カルチャー, 本・書評, 舞台・芸能, 夕刊総合, 吉田卓矢, 特集ワイド

カルチャー, 本・書評

特集ワイド:人生、父は悩み楽しんだ 新作10万部超、いまや売れっ子漫画家 矢部太郎さん | 毎日新聞

人生、父は悩み楽しんだ 新作10万部超、いまや売れっ子漫画家 矢部太郎さん 少年時代、父は何でもできる頼もしい大人だと思っていました。ですが、父から送られてきた絵日記には生き方への迷いが記され、「当時の父とほぼ同じ年齢になった自分と重なった」といいます。

2021/09/24 8:30:00

人生、父は悩み楽しんだ 新作10万部超、いまや売れっ子漫画家 矢部太郎さん 少年時代、父は何でもできる頼もしい大人だと思っていました。ですが、父から送られてきた絵日記には生き方への迷いが記され、「当時の父とほぼ同じ年齢になった自分と重なった」といいます。

お笑い芸人の矢部太郎さん(44)は売れっ子漫画家でもある。2017年のデビュー作「大家さんと僕」(新潮社)は発行部数82万部を超え、21年6月に出版した最新作「ぼくのお父さん」(同)も10万部を突破して大人気なのだ。新型コロナウイルス禍で在宅勤務が増え、子育てに思い悩む私には、この作品で描かれる親

「あっ、矢部太郎です。今日はよろしくお願いします」9月初旬、新潮社(東京都新宿区)の一室へ入ると、スタンバイしていた矢部さんがぺこっと頭を下げた。ぼそぼそと話す語り口はテレビで見るお笑い芸人「矢部太郎」そのままだ。質問一つ一つに立ち止まって考える姿から、いかにも誠実そうな人柄がうかがえる。「ぼくのお父さん」は、幼少期の矢部さんと、「他の家庭と違って、いつも家にいた」という絵本作家の父、やべみつのりさん(79)との日常を描いた作品。淡い色彩と丸みを帯びた優しいタッチのイラスト、クスッと笑えるエピソードで心がほっこりする。「ドラマなどで昔の思い出はよくセピア色になりますが、僕にとっては鮮やかなカラーです」。オールカラーにはそんなこだわりがある。

あすは西・東日本で雨の所多く 東京は12月の寒さに - ライブドアニュース 東京あす12月の寒さ 冬の装いで - Yahoo!ニュース TDL&TDS、11月から運営時間拡大 「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」も再開へ - ライブドアニュース

「かばさん」「あかいろくんとびだす」といった多数の絵本、紙芝居で知られるやべみつのりさんは今も現役。そして矢部さんの最新作の主役である。小さな子どもにも伝わる… 続きを読む: 毎日新聞 »

「特殊詐欺を疑って」ハローキティが防犯呼びかけ 大分 日出町 | NHKニュース

【NHK】特殊詐欺の被害を防ごうと、大分県日出町で、世界的に人気のキャラクター「ハローキティ」が警察官と一緒にチラシを配って注意を…

矢部太郎 さんのこと、 変わらず応援しています。 とまれ、この記事、なんらかの形で読めると嬉しい😌✨ 誠に申し訳ないですが、 有料記事とのことで、途中までしか読めず。読みたい記事、全部有料で読んでいたらきりがないので。 ネット記事はこのパターンが少なくなく、脱力…😥

特集ワイド:「幸せそうな女性」を憎む社会 「小田急線刺傷事件」生む構図 作家、柚木麻子さんに聞く | 毎日新聞「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思うようになった」。8月6日に小田急線の電車内で起きた刺傷事件のニュースで流れた言葉に、多くの人が衝撃を受けた。女性の主人公を生き生きと描く作品で知られる作家、柚木麻子さん(40)もその一人だ。事件を「日本社会の女性の生きづらさが集約されたよう」と評する柚木 男性に対する偏見と優越感ですかね。 僕も歩きながら携帯いじってたら、おじさんに怒鳴られましたw 僕は歩きながら電話してたら、知らないおじさんにいきなり怒られました。上司に理不尽に怒られることもあります。なにか違うのかな?

熱血!与良政談:参院選も待っている | 毎日新聞新聞やテレビは今、「今度の自民党総裁選は衆院選の顔選びだ」と再三、報じている。 「菅義偉首相の下では衆院選は戦えない」と自民党議員の間に不安が広がり、菅氏自身が再選出馬をあきらめた経緯を見れば、確かにそうだ。 ちゃんと記事にせいや😬 ちゃんと現実見てんのか 自分の望みを記事にすんなよよら そんな事しているからだれからも相手されなくなった毎日新聞

政治を考える:「官僚が誇りを失った」憲法学者が見る安倍・菅両政権9年の変質 | 毎日新聞安倍晋三、菅義偉の両政権時代には同性婚や選択的夫婦別姓、ネット上の中傷対策など生活に関する制度のあり方などが問われた。新型コロナウイルス対策として憲法に緊急事態条項の創設を求める声も出ている。一方で、両政権は憲法に基づき臨時国会の召集を野党が求めても拒否するなど「憲法軽視」の批判も相次いだ。自民党 この9年間、この憲法学者さんは何を国民のために寄与されたのでしょうか。 昔は官僚が強かった。接待攻勢とか問題が色々起きて官僚が嫌われた。そこで民主党政権は官僚の言うことは聞かない方針に。その後の自民党政権は、言うことを聞く官僚は使うという方針になった。上手く行ってた時代を知らない。 そうかなぁ〜 天下り官僚は少なくもなり、企業との癒着も激減している デメばかりではなくメリも多い まぁ〜話題も激減すればマスメディアのメリットも無くなり こう言う話題になるのもわかるが❗

羽田空港近くでサル1匹を捕獲 けが人なし 日本航空の建物内に | 毎日新聞22日午後1時ごろ、東京都大田区の羽田空港近くにある日本航空の建物内で、サル1匹が見つかり、関係者が捕獲した。警視庁東京空港署によると、けが人はいないという。 日航によると、サルは同日午前6時半ごろに建物内に入り込んだとみられる。東京都内では8月中旬以降、サルの目撃情報が相次いで寄せられていた。 サルも旅行に行きたがっていたかもね✈️🥺

フォーカス:船越英一郎 ドラマスペシャル「家栽の人」桑田義雄役 心に寄り添う種をまく | 毎日新聞ドラマスペシャル「家栽の人」桑田義雄役(テレビ朝日=29日午後8時) 昨年5月に続く第2弾のスペシャルドラマで、植物を慈しみ、人間に寄り添う家庭裁判所の判事を演じる。原作は1987~96年に連載された名作漫画。愛読する憧れの作品で、主演が決まった時は「長年の夢がかなった」と喜んだ。挑むにあたり全巻

ORICON NEWS:実写ハリウッド映画『聖闘士星矢』主演は新田真剣佑 撮影はハンガリーとクロアチア | 毎日新聞星矢以外、誰が誰をやるのかさっぱりわからない 悪い結果しか予想できない・・・。 ドラゴンボールみたいにしないでくれよ・・・。