東大刺傷 現場近くの男性「門にもたれた男が連れて行かれた」近くでボヤも - 社会 : 日刊スポーツ

2022/01/15 5:13:00
東大刺傷 現場近くの男性「門にもたれた男が連れて行かれた」近くでボヤも - 社会 : 日刊スポーツ

東大刺傷 現場近くの男性「門にもたれた男が連れて行かれた」近くでボヤも #社会ニュース #東大 #刺傷 #共通テスト

社会ニュース, 東大

東大刺傷 現場近くの男性「門にもたれた男が連れて行かれた」近くでボヤも 社会ニュース 東大 刺傷 共通テスト

15日午前8時半ごろ、大学入試 共通テスト の会場の東大キャンパス近くで受験生2人が刃物のようなもので襲われた。東京消防庁によると、救急隊3隊が現場に出場。2人が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

関係者によると、警視庁が現場近くで少年を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。年齢は17歳とみられ、確認している。逮捕された少年も受験生の可能性がある。現場近くの商店の70代男性によると「1人は門の中の敷地内で倒れていた。もう1人は若い男で門の前にもたれかかって、無気力な感じで座っていた。警察に『どこから来たんだ』と聴かれていた」と語った。門にもたれかかっていた若い男はその後、警察官に連れていかれたという。この男性によると、現場近くで、ぼや騒動も発生しており、消防車が多数、集まっていたという。東京消防庁によると、午前8時半ごろ、東京メトロ南北線東大前駅から火災の通報があり、消防隊が出動。午前9時40分ごろ、鎮火した。関係者によると、火災は木片が燃えたという。

続きを読む: 日刊スポーツ »

大谷翔平にアクシデント 接触相手ゴンザレス「上に乗ってしまい、足を壊したかと一瞬考えたよ」 - MLB : 日刊スポーツ

エンゼルス大谷翔平投手(28)が、マリナーズ戦に「2番DH」で出場し、3回の第2打席前にアクシデントに見舞われた。1死二塁から1番ウォードが左前打を放ち、二走… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

コロナ宿泊療養者へ“駅弁作戦”小池都知事「食事は重要アイテム」週1実施 - 社会 : 日刊スポーツ東京都の小池百合子知事は14日、都庁で定例会見を行い、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」拡大による宿泊施設療養の協力を促す策の1つとして“駅弁作戦”… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

加工した缶コーヒーの中に覚醒剤「探せるなら探してみろ」容疑者自宅で発見 - 社会 : 日刊スポーツ覚醒剤を密売したとして、警視庁多摩中央署は14日までに、覚醒剤取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、東京都福生市の無職長谷川卓史容疑者(58)を逮捕した。署によ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【海部元首相悼む】ポロシャツ姿のスポーツ紙記者にご夫婦共に大きな優しさ - 社会 : 日刊スポーツ海部俊樹元首相が亡くなった。91歳だった。海部首相には自宅で取材させてもらったことがある。1989年(平元)の夏休み最中のことだった。当時、スポーツ新聞の社会… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

東京の新規感染者、20日時点で1日9500人超の試算 直近7日間平均 - 社会 : 日刊スポーツ東京都は13日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。専門家は、現在の増加ペースが続いた場合、直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数が20日時点… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

北新地ビル放火殺人事件 容疑者が「日本史上最悪事件」調べたスマホ履歴 - 社会 : 日刊スポーツ25人が犠牲となった大阪・北新地のビル放火殺人事件で、谷本盛雄容疑者(61)=昨年12月30日に死亡=のスマートフォンに「日本史上最悪の凶悪事件はどんな事件が… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

東京で新たに3124人が新型コロナ感染 3000人超は昨年9月2日以来 - 社会 : 日刊スポーツ

東京で新たに3124人が新型コロナ感染 3000人超は昨年9月2日以来 - 社会 : 日刊スポーツ東京都は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに3124人報告されたと発表した。3千人超となるのは昨年9月2日以来。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 今週は土曜日までグングン伸びるよ

東京消防庁によると、救急隊3隊が現場に出場。2人が病院に搬送された。他に70代の男性もけがをしており、搬送されたとの情報もある。搬送された2人は受験生とみられる。 関係者によると、警視庁が現場近くで少年を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。年齢は17歳とみられ、確認している。逮捕された少年も受験生の可能性がある。 現場近くの商店の70代男性によると「1人は門の中の敷地内で倒れていた。もう1人は若い男で門の前にもたれかかって、無気力な感じで座っていた。警察に『どこから来たんだ』と聴かれていた」と語った。門にもたれかかっていた若い男はその後、警察官に連れていかれたという。 この男性によると、現場近くで、ぼや騒動も発生しており、消防車が多数、集まっていたという。東京消防庁によると、午前8時半ごろ、東京メトロ南北線東大前駅から火災の通報があり、消防隊が出動。午前9時40分ごろ、鎮火した。関係者によると、火災は木片が燃えたという。 この日は大学入試共通テストの初日。東大では、試験は予定通り行われ、午前9時半の地理歴史公民の試験から始まった。 .コロナ宿泊療養者へ“駅弁作戦”小池都知事「食事は重要アイテム」週1実施 [2022年1月14日17時40分] 定例会見でオミクロン株についての考え方を述べる小池百合子都知事(撮影・鎌田直秀) 東京都の小池百合子知事は14日、都庁で定例会見を行い、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」拡大による宿泊施設療養の協力を促す策の1つとして“駅弁作戦”を明らかにした。「宿泊療養施設における食事の充実」をテーマに、「牛肉どまん中」(山形)、「鯛めし」(神奈川)、「炭火焼き牛たん弁当」(宮城)、「深川めし」(東京)などの有名駅弁1000食をJR東日本の協力を得て用意。小池氏は「食事は重要なアイテム。日常と違う、単調になりがきな宿泊療養に、少しでも彩りを添える工夫をしていこうということで特色ある食事を提供したい」。今後は日本航空(JAL)の機内食メニューや、なだ万(東京)などの高級料亭仕出し弁当なども追加される予定。今月16日から、週1回程度で実施する。 都は病床使用率20%で「まん延防止等重点措置」、同50%で「緊急事態宣言」を国に要請する意向。無症状や軽症者に入院ではなく宿泊療養を推進することで医療体制逼迫(ひっぱく)改善につなげられるほか、自宅療養希望者を宿泊療養に誘導することで家庭内感染を防げる狙いもある。小池氏は「感染は止める、社会活動は止めない。大谷(翔平)の二刀流ではありませんけれども、2つともかなえるのは大変なことではありますけれど、強敵オミクロンに対して打ちかっていきたい」と呼び掛けた。【鎌田直秀】 社会最新ニュース.[2022年1月14日18時13分] 覚醒剤を密売したとして、警視庁多摩中央署は14日までに、覚醒剤取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで、東京都福生市の無職長谷川卓史容疑者(58)を逮捕した。署によると長谷川容疑者は容疑を一部否認している。 署によると、自宅アパートの捜索の際、長谷川容疑者は「探せるなら探してみろ」と話していたという。約1時間後、冷蔵庫からフタは未開封だが底が開くよう細工された缶コーヒーの缶が見つかった。筒状のプラスチック製ボトルを仕込み、中に覚醒剤を隠して周りを石こうで固定していた。コーヒーが入っていると見せ掛けるため、缶の中には液体も入っていた。細工を見破った警察官は缶を持った際、重心が不自然なことに気づいたという。容疑者宅からは計8・5グラム(50万円相当)の覚醒剤が見つかった。 逮捕容疑は21年11月24日、長谷川容疑者の自宅で男(43)に営利目的で覚醒剤0・314グラムを1万円で譲り渡した疑い。【沢田直人】 社会最新ニュース.海部首相には自宅で取材させてもらったことがある。1989年(平元)の夏休み最中のことだった。当時、スポーツ新聞の社会面はできたばかりで、事件ものは山口組と一和会の抗争をはじめとして積極的に取材した。 問題は政治だ。プロレスラーだったアントニオ猪木氏(78)が7月の参議院選挙で初当選して、普段からプロレスに紙面を割いていた日刊スポーツには大いに協力してもらった。だが、それ以外の取材では苦労していた。 宇野宗佑元首相が女性問題で退陣することになり、後継選びが始まった。海部さんが候補に挙がったが、難航した。最後は当時“金竹小(こんちくしょう)”といわれた竹下派・経世会の金丸信会長、竹下登元総理、小沢一郎自民党幹事長が話し合って、海部首班で行くことが決まった。 それが8月4日の夜のことだった。そして、翌朝に東京・三番町の自宅前で会見に応じるという。夏休みで伊豆の友人の実家に遊びに行っていたのだが、翌朝早くに車で出発して駆けつけて取材した。そんな訳で、埼玉の実家に戻って着替えている時間がなく、白いポロシャツ姿で海部さんの後ろに陣取って、テレビの生中継インタビューに聞き耳を立てた。 その後に、幸世夫人に台所で料理をしているところを取材させてもらった。幸世夫人がサラダを混ぜているところを写真に撮らせてもらった。ご夫婦共に、スポーツ新聞が政治を取材することに大きな理解を示していただいた。長男の正樹さんがTBSにいて、芸能番組を担当していたのも後押ししてくれたと思う。その後、翌90年の衆院選からはスポーツ紙が政治を取材するのが普通になり、今に至る。 まだ、ネットのない時代。スポーツ紙が変革を迎えていた時代、総理就任直前という節目に優しく迎えて協力してくれた。ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。【小谷野俊哉】 社会最新ニュース.