松下幸之助が説いたイノベーションの極意、「謙虚さ」が経営で何よりも大切な理由【入山章栄・動画】

2022/09/26 3:58:00

松下幸之助が説いた「イノベーションの極意」とは? 人気経営学者・入山章栄さんが『世界標準の経営理論』を基に 名著を紐解く解説動画シリーズ! 今回は松下幸之助『道をひらく』解説の第3弾。 レジェンド経営者が「謙虚さ」を説き続けた納得の理由とは? ↓動画で学ぶ

世界標準の経営理論, 経営学

松下幸之助 が説いた「 イノベーション の極意」とは? 人気 経営学 者・ 入山章栄 さんが『 世界標準の経営理論 』を基に 名著を紐解く解説動画シリーズ! 今回は 松下幸之助 道をひらく 』解説の第3弾。 レジェンド経営者が「謙虚さ」を説き続けた納得の理由とは? ↓動画で学ぶ

松下幸之助 の最強「 イノベーション 術」を徹底解説!人気 経営学 者の 入山章栄 氏が名著を 経営理論 で読み解く動画解説シリーズ。第69回は、 松下幸之助 道をひらく 』編の第3弾。知の探索・知の深化理論や企業行動理論を切り口に、レジェンド経営者がたどり着いた「 イノベーション を起こす極意」に迫ります。

2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。 世界の経営学では、複雑なビジネス・経営・組織のメカニズムを解き明かすために、「経営理論」が発展してきた。

その膨大な検証の蓄積から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」とでも言うべきものが、約30ある。まさに世界の最高レベルの経営学者の、英知の結集である。これは、その標準理論を解放し、可能なかぎり網羅・体系的に、そして圧倒的なわかりやすさでまとめた史上初の書籍である。

続きを読む:
ダイヤモンド・オンライン »

「本当はどこから来たの」 英王室関係者に再三聞かれた黒人活動家「暴力だと感じた」 - BBCニュース

故エリザベス女王の側近だった王室関係者が、バッキンガム宮殿の集まりに招かれたイギリス出身の黒人慈善活動家に対して「本当は」どこから来たのか繰り返し尋ねるなどしたことが明らかになり、謝罪するとともに王室での職を辞任した。当事者となったフラニ氏はBBCに対して、自分への再三の質問は「尋問」のようで、暴力だと感じたと話した。 続きを読む >>

松下幸之助が「会社は9割が運命で決まる」と語った理由、レジェンド経営の組織論【入山章栄・動画】 松下幸之助 が「運命」の大切さを説いた 経営学 的理由とは? 人気 経営学 者の 入山章栄 氏が名著を 経営理論 で読み解く動画解説シリーズ。第68回は、 松下幸之助 道をひらく 』編の第2弾。 組織エコロジー理論を切り口に、 松下幸之助 の経営哲学の本質に迫ります。

「謙虚」に生態系と向き合おう:AS A TOOL特集/(AUGMENTED)ECOSYSTEM変化する自然環境のなかで「生態系」と向き合うための術とは? 「拡張生態系」の研究にかかわり、生態系構築ユニットとして活動する科学者の片野晃輔は、「謙虚さ」や「リテラシー」をキーワードにサバイブのためのマインドセットを提示する。(雑誌『WIRED』日本版VOL.45から転載) これは「責任」の定義でもあると思う。 「責任」とは、ただ“結果”を負うことではなく、継続して引き受け続ける覚悟のこと。 そして「有能さ」とは、不完全でも、“区切り”をつける能力のこと。 (つまり、「有能」には2種類ある。 “不完全さ”に気づかないものと、気づいていて容認しうるものとが。)

【9/20開催】現代版武者修行“会社間留学”で社員の成長促す「Ⅴターンシップ」を徹底解説【無料セミナー】株式会社デジタルシフトウェーブのプレスリリース(2022年9月15日 09時13分) 9/20開催 現代版武者修行“会社間留学”で社員の成長促す[Vターンシップ]を徹底解説 無料セミナー

松下幸之助「レジェンド経営」の極意を4つの経営理論で徹底解剖【入山章栄・動画】 松下幸之助 のレジェンド経営は、4つの 経営理論 で説明できる。人気 経営学 者の 入山章栄 氏が名著を 経営理論 で読み解く動画解説シリーズ。第67回は、 松下幸之助 道をひらく 』編の第1弾。4つの 経営理論 から 松下幸之助 の経営哲学を解説します。

管理職は「非情」であれ!結果を出すリーダーの条件を徹底解説【冨山和彦・動画】IGPIグループ会長の冨山和彦さんが、「これからの時代の リーダー 論」を徹底解説。 リーダー が合理的であると同時に、“情の論理”にあつくあるべき理由とは?またビジョンやパーパスを語る リーダー が失敗する理由とは?結果を出す リーダー の「人と組織を動かす方法論」が学べます。

伝染により、何千年も犬の中に存在し続ける「がん」 今ではジャッカルやコヨーテにも感染する、移るがんの起源古代犬の時代から、伝染によって何千年もの長きにわたり犬の中で存続し続ける「がん」があります。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、今ではジャッカルやコヨーテなどの近縁動物にも感染する犬のがん「CTVT=可移植性性器腫瘍」に迫ります。

三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.「生態系」という全体を理解できない複雑なものと向き合うとき、「謙虚さ」を忘れてはいけない。専門的なものの見方をもったまま、専門家であることを忘れる。万能感を捨て、「この取り組みによって環境がよくなる」と安易に言わない。自分を知り、自分を応用し、他者と協働するための道具を探すなかで、「謙虚さ」をもつことは、変化する自然環境に適応していくうえで重要なマインドセットであるはずだ。 PROFILE Wild Scientist。1997年新潟県生まれ。高校卒業後、MITメディアラボ研究員に。帰国後は「拡張生態系」の研究に携わり、現在は「生命の連環を起こす」という思想を軸に研究活動、企業への助言や生態系構築ユニットとしての造園/空間設計など分野を問わず活動中。 ※片野晃輔が登壇するWIRED CONFERENCE 2022 「FUTURES/REALITIES」詳細は (WIRED JAPAN/Supervised by Kosuke Katano/Illustration by Naoki Shoji) →Back to Index ここで紹介するツールには、『WIRED』日本版が考える2020年代の思想とライフスタイルが凝縮されている。カテゴリーは4つ。一人ひとりが自律的に生きるための「ノマディクス/遊牧」、その先にオフグリッドを前提とした住まい方を標榜する「シェルター」、他者とのつながりを取り戻す「コミュニケーション」、そして、全球的なシステムにアクセスするための「ウィズダム/知恵」。あらゆる可能性をツールへと読み替える冒険へようこそ! 雑誌『WIRED』日本版Vol.日本オムニチャネル協会 会長 プロフィール 1987年富士通に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。96年ソフトバンクに移り、営業、新規事業企画に携わる。 99年ネット書籍販売会社、イー・ショッピング・ブックス(現セブンネットショッピング)を設立し、代表取締役社長就任。 2006年セブン&アイHLDGS.

D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。 2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。   世界の経営学では、複雑なビジネス・経営・組織のメカニズムを解き明かすために、「経営理論」が発展してきた。 その膨大な検証の蓄積から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」とでも言うべきものが、約30ある。まさに世界の最高レベルの経営学者の、英知の結集である。これは、その標準理論を解放し、可能なかぎり網羅・体系的に、そして圧倒的なわかりやすさでまとめた史上初の書籍である。 本書は、大学生・(社会人)大学院生などには、初めて完全に体系化された「経営理論の教科書」となり、研究者には自身の専門以外の知見を得る「ガイドブック」となり、そしてビジネスパーソンには、ご自身の思考を深め、解放させる「軸」となるだろう。正解のない時代にこそ必要な「思考の軸」を、本書で得てほしい。 .を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。 2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。   世界の経営学では、複雑なビジネス・経営・組織のメカニズムを解き明かすために、「経営理論」が発展してきた。 その膨大な検証の蓄積から、「ビジネスの真理に肉薄している可能性が高い」として生き残ってきた「標準理論」とでも言うべきものが、約30ある。まさに世界の最高レベルの経営学者の、英知の結集である。これは、その標準理論を解放し、可能なかぎり網羅・体系的に、そして圧倒的なわかりやすさでまとめた史上初の書籍である。 本書は、大学生・(社会人)大学院生などには、初めて完全に体系化された「経営理論の教科書」となり、研究者には自身の専門以外の知見を得る「ガイドブック」となり、そしてビジネスパーソンには、ご自身の思考を深め、解放させる「軸」となるだろう。正解のない時代にこそ必要な「思考の軸」を、本書で得てほしい。.