沖縄戦から77年「慰霊の日」 追悼式に3年ぶり首相参列

2022/06/23 14:37:00

沖縄戦から77年「慰霊の日」 追悼式に3年ぶり首相参列 #FNNプライムオンライン

沖縄戦から77年「慰霊の日」 追悼式に3年ぶり首相参列 FNNプライムオンライン

沖縄は、住民を巻き込み20万人余りが犠牲となった沖縄戦から77年となる「慰霊の日」を迎えた。追悼式には、岸田首相が首相として3年ぶりに出席した。岸田首相「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。世界の誰もが平和で心豊かに暮らせる世の中を実現するため、不断の努力を重ねていく」また、岸田首相は、本土復帰から50年を迎えたことについて「困難を乗り越えながら着実に発展してきたが、県民所得の向上・子どもの貧困の解消などの課題は、今なお残されている」として、沖縄振興に取り組む姿勢を強調した。一方、アメリカ軍基地に…

また、岸田首相は、本土復帰から50年を迎えたことについて「困難を乗り越えながら着実に発展してきたが、県民所得の向上・子どもの貧困の解消などの課題は、今なお残されている」として、沖縄振興に取り組む姿勢を強調した。 一方、アメリカ軍基地については、「整理・統合・縮小を進め、負担軽減の目にみえる成果を1つ1つ着実に積み上げていく」と述べた。 首相の追悼式出席は、新型コロナの影響で見送りが続き、今回が3年ぶり。.沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。平和への誓いを新たにするとともに、沖縄が歩んできた歴史と今に向き合う日でもあります。 続きを読む 6月23日は、旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる日で、沖縄県が「慰霊の日」と定め、糸満市摩文仁の平和祈念公園では正午前から戦没者追悼式が行われます。 沖縄戦から77年がたち、体験者は年々少なくなっていて、おととし10月時点では県民の中で戦後生まれが占める割合はおよそ9割となっています。 また、平和学習の場として活用されてきた自然洞窟・ガマも劣化が進み、閉鎖されるケースも出ていて、戦争の記憶の継承が課題となっています。 ことしは、沖縄が本土に復帰して50年となる節目の年でもあります。.小学2年生・徳元穂菜さん「戦争がこわいから、平和をつかみたい。ずっとポケットにいれてもっておく。絶対落とさないように」 ロシアによる武力侵攻を受けるウクライナの惨状を、沖縄戦の記憶と重ねて心を痛める人も少なくなく、沖縄はきょう1日、平和への祈りに包まれた。 一方、岸田首相はあいさつで、本土復帰から50年間で「困難を乗り越え着実に発展してきたが、県民所得の向上、子どもの貧困の解消などの課題は、今なお残されている」として、沖縄振興に取り組む姿勢を強調した。 また、アメリカ軍の基地について、「統合・縮小を進める」と強調した。 岸田首相「基地負担軽減の目に見える成果を1つ1つ着実に積み上げていく」.この中で「ことしは本土復帰から50年。今も国土面積のおよそ0.

続きを読む:
FNNプライムオンライン »
Loading news...
Failed to load news.

沖縄 沖縄戦から77年「慰霊の日」 平和への誓いを新たに | NHK【NHK】沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。平和への誓いを新たにするとともに、沖縄が歩んで… 知らんやん!琉球民族なんか! まだ、沖縄戦とかいってんの?それ言うと儲かるの?利権?圧力? 好きだねえ。 デニーは負けるよ。 沖縄は2度目の復帰になるのかな。 極左も全員検挙しろよ。 身内意識で取締も出来ないような警察は要らない。 東京都に編入して、東京都那覇区、南部地区、中部地区、北部地区に分割すれば良い。 ウクライナは戦時中の日本と同じです。早く無条件降伏していれば、多くの犠牲を回避できました。

沖縄戦から77年「慰霊の日」 ウクライナで戦火 平和へ祈り太平洋戦争末期の沖縄戦から77年となる「慰霊の日」を迎え、戦没者の追悼式が行われた。追悼式では、玉城知事が沖縄戦から連なる基地負担の軽減を訴えたほか、小学2年生の女の子が美術館で沖縄戦の絵を見て感じたことを朗読した。小学2年生・徳元穂菜さん「戦争がこわいから、平和をつかみたい。ずっとポケットにいれてもっておく。絶対落とさないように」ロシアによる武力侵攻を受けるウクライナの惨状を、沖縄戦の記憶と重ねて心を痛める人も少なくなく、沖縄はきょう1日、平和への祈りに包まれた。一方、岸田首相はあいさつで、… 何時の段階なら、沖縄県民を与論島から北側に避難させられたんだろう。 ニューギニアの戦い。 マリアナ沖海戦。 サイパン陥落。 フィリピンの戦い。 台北空爆。 ニューギニアの戦いで敗北した時には沖縄戦を想定し、足手まといに成る一般市民を南部に移動させ。更に島外避難を開始すべきだったな。

沖縄戦から77年「慰霊の日」 県主催の戦没者追悼式開かれる | NHK太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えたきょう、最後の激戦地となった沖縄本島南部の糸満市では、正午前から沖縄県主催の戦没者追悼式が開かれました。 nhk_video 忘れていけない日でひですね、自分も59歳本や報道はなど二度とおこしてはいけないこと、ら 沖縄の人の基地負担が減ればいいな 「世界戦争」阻止が、沖縄戦の戦没者の方々への弔いと成り得ます。 推察です。古代から戦争目的には、「天然資源獲得」が存在。 支配層の手法例。 「天然資源埋蔵地域達」を、互いに戦わせる。 「第三次世界大戦」の際には、「海洋資源」に囲まれている日本は、要警戒です。アジアの国々もです。

【ライブ配信】慰霊の日 沖縄全戦没者追悼式【6月23日午前11時50分】 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス慰霊の日である6月23日(木)午前11時50分から、沖縄全戦没者追悼式が糸満市摩文仁の平和祈念公園で開催されます。沖縄タイムスは式典の模様をライブ配信します。

【速報】沖縄「慰霊の日」20万人悼む 早朝の平和祈念公園沖縄県は23日、大戦末期の沖縄戦で命を落とした20万人超を悼む「慰霊の日」を迎えた。旧日本軍が組織的戦闘を終えた日とされ、今年で77年。最後の激戦地だった糸満市摩文仁の平和祈念公園で、玉城デニー知事らが出席し恒久平和を誓う沖縄全戦没者追悼式が開かれる。