消費に弱さ、回復は緩やか 本社景気討論会

消費に弱さ、回復は緩やか 本社景気討論会

2021/10/20 13:17:00

消費に弱さ、回復は緩やか 本社景気討論会

日本経済新聞社と日本経済研究センターは20日、都内で景気討論会を開き、新型コロナウイルスの影響が続く日本と世界経済について議論した。国内の個人消費は回復が遅れ、正常化へ不安感の解消が必須だとの指摘が相次いだ。米国経済は好調が続くとの見方の一方、中国の不動産債務問題などに懸念が出た。――国内経済の回復をどうみるか。助野氏 2020年度の可処分所得は特別定額給付

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

寒さ苦手なカピバラに温かい「ゆず湯」をプレゼント 石川 能美 | NHKニュース

【NHK】本格的な冬の訪れを前に石川県能美市の動物園では、寒さが苦手なカピバラにあたたかい「ゆず湯」がプレゼントされました。

不安感を散々煽ってきたのは誰なのか 共産党を含め上層部(幹部)は悪党の一味です。 悪党の給与を決めよ! 最高給与 最低給与は自動的に決まる。 最高給与を決めよ! 最高給与は時給5000円 最低給与は時給1500円 年間労働時間は2000時間 生涯労働年は50年 最高生涯給与=5億円 最低生涯給与=1.5億円 未曾有の好景気ですからね。 1億総資産家で、働かなくても生きていける。

米回復力強く、中国不動産債務にリスク 本社景気討論会日本経済新聞社と日本経済研究センターは20日、都内で景気討論会を開き、新型コロナウイルスの影響が続く日本と世界経済について議論した。米国は新型コロナからの回復力は強く、世界経済をけん引するとの指摘が相次いだ。中国も成長は続くものの、恒大問題をはじめ習近平国家主席の格差是正に向けた政策が経済にどう影響するか懸念が出た。富士フイルムホールディングスの助野健児会長は米経済について「底堅く、世界経済