法人税率引き下げ競争とは 80年代、米英が主導

法人税率引き下げ競争とは 80年代、米英が主導

2021/11/28 1:55:00

法人税率引き下げ競争とは 80年代、米英が主導

▼法人税率引き下げ競争 法人税率の引き下げ競争が本格化したのは1980年代からだ。グローバル経済の伸展で多くの多国籍企業が台頭した。こうした企業が事業拠点を選定する際に、消費市場としての魅力に加えて税負担の水準も考慮するようになった。「小さな政府」や市場メカニズムを重視する新自由主義の考え方も競争を後押しした。米レーガン政権や英サッチャー政権は80年代、先進国の税率引き下げを主

ひとたび誘致に成功しても、低い税負担を求める企業は移ろいやすい。法人税収の穴を埋めるために、所得税や日本の消費税に当たる付加価値税を引き上げると経済活動にゆがみが生じかねない。法人税引き下げ競争の弊害としてかねて指摘されてきた。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

セルティック、旗手怜央の加入後初ゴールなどで上位対決制す!リーグ戦3連勝に

【欧州・海外サッカー ニュース】ハーツとセルティックが対戦。 続きを読む >>

法人税は19%、地方税5%くらいに誘導して、合計24%くらいがちょうど良いんやけどな まだ高すぎて、引き下げたらより日本に利益寄せる企業が増えるよ アベノミクスでは不十分だよ!! 所得税と消費税は?法人税下げると税金払わないGAFAが生まれるのか?