキサス州マッキ...

フィンランド、18日に申請か NATO加盟巡り、外相が発言 | 共同通信【ロンドン共同】フィンランドのハービスト外相は14日、米欧の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)の...

銃撃事件が起きたスーパーの前で抱き合う人たち=14日、米ニューヨーク州バファロー(AP=共同) 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州バファローのスーパーで10人が死亡した銃乱射事件で、捜査当局が拘束した白人の男(18)が昨年6月、自身が通っていた高校で銃撃事件を起こすと脅し、警察に拘束されていたことが15日分かった。脅迫事件で病院に送られ精神科の診察を受けたが、訴追されなかった。米メディアが伝えた。 AP通信によると、男は人種差別に基づく憎悪犯罪(ヘイトクライム)とされる過去の乱射事件を詳細に調べていたことも判明した。 .Copyright (c) 2022 The Okinawa Times All rights reserved.米ニューヨーク州バファローで、銃乱射事件が起きたスーパーマーケットに駆け付けた警官(2022年5月14日撮影)。(c)John Normile/Getty Images/AFP 【5月15日 AFP】米ニューヨーク州バファロー( )のスーパーマーケットで14日、武装した男(18)が銃を乱射する事件があり、10人が死亡、3人が負傷した。男は逮捕された。被害者のうち11人はアフリカ系米国人で、警察は「人種差別に基づく」ヘイトクライム(憎悪犯罪)として捜査している。 地元警察の記者会見によると、男はボディーアーマー(防護服)とヘルメットを着用していた。スーパーの駐車場で4人を銃撃した後、店内に入って乱射を続け、その様子をソーシャルメディアでライブ配信していたという。 店内では元警官の警備員と撃ち合いになり、射殺。警察が駆け付けると自殺するしぐさを見せたが、説得に応じて投降した。.スーパーで乱射、10人死亡 18歳容疑者拘束、憎悪犯罪で捜査―米NY州 2022年05月15日08時13分 【ニューヨーク時事】米ニューヨーク州バファローのスーパーマーケットで14日午後2時半(日本時間15日午前3時半)ごろ、銃の乱射事件があり、地元警察によると、10人が死亡し、3人が負傷した。警察は容疑者として、18歳の白人の男を拘束した。連邦捜査局(FBI)は14日、記者会見し「人種差別主義に基づく憎悪犯罪とみて捜査している」と明らかにした。 警察の発表や米メディアによると、兵士のような格好をして武装した男がスーパーの駐車場や店内でライフル銃を乱射した。銃撃された13人のうち11人は黒人で、2人が白人だった。現場ではライフル銃少なくとも2丁が押収された。単独犯とみられる容疑者はバファローの住民ではなく、犯行の様子をインターネット交流サイト(SNS)で配信していたという。.