法人税率の「山」戻せるか 10年で170兆円逸失

法人税率の「山」戻せるか 10年で170兆円逸失

2021/11/27 20:13:00

法人税率の「山」戻せるか 10年で170兆円逸失

国際的な法人税率引き下げ競争が転換点を迎えている。約140カ国・地域が最低税率を15%にする合意を結んだことで、ゼロへと近づいていた税率分布の「山の頂」を押し戻せるとの期待が広がる。日米欧などが過去10年間で失った可能性がある税金の規模は170兆円。こうした逸失を防ぐ取り組みが始まるが、IT(情報技術)大手を抱える米国では不協和音も出始めた。「有害な『底辺への競争』に終止符を打つ国際課税ルール

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

牧場で暮らす女性による“未知との遭遇”が描かれた謎解き脱出アドベンチャー『少女と宇宙の物語』日本語版が2月中旬にリリース決定。海外で多数のノミネート/受賞実績あり | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

パブリッシャー(配信元)のグラビティゲームアライズは、iOSおよびAndroid向け謎解き脱出アドベンチャーゲーム『少女と宇宙の物語 Milkmaid of the Milky way』を2月中旬に配信すると発表した。

法人税の逸失というが、どこを起点とするかで見方は変わる。法人税が本格導入された20世紀初を起点とすれば、今もまだ高い。なぜ80年代があるべき姿なのか? 税の形は時代ともに変わって来た。主要財源だった関税や造幣税(益)は今や脇役。法人税も役割を終えているのではないか?懐古趣味ではないか?