沖縄戦遺骨が北海道遺族へ DNAで判明、6例目

沖縄県糸満市で見つかった戦没者の遺骨の身元が、DNA型鑑定の結果、北海道安平村(現安平町)出身の男性と判明し、道内の遺族に返還された。厚生労働省によると、沖縄戦…

2021/04/22 10:53:00

沖縄戦遺骨が北海道遺族へ DNAで判明、6例目 沖縄県糸満市で見つかった戦没者の遺骨の身元が、DNA型鑑定の結果、北海道安平村(現安平町)出身の男性と判明し、道内の遺族に返還された。 厚生労働省によると、沖縄戦没者の身元が同鑑定で判明したのは6例目。

沖縄県糸満市で見つかった戦没者の遺骨の身元が、DNA型鑑定の結果、北海道安平村(現安平町)出身の男性と判明し、道内の遺族に返還された。厚生労働省によると、沖縄戦…

沖縄戦の遺骨や遺留品収集に取り組む青森県の団体「みらいを紡ぐボランティア」が平成31年3月、糸満市のガマ(洞窟)から遺骨を発掘。身元特定につながる遺留品はなく、団体が協力し、ガマ周辺で亡くなったとされる北海道や秋田、長野両県の計8遺族が厚労省にDNA型鑑定を申請していた。身元が判明したのは、沖縄を守っていた第24師団歩兵第32連隊第1大隊所属の金岩外吉(かないわ・そときち)さん。元大隊長が残した記録などから、21歳だった昭和20年6月17日に戦死したとみられる。団体によると、金岩さんのおい(72)らは今月14日、遺骨を受け取り「奇跡のようだ。両親や兄弟が眠る墓へ一緒に入れて、供養したい」と涙を流して喜んだという。

用途不明なマッチョ音声のフリー素材配信開始 「腹筋6LDKかい!」「肩メロン収穫祭だ!」 - ライブドアニュース 映画『鬼滅の刃』興収400億円目前 399億円突破で大台まで残り1億円切る - ライブドアニュース ルーマニア「ドラキュラ城」として知られる城でワクチン接種 - ライブドアニュース 続きを読む: 産経ニュース »

「次は何が起きるのか」 コロナ禍の五輪代表、心の健康に影響 - BBCニュース

新型コロナウイルスの流行で延期となった2020年東京五輪の開幕が2カ月後に迫っている。このパンデミックの中、五輪代表選手たちはどのように過ごし、1年の遅れに対応してきたのか。