玉川学園、柔軟な教育目指す 秋入学・幼~高一貫を構想

玉川学園、柔軟な教育目指す 秋入学・幼~高一貫を構想

2021/05/02 23:15:00

玉川学園、柔軟な教育目指す 秋入学・幼~高一貫を構想

玉川学園(東京都町田市、小原芳明理事長)が構想している「初等中等一貫教育学校(K−12)」は秋入学と幼小中高一貫教育で学年にとらわれない柔軟な教育を実現するのが狙いだ。幼稚園から高校までの学校は学習指導要領などで学年ごとに学ぶ内容が定められているが、私立の中高一貫校では高校のカリキュラムを中学で先取りするのが一般的になっている。幼小中高を一貫教育にすれば自由度はさらに上がり、小学校や中学校な

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

敬老の日 お年寄りのボウリング大会 感染対策して開催 広島 | NHKニュース

【NHK】敬老の日の20日、日頃から練習を積んでいるお年寄りたちがボウリングを楽しむ大会が広島市で開かれました。

まだ9月入学燻ってるのか? 幼稚園か小学校から大学まで同じ私立に通うなら問題ないけど、環境が整っていないという事は入学前の5ヶ月間の教育的なフォローが必要になるという事。社会全体が一斉に変える環境を作らないと問題が出てきそう。 少子化対策として、就労目的の外国人の子供を受け入れていくつもりなのかもしれないが。 柔軟な教育というよりも、ダラダラと同じ環境を続ける感じです。時々、環境を変えることで、新しい柔軟な発想を持つことができます。 大学以外秋入学いらないです😡 ようやく秋入学の話しが進展し始めた‼️ 영생의 복음을 전하십니다. SpecialSundayWord

玉川学園、秋入学の幼小中高一貫教育構想 23年度にも私立学校の玉川学園(東京都町田市、小原芳明理事長)が秋入学(9月始業)を導入する方向で文部科学省と協議していることが分かった。小学校教育の開始を半年繰り上げ、高校まで学ぶ「初等中等一貫教育学校」構想だ。国際標準の9月始業・6月終業とし、高校は6月卒業とする。2023年度にも発足させたい意向だ。構想が実現すれば日本初となり、他の私学や秋入学、早期就学を巡る国の議論にも影響を与える。「K-12」 名前が無理😂 玉川アレルギー 少子化で生徒が少ないから幼稚園に入ったら大学まで手放したくないってこと? スゴいな。秋入学はどの政治家も果たせなかったことだったが、これで玉川学園がゲームチェンジャーになる。