東京オリンピック

東京オリンピック

橋岡優輝、走り幅跳び6位 日本勢37年ぶり決勝、最後に8m10:朝日新聞デジタル

橋岡優輝、走り幅跳び6位 日本勢37年ぶり決勝、最後に8m10

2021/08/02 6:00:00

橋岡優輝、走り幅跳び6位 日本勢37年ぶり決勝、最後に8m10

東京オリンピック (五輪)第11日の2日、陸上の男子走り幅跳びの決勝に日本勢として37年ぶりに進出した橋岡優輝だったが、85年ぶりのメダル獲得はならなかった。 予選の1本目で8メートル17を跳んで、決…

このところ踏み切りが合えばほぼ8メートル超えの跳躍をしていただけに、物足りない感じがあったが、そこは五輪の決勝。助走の走りに硬さが見えた。最終6回目。その時点では8メートル15を超えることがメダルへの最低条件だったが、8メートル10と及ばず、6位入賞。「目標はメダル獲得。そこはぶらさずに」と言っていたが、夢はパリ五輪へと持ち越しになった。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

白黒まだら模様の「パンダウナギ」水族館に 和歌山 すさみ町 | NHKニュース

【NHK】体の色が白と黒のまだら模様で「パンダ」のように見えるウナギが和歌山県すさみ町の水族館で展示されています。

惜しかった

橋岡優輝、走り幅跳び6位 日本選手で37年ぶり入賞 | 毎日新聞 東京オリンピック は第11日の2日、東京・国立競技場で陸上の男子走り幅跳び決勝があり、橋岡優輝(22)=富士通=は8メートル10で6位入賞を果たした。日本選手では1984年ロサンゼルス五輪で7位入賞した臼井淳一以来、37年ぶりの入賞。

走り幅跳びの橋岡優輝6位、37年ぶりの入賞…85年ぶりメダルはならず : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック東京五輪の陸上は2日、国立競技場で、男子走り幅跳び決勝が行われ、橋岡優輝(22)(富士通)は8メートル10の6位となった。日本勢としては1984年ロサンゼルス五輪の臼井淳一の7位以来の入賞。優勝は8メートル41を跳んだ

37年ぶり日本勢の決勝進出、走り幅跳びの橋岡優輝は7位で後半へ : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック東京五輪の陸上は2日、国立競技場で、男子走り幅跳び決勝が行われ、橋岡優輝(22)(富士通)は3回目に7メートル97をマーク、7位で8人による4回目以降に進出した。2019年世界選手権優勝のタジェイ・ゲール(ジャマイカ)

男子走り幅跳びの橋岡優輝、8メートル17を跳び1発で決勝進出決める : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック東京五輪は31日、陸上の男子走り幅跳び予選が行われ、橋岡優輝(22)(富士通)が、1度目の試技で8メートル17を跳び、決勝進出ラインの8メートル15を上回り、一発で8月2日の決勝進出を決めた。この種目の日本選手の決勝進

男子走り幅跳びの橋岡優輝、8メートル17で決勝進出…城山正太郎と津波響樹は敗退 : 東京オリンピック2020速報 : オリンピック・パラリンピック東京五輪は31日、陸上の男子走り幅跳び予選が行われ、橋岡優輝(22)(富士通)が、1度目の試技で8メートル17を跳び、決勝進出ラインの8メートル15を上回り、一発で8月2日の決勝進出を決めた。この種目の日本選手の決勝進

男子走り幅跳びの橋岡優輝、8メートル17で決勝進出…城山正太郎と津波響樹は敗退 - ライブドアニュース【東京五輪】男子走り幅跳びの橋岡優輝、8メートル17を跳び1発で決勝進出決める 1度目の試技で決勝進出ラインの8メートル15を上回り、一発で8月2日の決勝進出を決めた。この種目の日本選手の決勝進出は37年振りの快挙。 さすがすぎる!! 室伏の方が跳びそう てか飛びそう 橋岡家やばいな。親戚同士強い