海上保安庁、巡視船搭載ベル412EP更新 SUBARU BELL 412EPX導入へ | FlyTeam ニュース

2022/06/22 3:58:00

海上保安庁、巡視船搭載ベル412EP更新 SUBARU BELL 412EPX導入へ

海上保安庁, Ja6756

海上保安庁 、巡視船搭載ベル412EP更新 SUBARU BELL 412EPX導入へ

SUBARUは2022年6月21日(火)、 海上保安庁 からSUBARU BELL 412EPXを1機、受注したと発表しました。海保は現在、巡視船搭載機としてベル412EPを4機保有しており、この更新機を...

海保は現在保有するベル412EPとの共通性、すでに保有する設備の有効活用、スムーズな導入と新機材への移行が可能なことから、更新を決めています。SUBARU BELL 412EPXは、ベル412EPIをベースにした改良型で、多用途性を維持しながら、エンジンの出力をメインローターブレードに伝達する変速機構を強化し、メイン・ローター・ギアボックス内の潤滑油が抜けた状態で30分間の飛行が可能なドライラン能力の向上が図られた機種です。海保はこうした性能を活用し、積載可能な重量の増加など改良による輸送能力と運航効率の向上に取り組みます。

海保の令和4(2022)年度予算で、中型ヘリコプターで令和5(2023)年度にかけて予算を確保し、4機を導入する計画です。今回の発注機材は2025年の納入のため、今後の海保の予算計画にも注目されます。SUBARU BELL 412EPXは、SUBARUとベル・ヘリコプターが2018年7月に型式証明を取得した機種です。国内では同型機を警察庁へ納入したほか、国土交通省地方整備局から受注しています。このほか、陸上自衛隊のUH-1の機種更新でUH-2多用途ヘリコプターとして量産体制に入っています。

続きを読む:
FlyTeam ニュース »

【総集編】人生に欠かせないファッションアイテム KREVA/LEX/ちゃんみな/EXILE ATSUSHI/笠松将/MIYACHI/OZworld | 10 Essentials | GQ JAPAN

2022年に10Essentials(#10エッセンシャルズ)に登場した7人のゲストの人生に欠かせないファッションアイテムを紹介!ヒール、革ジャン、キャップなどそれぞれの個性が光るアイテムをチェック!チャンネル登録はこちら►► http://bit.ly/GQJAPANYouTubeGQ JAPAN:https:... 続きを読む >>

スバル、海上保安庁からヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を受注 2025年納入予定 スバル は6月21日、米国ベル・ヘリコプター・テキストロンと共同開発を行なった412シリーズのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を 海上保安庁 から受注したと発表した。

中部地方整備局、ベル412EPをSUBARU BELL 412EPXに更新へ | FlyTeam ニュースSUBARUは2022年6月17日(金)、国土交通省中部地方整備局からSUBARU BELL 412EPXを1機、受注したと発表しました。中部地方整備局は、2002年3月に導入したベル412EP型(機...

スバル、海上保安庁からヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を受注 2025年納入予定 スバル は6月21日、米国ベル・ヘリコプター・テキストロンと共同開発を行なった412シリーズのヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を 海上保安庁 から受注したと発表した。

中部地方整備局、ベル412EPをSUBARU BELL 412EPXに更新へ | FlyTeam ニュースSUBARUは2022年6月17日(金)、国土交通省中部地方整備局からSUBARU BELL 412EPXを1機、受注したと発表しました。中部地方整備局は、2002年3月に導入したベル412EP型(機...

「ワノ国」の珍しい鶴に乗るチャーター便!JALと「ONE PIECE」コラボで | FlyTeam ニュース日本航空(JAL)は2022年7月30日(土)と7月31日(日)の2日間、人気マンガ「ONE PIECE」とコラボレーションした成田発着の周遊チャーター便「ワノ国フライト〜伝説の大鶴と空の冒険〜」を運...

タイ国際航空、7月から羽田・成田/バンコク線で1日3往復 海外旅行の増加期待 | FlyTeam ニュースタイ国際航空は2022年7月から、羽田/バンコク線を再開し、成田/バンコク線を1日2往復のダブルデイリーに増便します。これにより、タイ国際航空による首都圏とバンコク間は1日3往復で、午前、昼、夕方と出...

SUBARUは2022年6月21日(火)、海上保安庁からSUBARU BELL 412EPXを1機、受注したと発表しました。海保は現在、巡視船搭載機としてベル412EPを4機保有しており、この更新機を選定したとみられます。SUBARUは2025年に納入すると公表しています。SUBARU BELL 412EPXは海上での治安確保、海難救助、海上災害対策などの任務、被災地への物資輸送などにも使用される予定です。 海保は現在保有するベル412EPとの共通性、すでに保有する設備の有効活用、スムーズな導入と新機材への移行が可能なことから、更新を決めています。SUBARU BELL 412EPXは、ベル412EPIをベースにした改良型で、多用途性を維持しながら、エンジンの出力をメインローターブレードに伝達する変速機構を強化し、メイン・ローター・ギアボックス内の潤滑油が抜けた状態で30分間の飛行が可能なドライラン能力の向上が図られた機種です。海保はこうした性能を活用し、積載可能な重量の増加など改良による輸送能力と運航効率の向上に取り組みます。 海保の令和4(2022)年度予算で、中型ヘリコプターで令和5(2023)年度にかけて予算を確保し、4機を導入する計画です。今回の発注機材は2025年の納入のため、今後の海保の予算計画にも注目されます。 SUBARU BELL 412EPXは、SUBARUとベル・ヘリコプターが2018年7月に型式証明を取得した機種です。国内では同型機を警察庁へ納入したほか、国土交通省地方整備局から受注しています。このほか、陸上自衛隊のUH-1の機種更新でUH-2多用途ヘリコプターとして量産体制に入っています。 ■海保のベル412EP .SUBARU BELL 412EPXは、海上保安庁が現在所有するBELL 412EPと共通性があることから、既存リソースの活用などにより、スムーズな導入・移行を可能としているとのこと。加えて、出力向上により運用範囲が拡大したことや、積載可能重量の増加等の性能改良によって、さらなる輸送能力と運航効率の向上を提供するとしている。 この機体は、海上における治安の確保、海難救助、海上災害対策などに従事し、被災地への物資輸送なども行なう見込みで、2025年に納入を予定している。 関連リンク.SUBARUは2022年6月17日(金)、国土交通省中部地方整備局からSUBARU BELL 412EPXを1機、受注したと発表しました。中部地方整備局は、2002年3月に導入したベル412EP型(機体記号:JA6817)の愛称「まんなか」を運航しており、この更新機です。「まんなか」と共通性があり、すでに保有する設備の有効活用、スムーズな導入と新機材への移行が可能なことから、導入が決まりました。 中部地方整備局では、現行機との共通性に加え、風水害・地震等の災害発生時における情報収集やTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)の活動、平常時の各種調査での活用時に、新機種は出力向上による運用範囲の拡大、積載可能重量の増加などを受けた輸送能力と運航効率の向上に期待しています。 SUBARU BELL 412EPXは、SUBARUとベル・ヘリコプターが2018年7月に型式証明を取得した機種です。これまでのベル412の多用途性を維持しながら、エンジンの出力をメインローターブレードに伝達する変速機構を強化し、メイン・ローター・ギアボックス内の潤滑油が抜けた状態で30分間の飛行が可能なドライラン能力の向上が図られています。「412EPX」はすでに岩手県警察が使用する機材として導入されているほか、陸上自衛隊向けUH-1Jの後継機UH-2多用途ヘリコプターとして量産がはじまっています。 地方整備局でベル412EP型を使用しているのは、中部地方整備局以外に、北海道開発局(JA6881)の「ほっかい」、北陸地方整備局(JA6819)の「ほくりく」、中国地方整備局(JA6820)の「愛らんど」があります。今後、2005年に導入された「ほくりく」、2006年に導入された「愛らんど」の更新も予想されます。「ほっかい」は2019年にベル412EPI型で導入されています。 もっとくわしく見る.SUBARU BELL 412EPXは、海上保安庁が現在所有するBELL 412EPと共通性があることから、既存リソースの活用などにより、スムーズな導入・移行を可能としているとのこと。加えて、出力向上により運用範囲が拡大したことや、積載可能重量の増加等の性能改良によって、さらなる輸送能力と運航効率の向上を提供するとしている。 この機体は、海上における治安の確保、海難救助、海上災害対策などに従事し、被災地への物資輸送なども行なう見込みで、2025年に納入を予定している。 関連リンク.