珍事!物言いの説明に物言い 言い間違いで訂正 - 大相撲 : 日刊スポーツ

  • 📰 nikkansports
  • ⏱ Reading Time:
  • 29 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 15%
  • Publisher: 63%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

珍事!物言いの説明に物言い 言い間違いで訂正 sumo 大相撲 物言い 東関審判長 高見盛

物言いの説明に、物言いがつく珍事が起こった。

東幕下44枚目千代の勝-西幕下46枚目東照山の一番。千代の勝が左を差しながら土俵際に追い込み、東照山が右の小手投げで逆転を狙った。同時に土俵外へ倒れる際どい勝負となり、軍配は千代の勝に上がったが、物言いがついた。 協議の結果を、東関審判長(元小結高見盛)が場内アナウンスで説明した。「ただいまの協議について説明します。行司軍配は東方に上がりましたが、両者が同体ではないかと物言いがつき、協議した結果、両者の体が同時と見て、取り直しといたします」と説明した。 しかし、この直後に、向正面側に座る浅香山審判員(元大関魁皇)と竹縄審判員(元関脇栃乃洋)が、顔を見合わせて何かを確認するようなそぶりを見せた。すると、土俵に上がろうとした両力士を1度土俵下に引かせ、再び審判員が土俵上に集結。状況を理解できずに土俵下にいた東関審判長は、浅香山審判員に手招きで呼ばれて土俵に上がった。約10秒後に土俵下に戻った東関審判長は「ただいまの協議について説明します」と切り出し「行司軍配は東方に上がりましたが、同体ではないかと物言いがつき、協議した結果、西方の足が、体が、足が先に出ており、軍配通り東方力士の勝ちとします」と、しどろもどろになりながら説明した。1度目は取り直しと説明したが、2度目は軍配通りに千代の勝の勝ちとなったと説明した。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 18. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

大相撲、フィギュア女子SP他/24日ラインアップ - お知らせ : 日刊スポーツ24日の注目イベントをチェックしよう。ニッカンスポーツ・コムでは選抜高校野球、大相撲を速報します。■ゴルフラシンク・ニンジニアRKBレディース最終日(午前8時… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

勝南桜ワーストタイ89連敗 取材は「また今度」 - 大相撲 : 日刊スポーツ東序ノ口24枚目勝南桜(しょうなんざくら、22=式秀)が、6番相撲で西序ノ口大志龍(32=木瀬)に寄り切られて19年初場所の6番相撲から89連敗となり、自身が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 自分で自分を超えるプロww
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

照ノ富士3敗目、大関復帰目安へ残り5日あと2勝 - 大相撲 : 日刊スポーツ大関復帰に挑戦する関脇照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が、痛い3敗目を喫した。西前頭3枚目志摩ノ海の粘りに屈した。右をのぞかせて前に出たが、土俵際で何度も回り込まれ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

高安まだ会えぬ娘「力に」2分超の一番制し1敗死守 - 大相撲 : 日刊スポーツ初優勝を狙う小結高安(31=高安)が、後続との差をさらに広げた。大関貴景勝との、2分を超える一番を制して1敗を死守。自身の取組前に、2敗だった関脇照ノ富士と平… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »