特集:文化大革命2.0

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?...

2021/12/02 3:00:00

【好評発売中】特集:文化大革命2.0 習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに? ▼Special Report 習近平が主導する文革2.0の行方 日本から見えた革命のリアル 独裁者が中国を変えるのか ほか

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?...

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

阪神・淡路大震災から27年 地震発生時刻の午前5時46分に黙とう | NHKニュース

【NHK】阪神・淡路大震災から、きょう1月17日で27年です。地震が起きた午前5時46分、神戸市など大きな被害を受けた地域で、遺族…

これは危機を一層高める。文革では偶像化された毛沢東の下で平等主義が徹底されたが、同時に「造反有理」で既得権のある実権派と造反派で激しい闘争が起き、武力まで使われた。文革の再来は、その再来を伴う。だがウィグルやチベットには核が!?中共は当事者能力を失いつつある。国際社会の管理が重要 共通体質。パヨクの問題は、キレイ事言いで社会を歪めるだけでなく、実はアブナイ別動隊が妨害・脅し・破壊攻撃的なことである。キレイ事言いのオブラートがお粗末者を勘違いさせる、実にたちが悪いグループなのである。警察は、もう、無法を取り締まらねばならない状況に来ている。 資本主義は完全で無く、絶えず成長を求める仕組みで どれだけ規模が大きくなっても支払いが滞ればあっけなく倒産する事を思うと、中国は規模がでかい国で利益が派手に見えるが所詮砂上の楼閣で世界市場を失った時に大規模な崩壊が起きるように見えて仕方ない。 欲望の民の暴走が始まりそう

ウイグル、チベット、内モンゴル......中国による民族弾圧の原点は毛沢東にありウイグル、チベット、内モンゴル......中国による民族弾圧の原点は毛沢東にあり……文革は、集団虐殺こそ異民族を統治する上で最も有効であることを知る「成功体験」になった【特集:文化大革命2.0より】 中国共産党 習近平 日中関係 林芳正 ケザワヒガシさんを崇めてらっしゃるなら国民の悲劇が始まっているような気がする。 筆者 楊海英 そう思える。