猫用爪とぎベッド「アズニャン」に新色ブラウンが登場 | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」

2022/05/13 23:01:00

猫用爪とぎベッド「アズニャン」に新色ブラウンが登場

猫用爪とぎベッド「アズニャン」に新色ブラウンが登場

TIRAMISUが運営する猫ぐらしブランド「キミとワタシのSUMIKA」は、ratanto!シリーズ爪とぎベッド「アズニャン」の新色ブラウンを発売した。

同製品は、強度が高く水洗いOKな人工ラタン素材を用いており、バリバリボードを取り換えることで長く使用することができる。また、爪とぎをしない時にはベッドにもなる2WAY仕様。 新色ブラウンは、従来のベージュ同様にホテルライクなインテリアにはもちろん、和室にも自然に溶け込むカラーとなっている。人工ラタンの外枠は従来通り水洗いが可能で、ナチュラルなデザインはオールシーズンで活躍。これから迎える本格的な夏、ダニなどの心配もなく使用することができる。 《山本真美》.同製品は、360度回転する首振りカメラ機能を新たに搭載。部屋全体を見渡して愛犬を見守ることができる。360度ビュー対応の自動追尾機能もあり、愛犬が部屋中を動き回っても見逃さないという。双方向での会話が可能で、離れていても愛犬に話しかけたり、おやつをあげるなどコミュニケーションをとることができる。 また、1080pフルHDカメラを搭載。4倍ズームも備え、部屋の様子や愛犬の姿を確認できるペットカメラでは最高品質となる。 微光でONになるカラー暗視モードを新搭載し、暗闇でも鮮明に愛犬の姿を確認することができるようになった。昼夜問わずに愛犬を見守ることが可能で、帰宅が遅くなるときも安心とのこと。Furbo公式オンライストアにて販売中で、価格は2万9980円(税込) 。 飼い主に代わって、留守番中の愛犬の安心と安全を守るAIドッグシッターサービス「Furboドッグシッター」も展開している(有料サブスクリプション)。愛犬の声や行動を察知してスマホに通知が来る見守り機能はもちろん、ガラス割れ通知や緊急ホーム通知も備えており、防犯対策としても活用できる。同サービスのサブスクリプション登録は月598円からで、契約プランにより変動する。 《山本真美》.アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)など、カワウソを飼育する日本動物園水族館協会(JAZA)所属の関西8園館が「世界カワウソの日」にちなみ開催する合同配信イベント「見て!聞いて!~世界カワウソの日~関西8園館からリレー配信!」に参画する。 世界カワウソの日とは、カワウソの現状や保全について広く知ってもらうことを目的とし、5 月の最終水曜日に制定された。 同イベントでは、園館毎に配信テーマを設定し、カワウソの生態や特徴、取り巻く様々な状況や環境、取り組みなどについて解説。配信を通して、可愛いだけではないカワウソの秘密を伝え、環境課題解決への貢献や、行動変容を促すきっかけになればと考えているという。 共同配信を行う動物園・水族館は、アドベンチャーワールド、伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市)、王子動物園(兵庫県神戸市)、海遊館(大阪府大阪市)、神戸どうぶつ王国(兵庫県神戸市)、鳥羽水族館(三重県鳥羽市)、ニフレル(吹田市万博公園内)、姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)の8園館。配信はリレー形式で行う。 ■「見て!聞いて!~世界カワウソの日~関西8園館からリレー配信!」タイムスケジュール 配信媒体:各園館の公式SNS(YouTubeもしくはInstagram ).同プライズは動物実験に頼らない研究開発支援や動物実験の廃止に向けた活動を推進することを目的に、ラッシュとエシカルコンシューマーが共同で2012年に設立。今回で10周年を迎え、これまで世界で活動する95の個人・団体・機関に対して総額200万ポンド以上(1ポンド150円換算で3億円以上)の賞金を授与してきた。日本、中国、ケニヤ、イラン、ウクライナ、インド、ニュージーランド、ブラジル、アメリカ合衆国、そして12のヨーロッパ諸国といった、南極大陸を除く全大陸にわたる多種多様な国々の研究者と団体を支援する、グローバル規模のプライズだ。 ラッシュおよびエシカルコンシューマーは、動物実験は非倫理的であると同時に、化学物質が人間に与える影響を予測する方法としては、正確性に欠けるという考えのもと、動物実験の廃止を実現するために必要な活動を大きく5分野に分け、研究や活動を支援し、表彰。「世論喚起部門」「サイエンス部門」「トレーニング部門」「ロビー活動部門」「若手研究者部門」における個人の受賞者および受賞団体へ、毎年最大総額25万ポンド(1ポンド150円換算で約3750万円)を授与している。 同プライズは金銭的支援にとどまらず、受賞者の研究や活動の評価や評判を高めるほか、より優れた、最適な代替法に完全移行するために誰もが協力しあう必要性を、政府や科学者、市民に対して伝える機会にもなる。世界中の個人、団体、または組織がノミネートされた最終候補者リストから、研究者、学術関係者、活動家及びラッシュのスタッフから構成される独立した審査委員会の審査により選出する。 ラッシュは、「世界中の全ての安全性試験が、動物を使用しない先進的な代替法によって行われるようになるまで、動物たちは化粧品の実験台になるという恐怖から抜け出すことはできないとし、この慣習が撤廃されてこそ化粧品業界は“美”を扱う業界だと言えるようになると考えており、その日が来るまで継続して“Be Cruelty-Free”のメッセージを広め続けていく」という。 ■「Lush Prize」概要.

続きを読む:
レスポンス »
Loading news...
Failed to load news.

自動追尾機能や次世代暗視モニターなど搭載の「Furboドッグカメラ 360°ビュー」発売…Tomofun | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」ドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」を展開するTomofunは、新製品「Furboドッグカメラ 360°ビュー」を発売した。

世界カワウソの日、関西8つの動物園・水族館がSNSで合同配信イベント…5月22日 | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は、カワウソを飼育する日本動物園水族館協会(JAZA)所属の関西8園館が「世界カワウソの日」にちなみ開催する合同配信イベント「見て!聞いて!~世界カワウソの日~関西8園館からリレー配信!」に参画する。

「Lush Prize 2022」応募受付を開始…動物実験の代替法開発・廃止に向けた活動を推進 | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」ナチュラルコスメブランドLUSHと英国のEthical Consumer Research Association(以下エシカルコンシューマー)は、動物実験の代替法開発および、動物実験廃止に向けた活動を推進する世界最大のプライズ「Lush Prize 2022」の応募を受付けている。

「えぞひぐまルーム」が1室限定で誕生、OMO7旭川…6月1日から | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」都市観光ホテル「OMO7(おもせぶん)旭川 by 星野リゾート」は、6月1日に、えぞひぐまをテーマにした新客室「えぞひぐまルーム」を1室限定でオープンする。

映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』、Blu-ray&DVDが発売…8月3日 | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』のBlu-ray&DVDが8月3日に発売されることが決まった。レンタルも同日リリースする。

犬の爪ケア用アタッチメントが発売…コードレスミニルーター「ドレメル・ライト」 | 動物のリアルを伝えるWebメディア「REANIMAL」ボッシュは、ミニルーター・ハイスピードロータリーツールのブランド「DEREMEL(ドレメル)」より、2020年発売されたコードレスミニルーター「DREMEL LITE(ドレメル・ライト)」用の「ペットグルーミングアタッチメント」を発売した。