梅雨入りどうなる? 今年の梅雨の特徴 3か月予報(日直予報士)

  • 📰 tenkijp
  • ⏱ Reading Time:
  • 7 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 6%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

【梅雨入りどうなる? 今年の梅雨の特徴 3か月予報】 平年では、ゴールデンウィークが明ける頃、沖縄や奄美が梅雨入りし、6月から7月は、..

気象庁が、23日に発表した3か月予報によると、5月から7月は、上空の偏西風は、平年よりやや北を流れる見込みです。太平洋高気圧の日本の南への張り出しは、平年より強いでしょう。全国的に暖かい空気に覆われやすく、高温傾向です。5月は、沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。今年も、沖縄や奄美は、長雨の季節になりそうです。九州から北海道は、天気は数日の周期で変わり、九州から近畿、北陸では、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。新緑の季節らしく、すがすがしい陽気の日が多いでしょう。梅雨入り前、クローゼットなどに、よく風を通しておくとよさそうです。5月の1週目は、日本付近で偏西風が平年より南を流れ、寒気の影響を受ける時期があるため、沖縄、奄美では、気温は平年より低いでしょう。期間を通しては、ほぼ平年並みの見込みです。九州から北海道の平均気温は、平年並みか高いでしょう。平年の梅雨入りは、九州南部は5月下旬、九州北部から関東甲信は6月上旬、北陸、東北は6月中旬です。今年の特徴は、梅雨前線の北上は早めで、活動が活発になりやすいことです。九州や四国、本州も長雨の季節になるでしょう。梅雨入り

6月の降水量は、沖縄・奄美は、ほぼ平年並みの見込みです。九州から近畿、東海、関東では、平年並みか多いでしょう。梅雨入り早々、まとまった雨になることがあるかもしれません。北陸、東北と北海道は、ほぼ平年並みの予想です。7月も前線の北上早め 梅雨明けも早い?

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

桜が散って新緑に入れ替わったと思ったら、もう梅雨の話か、、、ほんと早いな。気づいたら夏が来るんだわ👀❗️

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 133. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し