澤田町議立候補へ 太田氏見送り/鶴田町長選|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥

2022/04/09 6:41:00

澤田町議立候補へ 太田氏見送り/鶴田町長選

澤田町議立候補へ 太田氏見送り/鶴田町長選

任期満了に伴う鶴田町長選(8月2日告示、同7日投開票)で、鶴田町議の澤田武彦氏(68)が8日、東奥日報の取材に対し立候補する意向を明らかにした。澤田氏は現町政について、旧小学校跡地活用を巡り民間事業者と契約問題に陥っている点を挙げ「町に大きな混乱を招いている」と指摘。「住民や議会との対話を重視し、町づくりを進めていく」と話した。近く記者会見を開き、正式に出馬を表明する予定。澤田氏は同町出身。拓殖大学卒。町役場職員や町商工会事務局長を務め、2020年の町議選で初当選し、現在1期目。一方、昨年12…

ウェブ東奥の著作権は東奥日報社および情報提供者に帰属します。東奥日報・ウェブ東奥の記事・画像等を無断で転載、または私的範囲を超えて利用することはできません。またウェブ東奥では、機種依存文字や常用外の漢字などを、平易な文字または仮名などで代用する場合があります。 東奥日報社 〒030-0180 青森市第二問屋町3丁目1番89号 TEL 017-739-1500 (読者相談室) Copyright© The To-o Nippo Press Co.◆十和田▼市観光・レクリエーション施設 現代美術館、奥入瀬渓流館、石ケ戸売店、十和田湖観光交流センター、馬事公苑・駒っこランドなどを11日(月曜定休の場合は翌日)から再開。現代美術館「インター+プレイ」展第3期は12日から開催する。(十和田市) ◆鶴田▼町有施設 11日以降、感染防止対策を講じた上で町公民館、国際交流会館、体育センター、武徳館を再開。富士見湖パーク、鶴寿公園は開放する一方、園内の遊具は使用を禁止する。(鶴田町) Google News Showcaseからアクセスされた方へ会員情報変更のお願い.ウェブ東奥の著作権は東奥日報社および情報提供者に帰属します。東奥日報・ウェブ東奥の記事・画像等を無断で転載、または私的範囲を超えて利用することはできません。またウェブ東奥では、機種依存文字や常用外の漢字などを、平易な文字または仮名などで代用する場合があります。 東奥日報社 〒030-0180 青森市第二問屋町3丁目1番89号 TEL 017-739-1500 (読者相談室) Copyright© The To-o Nippo Press Co.ウェブ東奥の著作権は東奥日報社および情報提供者に帰属します。東奥日報・ウェブ東奥の記事・画像等を無断で転載、または私的範囲を超えて利用することはできません。またウェブ東奥では、機種依存文字や常用外の漢字などを、平易な文字または仮名などで代用する場合があります。 東奥日報社 〒030-0180 青森市第二問屋町3丁目1番89号 TEL 017-739-1500 (読者相談室) Copyright© The To-o Nippo Press Co.

,Ltd..

続きを読む:
東奥日報(青森) »
Loading news...
Failed to load news.

青森県内新型コロナ 中止・休館情報(7日付紙面掲載分)|観光・イベント,行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥◆板柳▼いたやなぎ桜まつり 29日に板柳町の岩木川河川公園で予定していた。(板柳町商工会)【再開】◆十和田▼市観光・レクリエーション施設 現代美術館、奥入瀬渓流館、石ケ戸売店、十和田湖観光交流センター、馬事公苑・駒っこランドなどを11日(月曜定休の場合は翌日)から再開。現代美術館「インター+プレイ」展第3期は12日から開催する。(十和田市)◆鶴田▼町有施設 11日以降、感染防止対策を講じた上で町公民館、国際交流会館、体育センター、武徳館を再開。富士見湖パーク、鶴寿公園は開放する一方、園内の遊具…

三沢市、ウクライナ避難民受け入れ方針|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥青森県三沢市は7日、ロシアの侵攻を受けたウクライナからの避難民を受け入れることを決めた。住宅の提供や就労先の紹介といったさまざまな支援策を検討し、月内にも国に正式な意向を伝える。市役所で同日開かれた会議で決まった。米軍三沢基地の隊員を含めて約8千人の外国人が住んでおり、市民の間にも抵抗感がなく、受け入れの土壌があることが理由。現時点で想定される支援策は▽相談窓口の設置▽住宅の提供▽衣類や食事など生活物資の援助▽仕事の紹介-などで、関係する部署が今後、実現可能な支援の内容を取りまとめる。県は県内…

リンゴの新品種「虹明け」 板柳町で誕生|食,農林水産,行政・政治・選挙,経済・産業・雇用|青森ニュース|Web東奥板柳町りんご新品種育成研究会の櫻庭保夫会長(88)が育成したリンゴ新品種「虹明け」が、7日までに農林水産省に品種登録された。大玉で甘みが強く、無袋でも保存性に優れているのが特徴。櫻庭会長は「多くの人に食べてもらい、生産する農家が増えてくれれば」としている。同日、櫻庭会長らが町役場を訪れ、成田誠町長に報告した。虹明けは「大紅栄」と「ふじ」を交配し誕生。櫻庭会長が育成し、2018年に品種登録された「明秋(めいしゅう)」と同じ交配で、“きょうだい”となる。“両親”が同じでも、それぞれに個性があり、虹… ……甘いのか、、、。 酸味の強いリンゴの方が好きだわ

横浜町で鳥インフル疑い|行政・政治・選挙,農林水産|青森ニュース|Web東奥青森県横浜町内の養鶏施設で、鳥インフルエンザの感染が疑われる事例が発生したとして、県が簡易検査を行っていることが7日、関係者への取材で分かった。むつ家畜保健衛生所など関係機関が情報収集に当たっている。県内では、昨年12月に三戸町内の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生している。

弘前市長選、次のリーダーへ注文|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥10日投開票の弘前市長選は7日、最終盤に向けて候補者の街頭での訴えがいっそう熱を帯びてきた。「もっと街に活気を」「若者が暮らしやすい街に」。市民たちは新型コロナウイルス対応や除排雪の体制、経済対策など、日々の生活の中で抱える不満や困難の解決を次のリーダーに注文した。選挙カーが行き交う同市相馬地区で、リンゴ農家成田文也さん(37)は作業の手を止めずに候補者の声を聞いていた。「手間暇かけてもリンゴの値段は上がらねし、生活はぎりぎり」。冬場は作業ができず収入が減る。市の委託を受けて地区の除雪作業を行… 「問題点を改善します!」というのは当然なんですけど、重要なのは「具体的にどうするか」なんですけど...

パートナーシップ制度認定第1号|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥性的少数者(LGBTQなど)のカップル関係を公的に証明する青森県の「パートナーシップ宣誓制度」について、3月末までに1組が申請・受理されていたことが、7日までに県への取材で分かった。県は2月7日から同制度の運用を開始しており、今回が初めての認定となる。同制度は、成人であり、カップルのうち1人が県内居住者または県内に転入を予定していることが利用の条件。宣誓書や住民票など書類を用意し、県青少年・男女共同参画課に事前予約した上で県庁内の個室で宣誓できる。受領証は即日交付される。制度利用で法的な効力は…