災害公営住宅退去迫られ 転居先探し続けた83歳女性、力尽く | 毎日新聞

災害公営住宅退去迫られ 転居先探し続けた83歳女性、力尽く

社会, 速報

2022/01/23 1:20:00

災害公営住宅退去迫られ 転居先探し続けた83歳女性、力尽く

2021年8月、神戸市兵庫区の高層住宅の一室で一人暮らしの83歳の女性が亡くなった。1995年の 阪神大震災 で住んでいたマンションが半壊し、6畳一間のアパートを経て、64歳の時、市が現在の都市再生機構から借りた災害公営住宅に転居した。一生住めると思っていたが、14年後に市から「入居期限が来た」と退居

続きを読む: 毎日新聞ニュース »

大谷翔平、日米通算150号!第1打席で先頭打者弾となる今季9号 2試合連続マルチ安打で快勝 - MLB : 日刊スポーツ

「1番DH」で出場したエンゼルス大谷翔平投手(27)が、先頭打者アーチとなる9号ソロで日米通算150号に到達した。1回無死、左腕アービンと対戦。1ストライクか… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

災害住宅は一時的なもの。一生は住んではいけないものと言うのは当然です。費用が災害の予算だからね。 お金無いなら生活保護で普通の市営住宅に。審査で弾かれるなら自分で出来ると判断されてる訳だから、問題は被災の他に有ったんじゃないかと想定出来ると言うことだと思うが? 公営住宅にずっといさせて欲しかったの?持家があったなら売ったお金で身の丈にあったアパートを借りるか全部使い切ってるなら生活保護受けてそれで借りれるアパートを見つけてる人沢山いるよ。個人的な拘りが色々あって払うものも払わず退去させられたのでは。被災者だからなんでも許される訳じゃない え、どういうこと?話の内容がひどすぎて頭が追いつかない。神戸市民は身寄りのないお年寄りを追い立てるために税金を納めているわけではないと思うのだが、私の思い違いだろうか。

迫られる前に探すべきでしょう。迫られる前に何度となく退去期限の通知を受けていたはず。 もっと若い時なら借りられた可能性もある。 こんな非人道行政は許されない! これ、かわいそすぎるだろ。民間企業に定年後再雇用を義務付けたなら、腐れ大家どもにも高齢者への賃貸を義務付けろよ。

全豪テニス ダニエル太郎が元世界1位・マリーに快勝 | 毎日新聞テニスの全豪オープン第4日は20日、メルボルンで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング120位のダニエル太郎(エイブル)が元世界1位のアンディ・マリー(英国)に6―4、6―4、6―4で快勝し、四大大会初の3回戦進出を決めた。

西鉄、高速バスと路線バスの一部運賃を値上げ コロナで乗客減 | 毎日新聞西日本鉄道は20日、高速バスと路線バスの一部路線の運賃を3月に値上げすると発表した。新型コロナウイルス禍で乗客が減っているため。値上げ幅は、高速バスが平均12%、路線バスが同13.5%程度となる。

名古屋のバスで刃物 43歳を現行犯逮捕 複数乗客から110番 | 毎日新聞20日午後11時20分ごろ、名古屋市北区萩野通1のバス停に停車中の市営バスの乗客の女性から「バスの中で男が刃物を持っている」と110番があった。通報から約10分後に駆けつけた警察官が、同区中切町5の自称作業員、山田哲也容疑者(43)を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。「むしゃくしゃしたのでやりまし あちこちで出るなぁ…(*_*) 13センチ…謎は全て解けた 自民投票者たちが、 岸田晋三が、 ●モリカケ縁故巨悪命令 ●沖縄の海の壊滅 ●花見税金供応 ●甘利を幹事長にしても 選挙で、岸田晋三と自民を勝利させ、 不正と暴力を是とする 狂った政府を称賛しているんだが、 政治が狂っていれば、 世相も狂ってる。

相次ぐ臨時休校・学級閉鎖 教育現場、急拡大のコロナ対策模索 | 毎日新聞新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、各地の学校で子どもや教職員が感染し、臨時休校や学級閉鎖が相次いでいる。大阪府立高は学年・学級閉鎖をしている学校が全体の半数近くに上り、東京都内でも小中学校の学級閉鎖が出ている。本格的な受験シーズンも到来し、学習塾を含めて難しい対応を迫られている。

「いきなりハードな運動」は御法度 | 人生の筋トレ術 | 西川敦子 | 毎日新聞「医療プレミア」正月、久々に家族で集まった洋一郎さん。よく食べ、よく飲み、にぎやかなひとときを過ごした。問題はその後、長女から無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送られてきた写真だ。見れば、一族のなかで自分だけが締まりのない体つきをしている。肩のあたりは丸みをおび、腹も出ている。長女は丁寧にも新型コロナウイルス

19歳、女性最年少の単独世界一周成功 超軽量小型飛行機で | 毎日新聞ベルギーと英国との二重国籍のパイロット、ザラ・ラザフォードさんが操縦する超軽量小型飛行機が20日、ベルギー西部の空港に到着、約5カ月に及ぶ単独での世界一周に成功した。地元メディアなどによると19歳で、女性最年少の単独世界一周飛行の快挙となった。

するよう訴えられた。裁判の一方、不自由な足で探した転居先は30軒以上。「もうあかんわ」と弱音も吐いていた。支援者から「Nさん」と呼ばれた女性の被災後の人生を追った。 この記事は有料記事です。