相撲

相撲

横綱・照ノ富士、連敗せず単独首位守る 大相撲秋場所13日目 | 毎日新聞

横綱・照ノ富士、単独首位守る 取組前、「秘策」を練っていたという御嶽海を退け、単独トップの11勝目。九州場所を待たずに単独での年間最多勝も確定しました。

2021/09/24 18:00:00

横綱・照ノ富士、単独首位守る 取組前、「秘策」を練っていたという御嶽海を退け、単独トップの11勝目。九州場所を待たずに単独での年間最多勝も確定しました。

大相撲秋場所は24日、東京・両国国技館で13日目があった。 連敗しなかった。横綱・照ノ富士は、関脇・御嶽海を力強い相撲で退け、年間最多勝確定の白星で優勝争いの単独首位を守った。

大相撲秋場所は24日、東京・両国国技館で13日目があった。連敗しなかった。横綱・照ノ富士は、関脇・御嶽海を力強い相撲で退け、年間最多勝確定の白星で優勝争いの単独首位を守った。10日目から宇良、高安と勝ったものの激戦が続き、前日は新関脇・明生に苦杯をなめさせられた。今場所序盤の盤石さに陰りが見え始めていた中で迎えた御嶽海戦。幕内優勝2回の実力者は11日目の取組後に場所前から新横綱対策の秘策を練っていたと明かし、「その通りにいけばいいな」と不敵な笑みを浮かべていた。立ち合い、突き押しが武器の御嶽海が左を差してきた。しかし、照ノ富士は得意の右四つにこだわらず、すかさず左の下手を取って組み止めた。すると御嶽海の動きがなくなる。照ノ富士、御嶽海とも取材に応じず、「秘策」は明らかにならなかったが、土俵下の藤島審判長(元大関・武双山)はここまでの流れを、「慌てなかった」と横綱を評価。照ノ富士はあせらず、機を見て右上手を取ると難なく寄り切った。

トイ・ストーリーの人気キャラ「バズ・ライトイヤー」の活躍を描く映画「Lightyear」予告編公開 - ライブドアニュース 〈独自〉山崎拓氏の除名求める申し入れ書を提出 自民前職 雪をイメージしたホワイトチョコの黒白Wテイスト!マクドナルド「新マックフルーリー ブラックサンダー 冬の稲妻」 - ライブドアニュース

藤島審判長は「修羅場をくぐり抜けている。精神的にも強い」とけがなどで大関から序二段に落ちた経験を持つ新横綱をたたえた。これで今年の勝利数は60。一方、追っていた正代、御嶽海は土が付いて43勝どまり。締めくくりの九州場所を含めて抜かれることはなくなった。2敗にも動揺を見せずに改めて強さを示した照ノ富士。追う力士との差は1だが、やはり賜杯に一番近いだろう。【吉見裕都】 続きを読む: 毎日新聞 »

ショート動画 1票の価値 識者の意見|NHK

衆議院選挙 1票の価値について様々な意見があります。識者の見方をお伝えします。| NHK

👏👏👏👏👏👏👏 一人横綱の責任感‼️千秋楽まで頑張って‼️^_^

大相撲秋場所13日目 単独トップの横綱 照ノ富士 2敗を守る | NHKニュース【NHK】大相撲秋場所13日目、単独トップの横綱 照ノ富士は、関脇 御嶽海に寄り切りで勝って、2敗を守りました。

照ノ富士、御嶽海を寄り切り単独首位守る…阿武咲・妙義龍・遠藤が1差で追う : 大相撲 : スポーツ : ニュース大相撲秋場所13日目(24日・両国国技館)――照ノ富士が御嶽海を寄り切り、白星を11に伸ばし、単独首位を守った。正代は阿武咲の圧力に屈して寄り切られ、貴景勝は妙義龍に土俵際で逆転のすくい投げを許し、両大関はともに5敗で 御嶽弱い 肉のぶつかり合い!

大相撲、プロ野球、Jリーグなど/24日ラインアップ - お知らせ : 日刊スポーツ24日の注目イベントをチェックしよう。ニッカンスポーツ・コムでは、大相撲秋場所、プロ野球などを速報します。■大相撲秋場所13日目(午前11時=両国国技館)■ゴ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ORICON NEWS:Snow Man深澤辰哉&向井康二&宮舘涼太、『ヒゲダンス』などドリフ名作コントに挑戦「永久保存版決定」 | 毎日新聞

ORICON NEWS:SKY-HIクラファン 4時間強で目標2倍の2億円突破「皆様本当にありがとうございます泣」 | 毎日新聞この時期に投資話か 1億2億程度しか集まらないのかぁ。 そもそも企業がだしてるでしょ。CMだって1っか月五千万ぐらいを出してるんだから10億くらい集まると思うんだけどね。魅力が無いんだろうなこのモデルには。

沖縄県、大規模商業施設の土日休業要請を25日解除 新型コロナ | 毎日新聞新型コロナウイルスに対応する国の緊急事態宣言が発令中の沖縄県は23日、新規感染者が減少傾向にあることを受け、床面積1000平方メートルを超える大規模商業施設に対する土日祝日の休業要請を25日以降、解除すると発表した。 スウェーデンが幸運だったのはテグネル氏が公衆衛生の専門家サイドのトップだったこと。 日本が不運だったのは尾身氏がトップだったこと。 アメリカが災難だったのはファウチのような犯罪者がトップだったこと。 重症化するリスクは、ワクチン接種済みの高齢者のほうが未接種の若者よりも高い。 ワクチンを打った高齢者の社会制限が無くなるなら、若者は今すぐ制限撤廃して良いはずだが。