沖縄慰霊の日 沖縄戦から77年 戦後生まれ9割 記憶の継承が課題 | NHK

2022/06/23 4:46:00

【NHK】沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園では朝…

Nhk_ Video

沖縄はきょう、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。 最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園では、朝早くから遺族などが平和への祈りをささげています。 nhk_video

【NHK】沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園では朝…

23日は平和への誓いを新たにするとともに、沖縄が抱える重い基地の負担の現状に改めて向き合う日でもあります。沖縄戦で姉とおじを亡くした、ことし88歳になる那覇市の平川正三さんは、2人の名前が刻まれた「平和の礎」の前で手を合わせていました。平川さんは、「姉は自分の面倒をよく見てくれる、世話好きな人でした。私は沖縄本島北部のやんばるに避難しましたが、看護に動員された姉がどこで亡くなったのかは今も分かっていません。戦争は二度と起こしてはいけないと思います」と話していました。太平洋戦争中に疎開するため、沖縄から九州に向かう途中、アメリカ軍に撃沈され800人近くの子どもが亡くなった「対馬丸」で兄2人を失い、自身も沖縄で戦争を経験した南城市の83歳の男性は「那覇市から、沖縄本島北部に避難しましたが艦砲射撃で人が死んでいくのを見ました。戦争は人殺しです。ロシアのウクライナ侵攻は沖縄戦の経験者として、胸が痛くなって何とも言えないです」と話していました。

沖縄県糸満市にある「魂魄の塔」では、朝から遺族などが訪れ、祈りをささげています。沖縄市から訪れた仲村光子(77)さんは、沖縄戦で、当時27歳の陸軍兵士だった父親の知念牛さんを亡くしましたが、遺骨は見つからなかったということです。仲村さんは「父には『平和で暮らしているので見守ってほしい』と語りかけました。ウクライナの戦争で子どもが殺された話を聞くとつらいです。この世から戦争がなくなってほしいです」と話していました。父亡くした女性「私のような思いをする人を出さない世の中に」「私が生まれる直前に亡くなっているので、父の手触り感はないが、私のような思いをする人を出さないような世の中になってほしいと願い、毎年、来ている。アメリカ軍基地のない平和な沖縄になってほしい」

続きを読む:
NHKニュース »

小澤さんのスペイン旅行記 その2

00:00 オープニング01:17 ヴィニシウスへの人種差別問題06:10 写真と動画で見る小澤さんのスペイン旅行49:41 スペイン旅行を振り返って・出演倉敷保雄https://twitter.com/Craque_M78小澤一郎https://twitter.com/ichiroozawa--🙏チャンネル登... 続きを読む >>

巧言令色少なし仁の挨拶を霊の前でよく言えたな⁉️小学生の挨拶は天使の様だった❣️ 心静かに御霊へ祈りを捧げるだけで良いのに「戦争は人殺し」とかなにそれ 一々煽るよね sato22302 🙏 日米両政府の代表は参加すべき。 無論、ロシア政府の関係者は絶対に 参加させてはならない。 絶対にボタンを掛け違いなさんなよ! 1Åも付け込ませてはならない。 >「戦争は人殺しです」(83歳男性) まさしく、日本が再び戦場にならないように。他国から侵略されないように。 どのようにすればいいか考える日ですね。 もうすぐ選挙。 方法論は違えど、すべての党は平和を願っている(はず) 米国も日本に経済封鎖して石油とめたり戦争反撃する理由がなんですか? 日本なんて国力なかっただろ。

琉球王朝復興 『こわいをしって、へいわがわかった』 🔵琉球新報 犠牲? 沖縄戦が終わった日ですね。 もっと多くの日本の陸兵・艦船を沖縄に送り込めたら良かったのだが。 戦力不足がいかに悲惨なことになるかという実例ですね。 アメリカへの怨みを忘れずにな このあと原爆投下で民間人虐殺だからな

沖縄慰霊の日 残る不発弾1900トン、今も続く「戦後」沖縄県は23日、77回目の慰霊の日を迎えた。一般市民を含め20万人を超える死者が出た沖縄戦の組織的戦闘が終わったとされる日で、地上戦の傷痕は県内各地に残る。見つかる不発弾は全国でも突出して多く、約2700人の遺骨がまだ地中に眠ったままだ。不発弾処理にはあと80年近くかかるとの試算もある。いまだに終わりの見えない「戦後」が続いている。太平洋戦争末期、沖縄には米軍による空襲や艦砲射撃などで約20万 爆弾処理とか、ロボットでできないのかな。コストとかの問題か。 沖縄戦から77年の慰霊の日、平和の誓いを新たに 77年経っても、1900トン残り、あと80年かけて処理する。 数字だけ見ても、戦争ってとんでもないことだとわかる。 今のウクライナも、こんな感じのかと思うと胸が痛む。

沖縄 の本土復帰50年を ちむどんどん とかいうク●ドラマ放送で祝う nhk 。www ちむどんどん反省会 ちむどんどんしない 昭和20年の沖縄戦では、住民を巻き込んだ激しい地上戦の末、20万人以上が亡くなり、県民の4人に1人が命を落としました。 米軍基地が沖縄にあることに違和感を持つ人がいるのは当然だと思う。 人間の記憶とは時間とともに変わっていくものであると生物学者が言っていた。 靖国神社にもお参りに来なさい。 アメリカへの怨みは語り継がないの? 悲しみの祈りなのだよ…

沖縄 沖縄戦から77年「慰霊の日」 平和への誓いを新たに | NHK【NHK】沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。平和への誓いを新たにするとともに、沖縄が歩んで… 知らんやん!琉球民族なんか! まだ、沖縄戦とかいってんの?それ言うと儲かるの?利権?圧力? 好きだねえ。 デニーは負けるよ。 沖縄は2度目の復帰になるのかな。 極左も全員検挙しろよ。 身内意識で取締も出来ないような警察は要らない。 東京都に編入して、東京都那覇区、南部地区、中部地区、北部地区に分割すれば良い。 ウクライナは戦時中の日本と同じです。早く無条件降伏していれば、多くの犠牲を回避できました。

沖縄慰霊の日 残る不発弾1900トン、今も続く「戦後」沖縄県は23日、77回目の慰霊の日を迎えた。一般市民を含め20万人を超える死者が出た沖縄戦の組織的戦闘が終わったとされる日で、地上戦の傷痕は県内各地に残る。見つかる不発弾は全国でも突出して多く、約2700人の遺骨がまだ地中に眠ったままだ。不発弾処理にはあと80年近くかかるとの試算もある。いまだに終わりの見えない「戦後」が続いている。太平洋戦争末期、沖縄には米軍による空襲や艦砲射撃などで約20万 爆弾処理とか、ロボットでできないのかな。コストとかの問題か。 沖縄戦から77年の慰霊の日、平和の誓いを新たに 77年経っても、1900トン残り、あと80年かけて処理する。 数字だけ見ても、戦争ってとんでもないことだとわかる。 今のウクライナも、こんな感じのかと思うと胸が痛む。

「慰霊の日」祖父に聞いた沖縄戦◆記憶受け継ぐ【news深掘り】:時事ドットコム沖縄県出身の私は、沖縄復帰50年の節目となる2022年に時事通信に入社し、復帰関係の取材に携わった。「もっと戦争体験を記録しなければ」。20万人以上の犠牲が出た沖縄戦の組織的戦闘が終結したとされる「沖縄慰霊の日」(6月23日)を前に、そんな思いが強くなり、「記者」として祖父から話を聞いた。88歳の祖父は「(沖縄戦)前からがいいか?」と切り出し、70年以上前の記憶をゆっくりと語り始めた。(時事通信社会部 饒平名咲衣=よへな・さえ) 🙏 「慰霊の日」祖父に聞いた沖縄戦◆記憶受け継ぐ 当時、祖父の父は大阪で働いており、那覇市で5人の子どもを育てていた母は、小学5年生だった祖父を学童疎開船「対馬丸」に乗せることにした。8月21日。祖父自身も乗船する気だったが… 続きは⇒ 沖縄出身の記者 は 日本の漁船 が 中国船のために出漁できない現状 をどう思ってるんだ? まさか腹の中で(・∀・)ニヤニヤしてないだろうな?

【ライブ配信】沖縄全戦没者追悼式琉球新報社は慰霊の日の23日、糸満市摩文仁で午前11時50分から行われる沖縄全戦没者追悼式の模様をライブ配信します。回線トラブル等が発生した場合は、配信を中止する場合があります。 配信はこちらから沖縄戦 慰霊の日 沖縄慰霊の日 全国に野次や怒号が届かないことを祈る

ことしは、沖縄が本土に復帰して50年となる節目の年でもあります。復帰前に多くの県民が望んだ「基地のない平和な島」は実現せず、沖縄には今も在日アメリカ軍専用施設のおよそ7割が集中しています。 23日は平和への誓いを新たにするとともに、沖縄が抱える重い基地の負担の現状に改めて向き合う日でもあります。 沖縄戦で姉とおじを亡くした、ことし88歳になる那覇市の平川正三さんは、2人の名前が刻まれた「平和の礎」の前で手を合わせていました。 平川さんは、「姉は自分の面倒をよく見てくれる、世話好きな人でした。私は沖縄本島北部のやんばるに避難しましたが、看護に動員された姉がどこで亡くなったのかは今も分かっていません。戦争は二度と起こしてはいけないと思います」と話していました。 太平洋戦争中に疎開するため、沖縄から九州に向かう途中、アメリカ軍に撃沈され800人近くの子どもが亡くなった「対馬丸」で兄2人を失い、自身も沖縄で戦争を経験した南城市の83歳の男性は「那覇市から、沖縄本島北部に避難しましたが艦砲射撃で人が死んでいくのを見ました。戦争は人殺しです。ロシアのウクライナ侵攻は沖縄戦の経験者として、胸が痛くなって何とも言えないです」と話していました。 沖縄県糸満市にある「魂魄の塔」では、朝から遺族などが訪れ、祈りをささげています。 沖縄市から訪れた仲村光子(77)さんは、沖縄戦で、当時27歳の陸軍兵士だった父親の知念牛さんを亡くしましたが、遺骨は見つからなかったということです。 仲村さんは「父には『平和で暮らしているので見守ってほしい』と語りかけました。ウクライナの戦争で子どもが殺された話を聞くとつらいです。この世から戦争がなくなってほしいです」と話していました。 父亡くした女性「私のような思いをする人を出さない世の中に」 「私が生まれる直前に亡くなっているので、父の手触り感はないが、私のような思いをする人を出さないような世の中になってほしいと願い、毎年、来ている。アメリカ軍基地のない平和な沖縄になってほしい」 多くの親族を沖縄戦で亡くした70代女性 .沖縄県は23日、77回目の慰霊の日を迎えた。一般市民を含め20万人を超える死者が出た沖縄戦の組織的戦闘が終わったとされる日で、地上戦の傷痕は県内各地に残る。見つかる不発弾は全国でも突出して多く、約2700人の遺骨がまだ地中に眠ったままだ。不発弾処理にはあと80年近くかかるとの試算もある。いまだに終わりの見えない「戦後」が続いている。 太平洋戦争末期、沖縄には米軍による空襲や艦砲射撃などで約20万.沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦から77年の「慰霊の日」を迎えました。平和への誓いを新たにするとともに、沖縄が歩んできた歴史と今に向き合う日でもあります。 続きを読む 6月23日は、旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる日で、沖縄県が「慰霊の日」と定め、糸満市摩文仁の平和祈念公園では正午前から戦没者追悼式が行われます。 沖縄戦から77年がたち、体験者は年々少なくなっていて、おととし10月時点では県民の中で戦後生まれが占める割合はおよそ9割となっています。 また、平和学習の場として活用されてきた自然洞窟・ガマも劣化が進み、閉鎖されるケースも出ていて、戦争の記憶の継承が課題となっています。 ことしは、沖縄が本土に復帰して50年となる節目の年でもあります。.沖縄県は23日、77回目の慰霊の日を迎えた。一般市民を含め20万人を超える死者が出た沖縄戦の組織的戦闘が終わったとされる日で、地上戦の傷痕は県内各地に残る。見つかる不発弾は全国でも突出して多く、約2700人の遺骨がまだ地中に眠ったままだ。不発弾処理にはあと80年近くかかるとの試算もある。いまだに終わりの見えない「戦後」が続いている。 太平洋戦争末期、沖縄には米軍による空襲や艦砲射撃などで約20万.