決算会見AI分析、欧米企業の6割心理悪化 景気後退懸念

2022/08/13 21:06:00

決算会見AI分析、欧米企業の6割心理悪化 景気後退懸念

決算会見AI分析、欧米企業の6割心理悪化 景気後退懸念

世界の大企業が事業環境の先行きへの警戒を強めている。主要な欧米企業約80社について、2022年4~6月期の決算説明会の発言を人工知能(AI)などで分析したところ、6割強で直前四半期に比べてネガティブ(後ろ向き)な内容が増えたことが分かった。インフレや金融引き締めを背景に景気後退リスクが高まるなか、経営幹部が弱気な需要見通しなどを示すケースが目立つ。日本企業でも同様の発言が相次いでいる。AIを使

世界の大企業が事業環境の先行きへの警戒を強めている。主要な欧米企業約80社について、2022年4~6月期の決算説明会の発言を人工知能(AI)などで分析したところ、6割強で直前四半期に比べてネガティブ(後ろ向き)な内容が増えたことが分かった。インフレや金融引き締めを背景に景気後退リスクが高まるなか、経営幹部が弱気な需要見通しなどを示すケースが目立つ。日本企業でも同様の発言が相次いでいる。 AIを使.かとう・ももこ/早稲田大学商学部卒業後、16年に入社。広告営業を経て、20年よりダイヤモンド編集部の記者・編集者。経営戦略、教育・子育て、マネー、ビジネススキルに関する連載を担当。趣味は温泉巡りとアイスクリーム。 コロナで明暗!【月次版】業界天気図.【シンガポール=中野貴司】マレーシア中央銀行は12日、2022年4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比で8.レジャー業界は、コロナ禍で大打撃を受けた業界の一つだ。しかし、TOHOシネマズも東京スカイツリーも上の数字を見ると大復活を遂げたように映る。特に、東京スカイツリーの展望デッキ来場者数は22年6月度が前年同月比で6.

...7%)も大きく上回った。けん引役はGDPの約6割を占める個人消費で、失業率の低下によって消費者の購買力が回復した。渡航規制の緩和で海外からの観光客数が回復しつつあることも消費の増加を後押しした。マレーシアの4~6月期の消費者物価上昇率は2.

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »
Loading news...
Failed to load news.

すかいらーく、サイゼリヤ…ファミレス5社でコロナ前から2割超減収の負け組は?コロナ禍から企業が復活するのは一体、いつになるのだろうか。上場100社超、30業界を上回る月次業績データをつぶさに見ると、企業の再起力において明暗がはっきりと分かれている。前年同期と比べた月次業績データの推移から、6つの天気図で各社がいま置かれた状況を明らかにする。今回は、2022年4~6月度のファミレス編だ。

マレーシアGDP8.9%増 22年4~6月期(写真=ロイター)【シンガポール=中野貴司】マレーシア中央銀行は12日、2022年4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比で8.9%増加したと発表した。個人消費が18.3%増と好調だったほか、輸出の増加も製造業の生産を押し上げた。中銀は22年後半も堅調な成長が続くとみており、世界経済が停滞感を強める中で東南アジア経済の底堅さが目立っている。4~6月期は1~3月期の成長率5%から伸びが加速し、ロイターが事

「トップガン」記録的ヒットでTOHOシネマズ大増収でも、復活は程遠い事情コロナ禍から企業が復活するのは一体、いつになるのだろうか。上場100社超、30業界を上回る月次業績データをつぶさに見ると、企業の再起力において明暗がはっきりと分かれている。前年同期と比べた月次業績データの推移から、6つの天気図で各社がいま置かれた状況を明らかにする。今回は、2022年4~6月度のレジャー編だ。

電機大手決算出そろう--上海ロックダウン、円安などの影響大きく、部品不足は少しずつ解消へ国内電機大手の2022年度第1四半期(2022年4~6月)の決算は、半導体不足や部品不足の影響は徐々に回復傾向にはあるものの、依然として継続しているほか、原材料価格や物流価格の高騰、急激な円安、中国・上海のロックダウン、世界的なインフレの進行、そして長引くコロナの影響など、外的要因に大きく左右された内容となった。

米企業、インフレ対策に苦慮 値上げや人員減で利益確保【ニューヨーク=堀田隆文】米国企業がインフレ対策に苦慮している。2022年4~6月期の業績は事前予想を上回った企業が多かったが、値上げでインフレに伴うコスト増を吸収し、利益を確保した内容が目立った。人員の絞り込みに動いた企業も多い。足元の政府統計では、物価上昇は鈍化の兆しもみせたが、先行きはなお不透明だ。S&P500指数の構成銘柄の大半が2022年第2四半期(3~5月期含む)の決算発表を終えた

キリン、アサヒ…ビール4社でコロナ前と比べて「薄氷の業績回復」に届いたのは?コロナ禍から企業が復活するのは一体、いつになるのだろうか。上場100社超、30業界を上回る月次業績データをつぶさに見ると、企業の再起力において明暗がはっきりと分かれている。前年同期と比べた月次業績データの推移から、6つの天気図で各社がいま置かれた状況を明らかにする。今回は、2022年4~6月度のビール編だ。