東京都19日の新型コロナ新規感染303人 前週比108.6%、重症者46人

  • 📰 Newsweek_JAPAN
  • ⏱ Reading Time:
  • 22 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 12%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

東京都は19日303人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。 7日間移動平均では前週比1.086%と増加。前週比が100%以上となるのは9日連続。 緊急事態宣言 感染第3波 新型コロナウイルス 変異株 感染症対策 ワクチン 感染者数 医療

新規陽性者数がリバウンドするなか、自宅療養者は586人(前日550人)、入院・療養等調整中は421人(前日476人)となってる。また、PCR検査などでの陽性率は7日間移動平均値をもとに算出した3月17日の数値で3.5%となっている。こうしたなか、政府は18日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、首都圏1都3県の緊急事態宣言を21日いっぱいで解除することを決めた。夕方の対策本部で菅義偉首相が正式に表明した。菅首相は「飲食を通じた感染防止や変異株の監視体制を強化する」との考えも示し、感染再拡大に万全を期すと強調した。

また菅義偉首相と西村康稔経済再生相は衆参両院の議院運営委員会で、緊急事態宣言を21日で解除する方針について説明した。西村再生相は、解除後も感染再拡大などで必要となれば、地域を局所的に限定する形で時短要請を行う「『まん延防止措置』などを機動的に活用したい」と述べた。 一方、東京都では18日新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、21日で緊急事態宣言が解除されることを受けて今後の対応を検討。変異株による感染拡大を防ぐため、これまでPCR検査の10%を対象としていた変異株の検査を4月上旬には25%に引き上げ、その後40%にまで増やすことを目指すという。 また、都民に対する不要不急の外出自粛と飲食店に対する営業時間の短縮を3月末まで続けることを決めた。飲食点の営業時間は午後9時まで、酒類の提供は午後8時までとし、緊急事態宣言が延長された今月8日から全面的に応じた場合、1日当たり4万円、合計すると124万円の協力金を店舗ごとに支給する。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 131. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

東京都5日のコロナ新規感染249人、前週比109.6% 重症者46人【速報】東京都5日の新型コロナ新規感染249人、前週比109.6% 重症者46人 緊急事態宣言 リバウンド 新型コロナウイルス 変異株 感染症対策 ワクチン 東京
ソース: Newsweek_JAPAN - 🏆 131. / 51 続きを読む »