甲子園に響くサイレン 特攻、外地で散った選手への思い(写真=共同)

2022/08/13 23:00:00

甲子園に響くサイレン 特攻、外地で散った選手への思い スポーツライター 浜田昭八

甲子園に響くサイレン 特攻、外地で散った選手への思い スポーツライター 浜田昭八

全国高校野球選手権は毎年、終戦記念日の8月15日が大会期間にあたり、会場の甲子園では正午にサイレンが球場に鳴り響く。戦争を知らない球児も、空襲警報のサイレンの記憶が残っているオールドファンも、その場で直立不動になり、戦没者に黙とうをささげる。キャッチボールをしてから出撃した22歳・石丸進一毎年終戦記念日の前後は全国各地で同じように黙とうをささげる。メディアでも太平洋戦争末期を回顧する番組が多

全国高校野球選手権は毎年、終戦記念日の8月15日が大会期間にあたり、会場の甲子園では正午にサイレンが球場に鳴り響く。戦争を知らない球児も、空襲警報のサイレンの記憶が残っているオールドファンも、その場で直立不動になり、戦没者に黙とうをささげる。 キャッチボールをしてから出撃した22歳・石丸進一 第2次世界大戦で戦死したプロ野球選手を慰霊する「鎮魂の碑」。右上段に石丸進一、同中段に沢村栄治、左上段に小川年安の名前も=共同 戦火をくぐり抜けて生還した学徒は何パーセントいるだろうか。末は博士かノーベル賞かの秀才や、野球界、ゴルフ、テニス界などを揺るがす俊英たちの安否はいかに。無事に生還しても、戦後の混乱期をどう生き抜いてきたのか。 東京ドーム(東京・文京)の駐車場の入り口近くに、戦前のプロ野球界で活躍し、大戦で戦没した野球人を悼む「鎮魂の碑」がある。名前しか知らないヒーローばかりだが、訪れて手を合わせるたびに涙がこぼれる。日本プロ野球創成期の名古屋(現中日)で投げた石丸進一投手を巡る話が悲しい。 同投手は大戦が激化した1943年に20勝をマークした。この年の12月に召集され、航空少尉として軍務についた。そして終戦の3カ月前の45年5月11日に出撃命令を受け、帰らぬ人となった。特攻機で飛び立ったのだ。 実兄藤吉(元松竹ロビンス助監督)の追憶によると、進一は出撃直前に「敢闘」の鉢巻きを巻いて僚友とキャッチボールをしたそうだ。残した遺書には「野球をやれたこと幸せ。忠と孝を貫いた一生。24歳で死んで悔いはない」とあった。 当時の慣例で記した数え年。実際は1922年7月生まれだから、まだ満22歳だったはずだ。「完投」の鉢巻きを巻いて、野球人生を全うしたかったのではないか。本心を素直に口にできなかった風潮を、故人に代わって責めたい。 阪神の監督になっていたか……、慶応ボーイの小川年安 この人は間違いなく監督になると見られた人物も、碑に名を連ねている。小川年安。1936年に創設して間もない阪神タイガースへ入団し、正捕手、3番打者で活躍した。 召集され、戦死した巨人の沢村栄治投手(写真は1937年、甲子園)。戦地で小川年安と再会したという記録がある=共同 打撃、守備の技量もさることながら、広島・広陵中━慶応大で主将を務めたキャプテンシーも高く評価された。阪神は矢野燿大監督が今季限りで退任すると早々に公表した。時代は大きくずれているが、仮にその機に遭遇したなら、OB小川は文句なしに後任監督の候補に挙げられただろう。 同氏の令息と話す機会があった。高校で野球をした人なので、人生と野球の先輩を慕う気持ちは強い。令息によると、亡父の戦没地は西ニューギニア。のちに同地を訪れ、「父はこの風景、この花を見て、何を感じたのだろう」と感慨にふけったそうだ。同じような思いを抱く人が、世界に何千万、何億人もいると思うと切ない。 甲子園のサイレンに空襲警報を思い出す人もまだいる 大戦は民間人の心身にも大きな傷を残した。原爆が投下された広島、長崎だけでなく、東京、大阪、各地の中小都市もB29の空爆で焼かれた。地上戦が展開された沖縄は、さらに悲惨だった。 高校野球では試合開始・終了をサイレンで告げる。写真は有田工に勝利し駆け出す浜田ナイン=共同 戦後、沖縄の野球を全国レベルに引き上げる功績をあげた沖縄水産高の栽弘義監督の背中には、戦火で焼かれた大きなやけどの痕が残っていた。もし球児たちがプロ入りしたなら、キャンプで何度も沖縄を訪れることだろう。沖縄の人たちの苦しみに思いをはせてほしいと思う。 1死、2死、刺殺、補殺、挟殺など、野球には物騒な用語が多い。それと平和なゲームの内容との落差を楽しんで受け入れることができる今の幸せ。それと同時に、プレーボールを告げる甲子園のサイレンに、空襲警報を連想する老齢者がわずかに存在するのも事実。忘れないでおこう。 (敬称略).かわいい子には旅をさせよ、という。人を育むうえで家はなくてはならないけれど、家の外の世界も同じくらい人を強くしてくれる。昨今のサッカー日本代表をみると、欧州への「旅」が選手を二回りほど大きくしているように思える。 ベルギー1部のシントトロイデンは、あたかもブリュッセルの脇に飛び地の日本人街ができたような様相を呈している。2017年に日本企業が経営権を取得して以降、日本選手が次々と流れ込み、4~5.【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は11日、ワールドカップ(W杯)カタール大会の開幕日を11月21日から1日前倒しし、20日にすると発表した。1次リーグA組のカタール―エクアドルを午後7時(日本時間21日午前1時)から開幕戦として実施する。 開幕まで3カ月余りでの日程変更は異例。FIFAのインファンティノ会長と6大陸連盟会長が満場一致で決定した。開催国が開幕戦に登場するのは2006年から5大会連続となる。.明豊―一関学院 6回表明豊1死、鈴木が右中間に本塁打を放つ。捕手後藤(12日、甲子園)=共同 全国高校野球選手権大会第7日は12日、甲子園球場で2回戦が行われ、明豊(大分)が一関学院(岩手)に7-5で勝ち3回戦へ進んだ。 3-4の七回に2点を奪い逆転。直後に追い付かれたが、九回に牧野の適時打などで2点を勝ち越した。.

続きを読む:
日経電子版 スポーツ »
Loading news...
Failed to load news.

どんな記事を書こうが、この戦争のリスクが高まっているときに、政治の監視を蔑ろにして、甲子園の観戦にうつつを抜かすアホな新聞にしか見えないけど。 甲子園のサイレン、なんとなく空襲警報を思い出す。 8.15正午。 試合を中断して黙祷。 戦争は知らんでは、済まされへん。 知らんからこそ、学ぶんや。 日経、良い記事もあるね。平和は大事!。 nipponishin 私の家族にも、もし生きていたら、 こうなっていたはず、という人が、 います。 それは、妄想ではないと、わかり ました。 お気持ち、わかります。 その人が、したかったことを、 一ミリでも、私は引き継ぎたい。 雨はやんでた 「散った」って新聞社書くには詩的過ぎないかな

当時の日本の新聞社がどないな社説を書いておったのかもあわせて検証してくれへんかな。

W杯8強めざすサッカー日本、他にない「ジャパンズ・ウェイ」確立で高みへ(写真=共同)かわいい子には旅をさせよ、という。人を育むうえで家はなくてはならないけれど、家の外の世界も同じくらい人を強くしてくれる。昨今のサッカー日本代表をみると、欧州への「旅」が選手を二回りほど大きくしているように思える。ベルギー1部のシントトロイデンは、あたかもブリュッセルの脇に飛び地の日本人街ができたような様相を呈している。2017年に日本企業が経営権を取得して以降、日本選手が次々と流れ込み、4~5

カタールW杯、開幕1日前倒し 開催国11月20日に試合(写真=共同)【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は11日、ワールドカップ(W杯)カタール大会の開幕日を11月21日から1日前倒しし、20日にすると発表した。1次リーグA組のカタール―エクアドルを午後7時(日本時間21日午前1時)から開幕戦として実施する。開幕まで3カ月余りでの日程変更は異例。FIFAのインファンティノ会長と6大陸連盟会長が満

夏の甲子園、明豊が一関学院に競り勝つ(写真=共同)全国高校野球選手権大会第7日は12日、甲子園球場で2回戦が行われ、明豊(大分)が一関学院(岩手)に7-5で勝ち3回戦へ進んだ。3-4の七回に2点を

カブス鈴木誠也、映画ロケ地で先制打 日本選手で初出場(写真=共同)【ダイアーズビル(米アイオワ州)=共同】米大リーグで鈴木誠也のカブスとレッズの一戦は11日、映画「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地となったアイオワ州ダイアーズビルで行われ、「4番・右翼」でフル出場した鈴木は一回に先制の適時二塁打を放つなど4-2の勝利に貢献した。3打数1安打1打点、1得点だった。1910~20年代の復刻ユニホームを着用した両チ

河野消費者相、霊感商法対策で「検討会」の設置表明(写真=共同)河野太郎消費者相は12日の記者会見で、月内にも消費者庁に、宗教団体などによる霊感商法への対策を検討会を設置すると表明した。河野氏は「問題が起きないようにどう対応したらいいか検討してもらう。具体的な内容は消費者庁で考えている」と述べた。宗教団体の世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を巡っては霊感商法や信者の高額寄付などに はいはい、ガス抜き さすが国民の声を拾ってくれる 岸田さんとえらい違い X線リソグラフィー半導体製造装置は、霊感商法では、ないです。応援します。日本政府へ!自民党へ!公明党へ!感謝します。2022年8月12日へ!

将棋・里見香奈女流五冠にエール 初の女性棋士目指す(写真=共同)将棋界初の女性棋士を目指す里見香奈女流五冠(30)のプロ(四段)編入試験が18日に始まる。幼い頃から見守ってきた高橋和(やまと)女流三段(46)に、大勝負を前に思いをつづってもらった。プロ編入試験、18日に第1局里見さんとの出会いは彼女が小学生の時。彼女の地元、島根であった将棋のイベントで里見さんに聞かれた。「将棋が強くなるにはどうしたらいいですか?」。私は「毎日必ず3問詰め将棋を解くこと」 振り飛車の切れが数段上がった。先日A級で藤井五冠からある意味金星を挙げた菅井八段も使い手。AI評価値が未だに飛車を振った時点で相手方に振れるのは、圧倒的に指す棋士が少なく、AIも未だに満足な情報が拾えていないと同義。 新四段の5人はこの数年と較べ正直一枚落ちる。スーパーチャンスである。