柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う? - We Love Sports - スポーツコラム : 日刊スポーツ

2022/06/02 8:22:00
柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う? - We Love Sports - スポーツコラム : 日刊スポーツ

柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う? #柔道 #大野将平

柔道, 大野将平

柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の 大野将平 は今何を思う? 柔道 大野将平

柔道男子、五輪2連覇の 大野将平 (30=旭化成)はいま、何を思うのか。東京五輪からの復帰戦となった4月の全日本選手権で、あえて無差別の戦いで表現したかった真意、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

柔道男子、五輪2連覇の大野将平(30=旭化成)はいま、何を思うのか。東京五輪からの復帰戦となった4月の全日本選手権で、あえて無差別の戦いで表現したかった真意、減少する国内柔道人口への提言、現役続行を悩む心境まで。インタビューで語り尽くした。「相手が逃げているのを、俺が追い掛けて差が詰まるかどうか。詰まったら投げられるし、それをGS(延長戦)などで時間をかけて削って詰めていき、最後に投げるという。生意気な言い方ですが、逃げ腰の選手が多い。そういう戦いをトップ選手がやっているから良くないんだろうな」「(東京五輪までは)強くなるためではなく、試合で勝つために、やりたくない作業もやっていた。変わっていくものを追い掛ける、ルールが変わるのを追い掛ける事ですね。それはすごい必要なことですが、柔道の良さとなったときに、本質ではないかなと」

試合で勝つことと、柔道家として強くなること。その2つがどんどん離れていく感覚を覚えたのが、東京までだったという。消極性などによる指導が多くなり、投げによる一本勝ちは少なくなる。その構図を「掛け算」にしたかったのが、全日本選手権だった。実際、90キロ級の前田とは互いに技を掛け合う展開になった、組み手争いにとん着するのではなく、望んだような打ち合いを見せた。30歳、日本柔道界の看板という意識もあるのだろう。この数年は、自身の戦い以外への関心、そして危機感が広がっている。「柔道を始めた子へのアプローチではなく、柔道を始めるようなことを考えないといけない」

続きを読む: 日刊スポーツ »

ペットボトルロケット高さ「世界新」 大樹で打ち上げ成功 東京の生徒ら:北海道新聞 どうしん電子版

【大樹】発達障害や引きこもりなどの若者が通うNPO法人翔和学園(東京)の生徒が2日、ギネス世界記録を目指し、手作りのペットボトルロケットを十勝管内大樹町の公園で打ち上げた。ロケットは高さ16メートル... 続きを読む >>

sono0203 柔道家としての大野選手をこれからも応援します‼️

宇多田ヒカル、15歳デビュー曲「First Love」の歌声「声老けてたのか…」に10万超「いいね」歌手の宇多田ヒカルが28日に自身のツイッターに投稿した、デビュー曲「First Love」の歌声についてのツイートが31日現在で10万を超える「いいね」を集めている。

ラグビー日本代表候補にW杯経験者の田村優、リーグワン新人賞の根塚洸雅ら34人日本ラグビー協会は31日、22年度の日本代表と共に、代表候補のNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)34人を発表。15、19年W杯日本代表のSO田村優(横浜)、今季リーグワンで新人賞を受賞

英語禁止令!?フランス政府が自国語のゲーム用語使用を推奨―「e-sports」は「jeu vidéo de compétition」に【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト英語禁止令!?フランス政府が自国語のゲームスラング使用を推奨―「e-sports」は「jeu vidéo de compétition」に

尾川堅一、挑戦者に「かかってきなさい」公式 計量3日前計量の“洗礼”にも泰然自若プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(帝拳)が5月31日(日本時間6月1日)、同級3位ジョゼフ・コーディナ(英国)との初防衛戦に向けて、カーディフ市内のUFCジムで約1時間半の練

ラグビー・リーグワン初代王者の埼玉、今夏に熊谷市で優勝パレード計画!暑い夏を更にアツく!ラグビー・リーグワン初代王者となった埼玉(旧パナソニック)のホストタウンである熊谷市が、今夏にも優勝パレードを実施する方向で調整していることが31日、分かった。市関係者によると、プロスポーツチームの

箱根駅伝13位から復活目指す早大の花田勝彦新監督が就任会見「指導者の理想像は瀬古さん。箱根駅伝だけではなく世界を意識する」今年の箱根駅伝で13位に終わり、3年ぶりにシード権(10位以内)を逃した早大は2日、東京・新宿区の早大大隈会館で、6月1日付けで就任した花田勝彦新監督(50)の会見を行った。名門復活を託された花田監

スポーツをこよなく愛する日刊スポーツの記者が、スポーツの醍醐味、勝負の厳しさ、時には心が和むようなエピソードなど、さまざまな話題を届けます。 2022年6月1日15時15分 柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う? 柔道男子、五輪2連覇の大野将平(30=旭化成)はいま、何を思うのか。東京五輪からの復帰戦となった4月の全日本選手権で、あえて無差別の戦いで表現したかった真意、減少する国内柔道人口への提言、現役続行を悩む心境まで。インタビューで語り尽くした。 2020年東京五輪 柔道男子73キロ級決勝 ラシャ・シャフダトゥアシビリ(後方)を破り、連覇を達成した大野将平(2021年7月26日) 「何ていうか、鬼ごっこなんですよ、僕にとって柔道は、いま」 「相手が逃げているのを、俺が追い掛けて差が詰まるかどうか。詰まったら投げられるし、それをGS(延長戦)などで時間をかけて削って詰めていき、最後に投げるという。生意気な言い方ですが、逃げ腰の選手が多い。そういう戦いをトップ選手がやっているから良くないんだろうな」 2020年東京五輪男子73キロ級決勝 ジョージアのシャフダトゥアシビリ(手前)を攻め込む大野(2021年7月26日) 強く美しい、その柔道は世界から羨望(せんぼう)を集める。ただ、決して本人が求めている柔道を体現できてはいなかったという。 「(東京五輪までは)強くなるためではなく、試合で勝つために、やりたくない作業もやっていた。変わっていくものを追い掛ける、ルールが変わるのを追い掛ける事ですね。それはすごい必要なことですが、柔道の良さとなったときに、本質ではないかなと」 では、本質とは? 「2つ組む(釣り手、引き手ともしっかり持つ)、投げるということですよね。互いに打ち合う。それが柔道ができてから、変わってないこと」。 試合で勝つことと、柔道家として強くなること。その2つがどんどん離れていく感覚を覚えたのが、東京までだったという。 ルールの範囲で、勝つために小手先の技術を追求してくる相手もいた。それを逃げ腰と感じることが多かった。その範囲にからめ捕られるように、鬼ごっこをしている自分もじくじたる部分があった。 「向こうが大野の良さを殺そう、じゃあ、もっとこっちも殺そうと。引き算と引き算になる。いまの柔道は削りあいで、互いのいいところが出ない。となると見ている人はつまらないですよ」 消極性などによる指導が多くなり、投げによる一本勝ちは少なくなる。その構図を「掛け算」にしたかったのが、全日本選手権だった。 柔道全日本選手権 1回戦で前田宗哉(右)に攻められる大野将平(2022年4月29日) 「正面衝突ですよね。『食ってかかれよ』と思ってて。それが本来の格闘技じゃないですか。勝ち負けを振り切って、俺が表現したいもの、やりたい柔道をやろうと」 実際、90キロ級の前田とは互いに技を掛け合う展開になった、組み手争いにとん着するのではなく、望んだような打ち合いを見せた。 「俺の柔道を見て『柔道がやりたくなった』とか、『何か人を投げてみたくなった』とか。そういう思いになってもらえばいい。いまの子どもたちには本質を見てもらいたかった。でも4分じゃ足りない。10分くらいやりたいなと思う。表現したいものを見せるには」 日の丸を背負い、勝利を重大使命にしていた連覇への畳とは、違う姿と感じてほしかった。 30歳、日本柔道界の看板という意識もあるのだろう。この数年は、自身の戦い以外への関心、そして危機感が広がっている。 「いまは職業も多種多様。全員がアスリートになりたいという感じではない。スポーツだけの子供の取り合いでもない。すると少子化までいってしまう。僕らが努力して何ができるのかなと考えますね」 柔道は急激な競技人口の減少にあえぐ。04年から21年までの17年間で、全日本柔道連盟の個人登録者数は20万2025人から12万2184人に減少した。特に小学生は4万7512人から2万5636人になった。日本連盟としても、昨年9月にブランディング戦略推進特別委員会を設置して、普及に重きを置くが、大野自身も考えを巡らす。 「柔道を始めた子へのアプローチではなく、柔道を始めるようなことを考えないといけない」 全日本選手権への出場も、投げ合う姿を見せる事で、柔道への関心を持ってほしいとの一心だった。いま、試合以外でのアプローチも具体的に浮かぶ。 「投げてみたくないですか、俺のこと?」 「逆に投げられるのもいいかな。宙を舞うとか、ないですよね。そういうの面白いかなと。それをやりたいんです」 現役中のいまにこだわる理由がある。 「やるべきことはいまかなと。情けないですよね、体が動かなくなった40歳過ぎで、子どもたちにも『誰?』と言われるのが。いまなんですよ。何をやるではなく、いま何かをやらないといけないんです」 知名度の消費期限に敏感に、焦燥感、使命感もある。 「今年は面白かったと思いますが、それでも(国際大会の)選考大会だったら、重量級はプレッシャーを感じて、勝ちにこだわる。だから全日本だけは別にしたほうがいいですし、時期もみなが比較的出場しやすい年末などに移した方が良い」 憧れられる柔道をみなが見せる場として、国際大会とは違う線引きをしても良いのではと指摘する。 柔道全日本選手権 1回戦で前田宗哉(右)に敗れた大野将平(2022年4月29日) 自身は3連覇がかかるパリ五輪については、言及していない。 「試合へのモチベーションはなかなかないです。試合に出るなら勝たないといけないとなる。本意じゃないものを取っ払ってやりたいですけど、それは不利。やるならルール把握もしないといけないし、新ルールを把握する気力がなかなかない。きついですね」 選手であるうちに表現したいもの、達成したいもの。選手であるからこそ、のしかかる苦悩。大野は揺れながら、今日も畳の上に立っている。【阿部健吾】(ニッカンスポーツ・コム/スポーツコラム「We Love Sports」) リオデジャネイロ五輪で金メダルの大野将平は日の丸に手を当てて君が代を聞く=16年8月8日 .宇多田は「『First Love』を聴くと声がすごくあどけなくて照れるんだけど、Netflixのドラマ用の新しいミックスの確認に行ったらエンジニアのスティーブンに「これ何歳の時?」って聞かれて『15歳』って答えたら『声が落ち着いてて大人っぽいからもっと全然後かと思った!』と意外な反応…声老けてたのか…」とつぶやいた。 この投稿には「First Loveは声だけじゃなくて歌詞も曲も全部15歳とは思えない曲だよ」「当時15才って知って聞いてたけど、その時はまだ自分よりお姉さんが歌ってるって感じだった。15才をとっくに過ぎた今、改めて「この歌を…15才で…?!」という衝撃が定期的にやってきます」「First Loveの歌詞の背伸びした感と大人びたボーカルが相まって、心が震えたものです」などのリプライが寄せられているほか、31日午後6時時点で5800を超えるリツイート、10万8000を超える「いいね」が集まる注目ぶりとなっている。 次のページに宇多田のツイート 「First Love」を聴くと声がすごくあどけなくて照れるんだけど、Netflixのドラマ用の新しいミックスの確認に行ったらエンジニアのスティーブンに「これ何歳の時?」って聞かれて「15歳🙈」って答えたら「声が落ち着いてて大人っぽいからもっと全然後かと思った!」と意外な反応…声老けてたのか…🫠 — 宇多田ヒカル (@utadahikaru).したWTB根塚洸雅(東京ベイ)らが名を連ねた。 他にも19年W杯日本代表のフランカー徳永祥尭(BL東京)、SH茂野海人(トヨタ)ら経験豊富な選手らもNDS。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「感覚を取り戻してほしい。プレッシャーを少し経験して、調子を取り戻してもらう。それが成功につながる」と話した。田村についても「忘れてはいけない選手。彼が良いパフォーマンスをすることを臨んでいます」と期待を込めた。NDSメンバーは、6月3日から大分・別府合宿に臨む。 ◆NDSメンバー.を確認すると「cloud gaming」は「jeu vidéo en nuage」に、「e-sports」は「jeu vidéo de compétition」に置き換えられるそうです。 ※UPDATE(2022/6/1 12:02):.