株式会社ブルボン(新潟県柏崎市)が第3四半期決算(連結)を発表、パーソナルユース商品の需要が回復

株式会社ブルボン(新潟県柏崎市)が第3四半期決算(連結)を発表、パーソナルユース商品の需要が回復 @

2022/01/27 12:04:00

株式会社ブルボン(新潟県柏崎市)が第3四半期決算(連結)を発表、パーソナルユース商品の需要が回復

株式会社ブルボン(新潟県柏崎市)は27日、2022年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。それによると、売上高697億300万円、営業利益33億2,900万円、経常利益36億5,300万円、親会社株

コロナ禍の中、同社グループは一貫して食品製造企業として品質保証第一主義に徹し、安全で安心な実質価値の高い商品の安定した供給と、消費者ニーズに応えるサービスの提供などに注力していきた。具体的には、感染症禍において一層高まる健康志向への取り組みや、ECチャネル需要の加などによる消費者の購買行動の多様化、家庭内での消費に対応した商品展開などに取り組んだ。加えて、商品ブランドの強化と付加価値を高めた商品開発に取り組んだほか、営業拠点数を活かし、可能な範囲で最大限の店頭フォローを継続した。その結果、パーソナルユース商品の需要が回復傾向で推移したほか、ビスケット品目が好調だったことから売上高は順調に推移した。利益面は、生産性の向上とコストの削減、経費の効率的な使用に継続して努めたことに加え、安定した販売業績を受け順調に推移した。

なお、2022年3月期期首より、「収益認識に関する会計基準」などを適用していることから連結売上高および連結段階利益の前年同期比(%)を記載していない。 ビスケット品目を中心として、豆菓子、キャンデー、デザート、米菓、スナック、チョコレートなどの品目を展開している菓子の合計売上高は663億4,100万円となった。ビスケット品目は、おいしさと糖質のバランスを考えた「カーボバランス」シリーズが、健康志向の高まりを受けて好調を維持。「贅沢ルマンド」シリーズも引き続き売り上げを伸ばしたほか、新たに発売した「贅沢ルマンドロイヤルミルクティー」も順調に推移した。

続きを読む: にいがた経済新聞 »

「もうたくさん」、スキャンダルは「政府トップから始まる」=イギリス前保健相 - BBCニュース

イギリス下院で6日、前日に辞任したサジド・ジャヴィド前保健相が演説し、政府の問題やスキャンダルは「トップから始まる」、そして「それは変わらない」との結論に至ったと述べた。 続きを読む >>

柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)で6人が新型コロナウイルス感染症に感染東京電力ホールディングス株式会社(東京都千代田区)は26日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)の業務に従事している協力企業社員3人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 1人目は、柏崎市に居住

株式会社コメリ(新潟市南区)が2022年3月期第3四半期決算(連結)を発表、リフォーム・住関連が堅調株式会社コメリ(新潟市南区)は25日、2022年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。営業収益2,939億8,300万円、営業利益251億2,200万円、経常利益255億3,700万円、親会社株主に

柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)で6人が新型コロナウイルス感染症に感染東京電力ホールディングス株式会社(東京都千代田区)は26日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)の業務に従事している協力企業社員3人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 1人目は、柏崎市に居住

AXIAL-TECHファン搭載で2スロットでコンパクトな設計のNVIDIAのRTX 3050シリーズのビデオカード「DUAL-RTX3050-O8G-GAMING」を発表ASUS JAPAN株式会社のプレスリリース(2022年1月26日 23時00分)AXIAL-TECHファン搭載で2スロットでコンパクトな設計のNVIDIAのRTX 3050シリーズのビデオカード[DUAL-RTX3050-O8G-GAMING]を発表

熊本大学発のベンチャーCASTなど、超音波診断が可能な「フレキシブル超音波センサ」を開発 - 週刊アスキーNOKとCASTは共同で開発した「フレキシブル超音波センサ」を発表。医療・ヘルスケア領域での活用を想定している。

熊本大学発のベンチャーCASTなど、超音波診断が可能な「フレキシブル超音波センサ」を開発NOKとCASTは共同で開発した「フレキシブル超音波センサ」を発表。医療・ヘルスケア領域での活用を想定している。

主に帰属する四半期純利益24億7,500万円となった。 コロナ禍の中、同社グループは一貫して食品製造企業として品質保証第一主義に徹し、安全で安心な実質価値の高い商品の安定した供給と、消費者ニーズに応えるサービスの提供などに注力していきた。 具体的には、感染症禍において一層高まる健康志向への取り組みや、ECチャネル需要の加などによる消費者の購買行動の多様化、家庭内での消費に対応した商品展開などに取り組んだ。加えて、商品ブランドの強化と付加価値を高めた商品開発に取り組んだほか、営業拠点数を活かし、可能な範囲で最大限の店頭フォローを継続した。 その結果、パーソナルユース商品の需要が回復傾向で推移したほか、ビスケット品目が好調だったことから売上高は順調に推移した。利益面は、生産性の向上とコストの削減、経費の効率的な使用に継続して努めたことに加え、安定した販売業績を受け順調に推移した。 なお、2022年3月期期首より、「収益認識に関する会計基準」などを適用していることから連結売上高および連結段階利益の前年同期比(%)を記載していない。   ビスケット品目を中心として、豆菓子、キャンデー、デザート、米菓、スナック、チョコレートなどの品目を展開している菓子の合計売上高は663億4,100万円となった。 ビスケット品目は、おいしさと糖質のバランスを考えた「カーボバランス」シリーズが、健康志向の高まりを受けて好調を維持。「贅沢ルマンド」シリーズも引き続き売り上げを伸ばしたほか、新たに発売した「贅沢ルマンドロイヤルミルクティー」も順調に推移した。 また、季節限定の展開として、「ホワイトフェア」「いちごフェア」を実施したほか、同社で人気のビスケットやクッキー6種を1袋に詰め合わせた大容量の商品「バラエティーアソートメガサイズ」を発売。さらに、発売35周年を迎えた「チョコあ~んぱん」シリーズで、WEBでのプロモーション展開とキャンペーンを実施し、ブランド強化を図った。 キャンデー品目は、噛み応えとやわらかさを併せ持ったソフトグミ「しゃりもにグミヨーグルト味」を発売したほか、「フェットチーネグミ」シリーズでピンクレモネード味などを展開し、品ぞろえの充実を図った。加えて、継続したプロモーションと消費者キャンペーンの実施によりブランド強化に取り組んだ。 チョコレート品目は、上品な香りを持つピスタチオを使用した「アルフォートミニチョコレートプレミアムピスタチオ」を発売したほか、厚めのチョコレートをラングドシャ生地でサンドした「ショコラブランチュール」を発売し、品ぞろえの強化を図った。また、「粉雪ショコラ」シリーズや「生チョコトリュフ」シリーズなど期間限定商品を展開し、品目全体の底上げと市場の活性化を図った。また、「アルフォートミニチョコレート」シリーズも順調に推移した。菓子全体では家庭内での需要が継続したことから順調に推移した。   飲料・食品・冷菓・その他の合計売上高は、33億6,100万円となった。 飲料品目は、ミネラルウォーター商品群で「佐渡応援天然水」を発売したほか、環境負荷低減を目的としてプラスチックラベルを除いたミネラルウォーター「天然名水出羽三山の水500ml(ECO包装)」と「イオン水500ml(ECO包装)」の2品を同社オンラインショップ限定で発売。また、「牛乳でおいしくホットなココア缶190」のリニューアルを実施した。 食品品目は、在宅機会が継続した影響から、「240gミルクココア」などの粉末ココア商品の需要が継続したほか、外食需要の復調から業務用ルート専用で展開しているストローとしても使えるトッピングクッキー「コロネクッキー」の取り扱いが拡大。機能性食品は、「セノビックバーミニソフトクッキーココア味」の取り扱いが拡大したほか、「スローバー」シリーズ、「プロテインバー」シリーズも好調に推移した。 冷菓品目は、同社ロングセラーブランドの特徴を活かした「ルマンドアイス」や「ロアンヌアイス」に期間限定の商品を発売し、ブランド認知の向上を図った。 その他では、通信販売事業は、季節や催事に応じた詰め合わせ商品や、工場直送の「できたて出荷セール」を実施し、消費者にとって価値のある企画展開を行ったほか、「50枚入り不織布マスク」も好調に推移した。 自動販売機事業は、多様な商品を取り扱う自販機の設置台数の増加と、設置環境の選択などによる収益性の向上などに取り組み、対面接触を避けた食品販売ツールとしての環境整備を図った。人の往来が復調を見せ始めたなか、需要も回復傾向で推移した。 酒類販売事業は、香ばしい飲み口の限定醸造商品「にっこりほっこりブラウンエール」を発売し、ブランド認知の向上と、クラフトビールの魅力を高める活動に継続して取り組んだ。ナショナルブランド商品が輸出商品も回復傾向にあったことから、全体でも順調な推移となった。 .東京電力ホールディングス株式会社(東京都千代田区)は26日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)の業務に従事している協力企業社員3人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 1人目は、柏崎市に居住する30歳代の男性。23日に発熱の症状があり、自宅にて療養。24日も発熱の症状が続くことから医療機関を受診し、PCR検査を実施したところ25日に陽性が判明。保健所の指示により自宅療養をしているという。同社が確認している行動歴によると、当該協力企業社員は、主に発電所構内の空調設備関連業務に従事しており、最後に発電所構内で勤務した日は22日。直近2週間では、中央制御室への立ち入りや運転員との接触はなく、新潟県外への往来および海外渡航歴もない。また発電所関係者の濃厚接触者はいないという。 2人目は、上越市に居住する40歳代の男性。23日に発熱の症状があったことから医療機関を受診し、PCR検査を実施したところ24日に陽性が判明。保健所の指示により自宅療養をしているという。同社が確認している行動歴によると、当該協力企業社員は、主に発電所構内の6号機安全対策工事関連業務に従事しており、最後に発電所構内で勤務した日は21日。直近2週間では、中央制御室への立ち入りや運転員との接触はなく、新潟県外への往来および海外渡航歴もない。また発電所関係者の濃厚接触者は4人おり、自宅待機をしているという。 3人目は、柏崎市に居住する50歳代の男性。24日に感染が確認された人と接触があったことからPCR検査を実施。25日に陽性が判明し医療機関に入院した。同社が確認している行動歴によると、当該協力企業社員は、主に発電所構内の6号機安全対策工事関連業務に従事しており、最後に発電所構内で勤務した日は20日。直近2週間では、中央制御室への立ち入りや運転員との接触はなく、新潟県外への往来および海外渡航歴もない。また発電所関係者の濃厚接触者はいないという。.帰属する四半期純利益171億3,700万円となった。 同社は第1四半期連結会計期間の期首から「収益認識に関する会計基準」を適用しており、対前年同四半期増減率については、2021年3月期に当該会計基準等を適用したと仮定し算定した場合、営業収益は前年同期比1.9%減、営業利益は同8.6%減、経常利益は同7.7%減、親会社株主に帰属する四半期純利益は同8.3%減となった。 コロナ禍のもと、同社グループは、社会的インフラとしての役割を果たすべく、全国11か所の物流センターを中心とする物流網と全国1,200を超える店舗網を活用し、工務店などをはじめとする建築事業者への工具、金物、建築資材や、農家への肥料、農薬、農業資材など地元のプロの顧客が使用する商品の安定供給に注力した。 また、「家」を「過ごしたい場所」に変えていく提案をするため、多くの顧客が利用するDIYやガーデニング資材、レジャー用品など住まいや生活に関する商品の安定供給・商品提案にも努めた。 営業概況としては、前連結会計年度の緊急事態宣言下で急増した需要の反動減や天候不順などの影響があったが、DIY、ガーデニング資材などを含む工具・金物・作業用品、リフォーム資材・エクステリア用品、園芸・農業用品といった核カテゴリーは底堅く推移した。 その中でも、住まいの環境改善ニーズは依然として高く推移しており、リフォーム・住関連サービス需要は堅調に推移した。 また、重点施策として進めている自社開発商品については、堅調に売上を伸ばし、売上高構成比率も前年同四半期比で1・8%増の45.7%へ上昇。中でも、顧客の潜在ニーズを顕在化させた「取っ手が握りやすいバケツ」「ソーラー式充電センサーライト」「作業用空調ベスト」「コンベックスホルダー」「らくらくコンテナベルト」の5商品が2021年度グッドデザイン賞を受賞した。 さらに、リフォーム事業は全店で受付可能な住宅設備機器の簡易取付・施工サービスや、庭木の手入れ、エアコンクリーニングなどの住関連サービスを拡充したほか、従業員の教育体制も強化したことで堅調に推移した。 一方、出店については、コメリパワーを4店舗、コメリハード&グリーンを6店舗、コメリPROを2店舗それぞれ開店したほか、業態転換・移転増床などに伴い、ハード&グリーンを7店舗、アテーナを1店舗それぞれ閉店した。 これらにより、第3四半期末の店舗数は、パワー80店舗、ハード&グリーン1,117店舗、PRO8店舗、アテーナ7店舗、合計で1,212店舗となった。.東京電力ホールディングス株式会社(東京都千代田区)は26日、柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市)の業務に従事している協力企業社員3人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。 1人目は、柏崎市に居住する30歳代の男性。23日に発熱の症状があり、自宅にて療養。24日も発熱の症状が続くことから医療機関を受診し、PCR検査を実施したところ25日に陽性が判明。保健所の指示により自宅療養をしているという。同社が確認している行動歴によると、当該協力企業社員は、主に発電所構内の空調設備関連業務に従事しており、最後に発電所構内で勤務した日は22日。直近2週間では、中央制御室への立ち入りや運転員との接触はなく、新潟県外への往来および海外渡航歴もない。また発電所関係者の濃厚接触者はいないという。 2人目は、上越市に居住する40歳代の男性。23日に発熱の症状があったことから医療機関を受診し、PCR検査を実施したところ24日に陽性が判明。保健所の指示により自宅療養をしているという。同社が確認している行動歴によると、当該協力企業社員は、主に発電所構内の6号機安全対策工事関連業務に従事しており、最後に発電所構内で勤務した日は21日。直近2週間では、中央制御室への立ち入りや運転員との接触はなく、新潟県外への往来および海外渡航歴もない。また発電所関係者の濃厚接触者は4人おり、自宅待機をしているという。 3人目は、柏崎市に居住する50歳代の男性。24日に感染が確認された人と接触があったことからPCR検査を実施。25日に陽性が判明し医療機関に入院した。同社が確認している行動歴によると、当該協力企業社員は、主に発電所構内の6号機安全対策工事関連業務に従事しており、最後に発電所構内で勤務した日は20日。直近2週間では、中央制御室への立ち入りや運転員との接触はなく、新潟県外への往来および海外渡航歴もない。また発電所関係者の濃厚接触者はいないという。.