カルチャー, 埼玉県行田市, 富士山, 彩のかがやき, コロナ, エンタメ・文化

カルチャー, 埼玉県行田市

歌舞伎役者に富士山や白波…「田んぼアート」を稲刈り : エンタメ・文化 : ニュース

歌舞伎役者に富士山や白波…「田んぼアート」を稲刈り #カルチャー

2021/10/16 7:25:00

歌舞伎役者に 富士山 や白波…「田んぼアート」を稲刈り カルチャー

埼玉県行田市 の「田んぼアート」で16日、稲刈りが行われた。約2・8ヘクタールの田んぼには、4種類の色違いの稲穂で 富士山 や白波、歌舞伎役者が描き出されている。この日は背景部分に植えられた県のブランド米「 彩のかがやき 」の一

続きを読む: 読売新聞オンライン »

寒さ苦手なカピバラに温かい「ゆず湯」をプレゼント 石川 能美 | NHKニュース

【NHK】本格的な冬の訪れを前に石川県能美市の動物園では、寒さが苦手なカピバラにあたたかい「ゆず湯」がプレゼントされました。

中国でも、田んぼアートが話題になってる場所があると、最近中国の報道番組で知った。 たぶん最初に始めたのは中国ではないと思うんだけど。 一体誰が考え付いたのか?あちらの国相手では意味ないけれど、特許とか取ってはいない…のよね? 田んぼアートはオリンピックでも発信して欲しかったな

志賀直哉の没後50年…「暗夜行路」発表前に移住、生きる光明を見いだした尾道の街 : エンタメ・文化 : ニュース今年は、明治から昭和期にかけて活躍した文豪・志賀直哉(1883~1971年)の没後50年。代表作「暗夜行路」の舞台となった広島県尾道市では有志が冊子を作り、記念の展覧会を企画するなど顕彰活動を進めている。(佐藤行彦) いつだったか、志賀直哉のお孫さんと白樺文学館で偶然会った事があった。我孫子の蕎麦屋のもつ煮定食が食べたくなった。コロナで行ってないからなあ。#その他ジャガイモ 【志賀直哉の没後50年…】

『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ Asioita jotka saavat sydämen lyömään nopeammin』ミア・カンキマキ著(草思社) 2200円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ Asioita jotka saavat sydä men ly ö m ä ä n nopeammin』ミア・カンキマキ著(草思社) 2200円 カルチャー

『言語学バーリ・トゥード Round1 AI は「絶対に押すなよ」を理解できるか』川添愛著(東京大学出版会) 1870円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・飯間浩明(国語辞典 編纂 ( へんさん ) 者) 著者はことばの伝わらなさにマジで悩む人です。SNSでものが言いにくいこと、会話で相手へのリアクションに困ることなど、伝える難しさについての話が本書にはよく出てきます。

『皆川博子随筆精華Ⅱ 書物の森への招待』皆川博子著、日下三蔵編(河出書房新社) 3080円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・栩木伸明(アイルランド文学者・早稲田大教授) 皆川博子はミステリと幻想小説を横断し、奔放な想像力と深い学識を駆使して、近代初期のヨーロッパなど、遠い時空を舞台にした物語に現実味を与えてきた。「小説は、花も実もある絵空

【独自】「洋紙にペン字」貴重な鴎外の直筆原稿、新潮社社長室の大掃除で見つかる…漱石らの資料も : エンタメ・文化 : ニュース森鴎外(1862~1922年)の小説「身上話」の直筆原稿1枚や、文芸雑誌が行った文章指南のアンケートに、夏目漱石(1867~1916年)が答えた原稿1枚など、明治・大正の文豪らの資料21点が新潮社で見つかった。中でも鴎 軍医だった。森鴎外さん。 小学館も本社改築のドサクサで いろいろ捨てちゃったんじゃ無いかな

ガンダム、大地に立ってしまった…こんなにうれしいことはない : サブカル : エンタメ・文化 : ニュースうわさには聞いていた。横浜でついに、ロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」の主役である、実物大の白いモビルスーツ「ガンダム」が大地に立ったということを。1979年のアニメ放送から40年余り、ついにこの日が訪れた。見