格闘ゲームの大会「EVO Japan 2023」が開催決定。3年ぶりに復活。メインタイトルは、『GUILTY GEAR -STRIVE-』、『KOF XV』、『ストリートファイターV 』、『鉄拳7』の4タイトルが決定

2022/08/08 11:22:00

8月8日、格闘ゲームの世界大会「EVO2022」にて、「EVO Japan 2023」を開催すると発表した。

電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?, ニュース

格闘ゲーム の大会「 EVO Japan 2023」が開催決定。3年ぶりに復活 メインタイトルは、『 GUILTY GEAR -STRIVE- 』、『KOF XV』、『ストリートファイターV 』、『 鉄拳7 』の4タイトルが決定。3月31日から4月2日にかけて東京ビッグサイトで実施

8月8日、 格闘ゲーム の世界大会「 EVO 2022」にて、「 EVO Japan 2023」を開催すると発表した。

2022年8月8日 17:21 公開 .これは多分、審査員一人一人にとって、ということなのだと思うし、“笑い”がとても感覚的であることから考えても、それが分かりやすい基準。 でも2018年には、上沼恵美子さんが自分の感情で採点していると一部で批判されて、物議をかもしました。 それの何が悪いのでしょうか。もし、それは困る、ということであれば、世の中一般の人にとって面白いかどうか、で審査されるようにしなければならず、そのことが明確に伝えられていなくてはいけません。 そして、この場合にはやはり、面白さを になります。例えば暴力的であったり、品がなさすぎたりすることがないか。ネタの題材が限定的すぎて、ごく一部の人にしか分からないといったことはないか、なども評価の対象になるでしょう。 また、“点数”の基準も謎です。何を以て100点として、何を以て80点としているのか。今まで説明があったことはありません。 例えば、その2018年。最高点と最低点の差が一番小さかったのは中川礼二さんと富澤たけしさんで(6点差)、続いてオール巨人さん(9点差)、逆に差が一番大きかったのは塙宣之さんでした(16点差)。立川志らくさん、松本人志さん、上沼恵美子さんも差が大きくて、14点差。結果的に、かもしれませんが、一人一人の評価が平等であるように見えて、塙さん以下後者4名の評価は、前者2名の2倍以上の重みを持っていたことになります。 果たして、.元体操選手のアリーナ・カバエワ(Photo by Sasha Mordovets / Getty Images) 米財務省は8月2日、以前からロシアの「プーチン大統領の愛人」と噂されてきた元体操選手のアリーナ・カバエワに対する制裁を発表した。 財務省が2日の声明で、プーチンと「親密な関係にある」と指摘したカバエワは、2014年以来、ロシア最大のメディアコングロマリットを率い、親ロシア派の新聞やテレビ、ラジオ局を支配している。 彼女は2007年から2014年まで、プーチンが支配する政党の「統一ロシア」所属の国会議員を務めていた。英国と欧州連合(EU)はすでにカバエワを制裁対象に指定している。 ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、米当局は今年に入りカバエワへの制裁を検討したが、「事態のエスカレーションを避けるため」に踏みとどまっていたという。 プーチンは長年、カバエワとのロマンチックな関係を否定してきたが、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、米当局は、カバエワがプーチンの愛人であり、少なくとも3人の子供の母親だと認識しているという。また、彼女とその子供たちはスイスに住んでいる模様という。 現在39歳のカバエワは、ロシア政府とつながりを持つ前は新体操選手として活躍し、2004年のアテネ五輪で金メダルを獲得したほか、14の世界選手権で入賞していた。.© Condé Nast Japan.

続きを読む:
電ファミニコゲーマー »

『ゴジラ』が怪獣大乱闘ゲーム『ギガバッシュ』に参戦。「ゴジラ」「メカゴジラ」「デストロイア」「ガイガン」の4体が新たに登場、世界中のユーザーと世紀の大決斗を繰り広げよう

マレーシアのインディーゲーム会社であるPassion Republic Gamesは12月7日、同社が展開するのアリーナ型対戦アクションバトルゲーム『GIGABASH(以下、ギガバッシュ)』について、不朽の名作『ゴジラ』シリーズとのコラボDLC「GIGABASH│ゴジラ」を発売した。 続きを読む >>

M-1騒動に学ぶ、「評価のデザイン」一番のポイント | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)さてこれまで、“評価システムをどうデザインするか”について、基礎的な要素をお伝えしてきましたが、ここで一旦一区切り。ちょっと引いた視点で“評価デザインの価値観”について考えながら、全体を振り返

米当局が「プーチンの愛人」に制裁、元新体操選手の39歳 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)米財務省は8月2日、以前からロシアの「プーチン大統領の愛人」と噂されてきた元体操選手のアリーナ・カバエワに対する制裁を発表した。財務省が2日の声明で、プーチンと「親密な関係にある」と指摘したカバエワは、2014年以来、ロシア最大のメディアコ

今日のあなたにぴったりなのは? モード格言集 | VOGUE JAPAN 20th Anniversary 1999~2019『VOGUE JAPAN』に掲載された著名人のインタビューの中から、心に響く格言をピックアップ。大御所デザイナーから、アーティスト、モデルやセレブまで、今のあなたに必要な一言が見つかります。

シェールガスに沸く米国、天然ガス生産量と消費量が世界トップに | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)この記事は、「BP Statistical Review of World Energy 2022(BP世界エネルギー統計レビュー 2022)」に関するシリーズ第4弾だ。このレビューは、国レベルでの主要なエネルギー源の需要と供給の包括的状況

決済大手Visa、ポルノサイトPornhubの親会社の広告部門との取引を停止 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)決済大手のVisaは、大手ポルノサイトPornhubの運営元のマインドギーク(MindGeek)の広告部門のトラフィック・ジャンキー(TrafficJunky)との取引を停止した。この決定は、マインドギークを相手取って起こされた児童ポルノの

ソニーが魅せた日本の技術力 日本初のトランジスタラジオ発売|8月7日 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)1955年8月7日、東京通信工業(現ソニー、以下 東通工)が日本最初のトランジスタラジオ「TR-55」を発売しました。通商産業省(現経済産業省、以下通産省)からの許可が出るのが遅かったこともあって惜しくも世界初は逃しましたが、トランジスタか

2022年8月8日 17:21 公開 .これは多分、審査員一人一人にとって、ということなのだと思うし、“笑い”がとても感覚的であることから考えても、それが分かりやすい基準。 でも2018年には、上沼恵美子さんが自分の感情で採点していると一部で批判されて、物議をかもしました。 それの何が悪いのでしょうか。もし、それは困る、ということであれば、世の中一般の人にとって面白いかどうか、で審査されるようにしなければならず、そのことが明確に伝えられていなくてはいけません。 そして、この場合にはやはり、面白さを になります。例えば暴力的であったり、品がなさすぎたりすることがないか。ネタの題材が限定的すぎて、ごく一部の人にしか分からないといったことはないか、なども評価の対象になるでしょう。 また、“点数”の基準も謎です。何を以て100点として、何を以て80点としているのか。今まで説明があったことはありません。 例えば、その2018年。最高点と最低点の差が一番小さかったのは中川礼二さんと富澤たけしさんで(6点差)、続いてオール巨人さん(9点差)、逆に差が一番大きかったのは塙宣之さんでした(16点差)。立川志らくさん、松本人志さん、上沼恵美子さんも差が大きくて、14点差。結果的に、かもしれませんが、一人一人の評価が平等であるように見えて、塙さん以下後者4名の評価は、前者2名の2倍以上の重みを持っていたことになります。 果たして、.元体操選手のアリーナ・カバエワ(Photo by Sasha Mordovets / Getty Images) 米財務省は8月2日、以前からロシアの「プーチン大統領の愛人」と噂されてきた元体操選手のアリーナ・カバエワに対する制裁を発表した。 財務省が2日の声明で、プーチンと「親密な関係にある」と指摘したカバエワは、2014年以来、ロシア最大のメディアコングロマリットを率い、親ロシア派の新聞やテレビ、ラジオ局を支配している。 彼女は2007年から2014年まで、プーチンが支配する政党の「統一ロシア」所属の国会議員を務めていた。英国と欧州連合(EU)はすでにカバエワを制裁対象に指定している。 ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、米当局は今年に入りカバエワへの制裁を検討したが、「事態のエスカレーションを避けるため」に踏みとどまっていたという。 プーチンは長年、カバエワとのロマンチックな関係を否定してきたが、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、米当局は、カバエワがプーチンの愛人であり、少なくとも3人の子供の母親だと認識しているという。また、彼女とその子供たちはスイスに住んでいる模様という。 現在39歳のカバエワは、ロシア政府とつながりを持つ前は新体操選手として活躍し、2004年のアテネ五輪で金メダルを獲得したほか、14の世界選手権で入賞していた。.© Condé Nast Japan.