正力賞受賞の高津監督「野村監督もさすがに褒めてくれるはず」 | 毎日新聞

正力賞受賞の高津監督「野村監督もさすがに褒めてくれるはず」 高津監督は「チームのみんなが導いてくれた。チームメートをはじめ、みなさんに感謝している」と初受賞の喜びを語りました。

野球

2021/12/07 18:00:00

正力賞受賞の高津監督「野村監督もさすがに褒めてくれるはず」 高津監督は「チームのみんなが導いてくれた。チームメートをはじめ、みなさんに感謝している」と初受賞の喜びを語りました。

その年のプロ野球発展に最も貢献した球界関係者に贈られる「正力松太郎賞」に選ばれたヤクルトの高津監督は7日、東京都内の球団事務所で取材に応じ、「チームのみんなが導いてくれた。チームメートをはじめ、みなさんに感謝している」と初受賞の喜びを語った。

特別賞には、高津監督が現役時代にヤクルトでともにプレーした日本ハムの稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM)が選ばれた。「一緒に受賞できたことに何か縁を感じる。野村監督の下で一緒にやった我々がプロ野球の発展にこれからも貢献していきたい」と話した。【中村有花】

続きを読む: 毎日新聞 »

阪神・淡路大震災特集サイト

トップページ

元白鵬の間垣親方、全日本選手権を初観戦「客席から相撲 わくわく」 | 毎日新聞アマチュア相撲の第70回全日本選手権が5日、東京・両国国技館で行われ、9月の秋場所後に引退した大相撲の元横綱・白鵬の間垣親方が観戦した。現役時代は冬巡業と重なっていたため全日本選手権を観戦するのは初めてだという間垣親方は「客席から相撲を見ることがなかったので新鮮。わくわくしている」と語った。

余録:歌舞伎の始祖とされる… | 毎日新聞歌舞伎の始祖とされる「出雲の阿国(おくに)」の墓は、島根の出雲大社から国引き神話の舞台である稲佐の浜に向かう途中の墓地にある。巫女(みこ)説もあり、出雲大社への寄進を訴えて諸国を巡業したといわれる▲江戸時代までは寺社が興行の拠点で歌舞伎との関係も深かった。初代市川団十郎以来の屋号「成田屋」は千葉の

気候変動と戦う:クライメート・ポリティクス 遠い脱「石炭中毒」 南ア、地元雇用に直結(その2止) | 毎日新聞国の根幹、握る石炭 総発電量の9割近くを石炭火力でまかなう南アフリカでは、石炭が政治、経済、雇用、人種などさまざまな問題に複雑にからんでいる。 「政府が労働者や地域に事前に相談しないまま、国際的な議論に突き進んでいる」。南アフリカ鉱業労働組合(NUM)で、ムプマランガ州など炭鉱地帯がある支部 ぐれたちゃんも中国とかインドとかに行って騒いでくればいいのにね。 中国とか中国とか中国とかね。 温暖化詐欺師はよう騒ぐ

気候変動と戦う:クライメート・ポリティクス 遠い脱「石炭中毒」 南ア、地元雇用に直結(その1) | 毎日新聞豊富な石炭資源を元に電力の9割近くを石炭火力でまかなう南アフリカが、気候変動対策で岐路に立たされている。国際社会からの圧力もあり政府は「脱石炭」を掲げるようになったものの、南アは政財界から労働者までが石炭産業に深く依存している。「石炭中毒」とも呼ばれ、再生可能エネルギーなどへの転換に向けた道のりは

風知草:共産党、政権参加なら=山田孝男 | 毎日新聞総選挙の野党共闘には自公与党を追い詰める歴史的意義があった――というのが、日本共産党中央委員会総会(11月27、28日)の衆院選総括である。 総会の討論で異論は出なかったのか? 志位和夫委員長に尋ねると、「ありません」と答えた。 毎日新聞も同意見なんでしょうね。なにしろ赤旗には頭が上がらないから。 毎日新聞さん、5年前の日本会議の特集素晴らしかったです!自民党を知る上で欠かせない情報ですし、なぜ彼らが改憲に拘るのかよく分かりますよね。なぜ最近消しちゃったのですか?もったいない! キョウサントウに失敗はあり得ません。

社説:民事訴訟の期間制限 拙速な審理が懸念される | 毎日新聞民事訴訟の審理期間に制限を設ける新たな制度の導入が議論されている。 法制審議会に提示されているのは、当事者双方が合意すれば6カ月以内に審理を終え、1カ月以内に判決を出すという案だ。 長引かせる訟務官(検察)も居たけどな 双方の意見が出尽くした時点で結審だろうよ 何を調子いい事言ってやがる まあ、長引いたお陰で証拠となる行政文書を見つけて私は勝てたがね