発達障害の子どもを排除する厳格な「学校ルール」 | 「発達障害」は学校から生まれる

2022/04/07 23:02:00

【発達障害の子どもを排除する厳格な「学校ルール」】 「普通に成長した子」しかいられない通常学級に #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, 東洋経済

【発達障害の子どもを排除する厳格な「学校ルール」】 「普通に成長した子」しかいられない通常学級に 東洋経済オンライン

――発達障害の子どもは、なぜ増えているのでしょうか。教師たちが当たり前のように思っている教室の環境が、一定の子どもを排除するルールになっていると感じています。2006年に改正された教育基本法では規律や規…

――発達障害の子どもは、なぜ増えているのでしょうか。教師たちが当たり前のように思っている教室の環境が、一定の子どもを排除するルールになっていると感じています。2006年に改正された教育基本法では規律や規範が重視され、各学校で学力向上のための「学習スタンダード」が導入され始めました。「◯◯小学校スタンダード」などと、独自の細かい決まりごとを作る学校が増えています。例えば、授業の前に「気をつけ。これから◯時間目の挨拶を始めます」と言ってから、担任教師の目を2秒間見るといったルール。この儀式が苦手な子がいると、いつまでも授業が始まらず、「あいつのせいでまた待たされている」と周りの子も思うようになります。授業に集中できない子どもがいても、教師の授業の組み立て方が悪い、とはなりません。

ルールに収まらない子が増えるのは必然私は挨拶なしで授業を始めますが、面白い授業をすればスタート段階で一斉にこちらを向くし、つまらない授業をすれば、いつまでもざわざわしています。それは子どもの責任というより、プロとして私がだめだということです。

続きを読む: 東洋経済オンライン »

【甲子園】国学院栃木、三度目の正直で智弁和歌山撃破 平井悠馬主将は投打で貢献「最高の気分」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ

ノーシードから県大会を勝ち上がってきた国学院栃木が、昨夏優勝の智弁和歌山に勝利した。投げては2番手で1回を無失点、打っては8回にソロ本塁打を放つなど4打数3安… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

「やるべきことはたくさんあるのに取りかかれない」さて、どうする? 【発達障害ライフハック】なぜ自分はうまく仕事がこなせないのだろう。 「仕事 できない」で検索すると「発達障害」という言葉に行き当たった。 『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)の小鳥遊さん nasiken が伝授する、タスク管理術です。発達障害啓発週間

5才の息子が感覚過敏で…「マスクが着用できません」バッジに賛否、周囲の視線に思い悩む母1才の頃から発達障害があり、感覚過敏も併発しているため、マスクやフェイスシールドの着用が困難な5才の息子さん。「感覚過敏のためマスクを着用することができません」というバッジを着用して外出している様子をお母さんがSNSで公開すると、賛否含め、大きな反響があった。子どものみならず、大人も様々な事情でマスクを着用できない人も一定数いる中、感染リスクを危惧する視線や声は止まない。批判も覚悟の上でバッジ着用の動画を投稿したというお母さんに、その思いを聞いた。 僕は、発達障害当事者です。音と光の感覚過敏があり 例えば、店内放送とBGMと同時に流れている店内を 買い物することが、できないので、この意思表示に対して、マスクをつけろと強制することは、アレルギー食材を無理やり食べさせることくらいやってはいけないこと ノーマスクの議員やデモの迷惑行為のせいで マスクをしたくてもつけれない人達の居場所を奪うのは。 マスクの着用は誰でもできるものではない。着用できても短時間しかできないとか、黙っていれば着用できるが声を発しているとは着用が辛くなるとか、鼻が出てないとダメだとか、人それぞれ。それが顕在化したのだから、マスクは任意。そして、マスクを外そう。マスクは危険 なのだから。