Jfa, Daihyo, バブル方式, 日本代表, 東京五輪, 【岡崎悠利】

Jfa, Daihyo

東京五輪の予行ケース サッカー日本代表の「バブル方式」は成功したのか - 日本代表 : 日刊スポーツ

東京五輪の予行ケース サッカー日本代表の「バブル方式」は成功したのか #jfa #daihyo #バブル方式

2021/06/17 1:30:00

東京五輪 の予行ケース サッカー 日本代表 の「 バブル方式 」は成功したのか jfa daihyo バブル方式

日刊スポーツのサッカー担当記者が掘り下げる「Nikkaneye」は、 日本代表 、U-24(24歳以下) 日本代表 、女子 日本代表 の3チームが集中活動した時間を振り返… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

<Nikkan eye 担当記者がサッカーを掘り下げる>日刊スポーツのサッカー担当記者が掘り下げる「Nikkan eye」は、日本代表、U-24(24歳以下)日本代表、女子日本代表の3チームが集中活動した時間を振り返る。5月27日に行われた日本代表のW杯アジア2次予選ミャンマー戦(フクアリ)を皮切りに18日間で9試合。コロナ禍で、各チームを一般社会から隔離する「バブル方式」を実施。徹底した感染対策を講じたが完全に防ぐことはできなかった。開幕が迫る東京五輪に向けたテストケースとしても、リスクが浮き彫りになった。

大島優子&林遣都、事務所を通じ結婚を正式発表 共演をきっかけに交際 - ライブドアニュース 腹筋をしている人のピクトグラム?JAのシンボルマークが話題 - ライブドアニュース タマホームが社内向け動画を釈明 文春の報道には「誤った印象を与える」 - ライブドアニュース

◇ ◇ ◇セルビア代表監督として来日した「ピクシー」ことストイコビッチ監督は11日の試合後、こう話した。「すぐ家に帰りたい」。バブルのストレスを言葉にした。「ホテルから全然外出できないのは、異常な状態だった」。厳しい防疫措置だった。検査も厳重。入国までの72時間以内に陰性証明、さらに入国後から3日目まで陰性でなければ試合出場は不可とされた。想定外のことも起きた。ジャマイカ代表の複数選手に陰性証明書類の不備が指摘され、入国が遅れて日本代表戦が中止に追い込まれた。結果的に日本代表とU-24日本代表の兄弟対決が実現し注目を集めるも、オーバーエージ組が出場しないなどガチンコ対決とはならず。急な決定で、五輪代表の準備が間に合わないのは当然のことだった。

そして最も痛手だったのはバブル内にあったタジキスタン代表からコロナ陽性者が出たこと。3日に来日し、9日の検査で陽性者が出た。日本代表の森保監督が「ほぼ閉じこもる生活。選手はかなりストレスがあった」と明かすほどの制限下でも、リスクは拭い切れないことが示された。キルギス代表もコロナに襲われた。入国初日の検査で1人が陽性となり、来日した39人のうち19人が濃厚接触者と指定された。うち5人が選手で試合にエントリーできなくなり、GK全3人が入っていた。日本で集中開催したW杯アジア2次予選では7日のモンゴル戦でDF選手がGKを務め、0-1で敗戦。11日のミャンマー戦ではFWの選手がゴールマウスに立った。本来の力を出せなくなったのは明白だった。またU-24ガーナ代表でも入国の際に陽性者が出ている。約40時間のフライトをともにした来日メンバーは、機内の席を離していたなどのチームの説明を理由に濃厚接触者には認定されなかった。 headtopics.com

スポーツ界のコロナ対策では、野球とともに先頭を走ってきたサッカー界。それでも、陽性者は出た。東京五輪の規模は、今回の比ではない。同じようなことが、選手村で起きる可能性は決して低くないのではと考えざるを得ない。そうしたリスクの中で開催された9試合のうち、強化として実りある時間はどれほどあったか。日本代表がW杯アジア最終予選への進出を着実に決めたのが収穫。一方で、その後は15日のキルギス戦も含めて格下との消化試合に終始し、唯一の格上であったセルビアはベストメンバーを招集していなかった。U-24日本代表も五輪に出場するチームとの試合は実現できず。女子は気温33度のデーゲームをウクライナと行い、ジンチェンコ監督から「技術の差がありすぎる」「この暑さの時間帯でやるのは理解できない」と、力関係も環境も不適切だと不満をぶつけられた。

今回の活動は代表チームの強化を第一の目的としつつ、コロナ禍でも万全の対策を講じれば安全な開催が可能であることを示す場でもあった。2つの目的がともにどこまで果たされたのか、疑問は残る。【岡崎悠利】 続きを読む: 日刊スポーツ »

照ノ富士の横綱昇進正式決定 令和初 横綱誕生は4年半ぶり | NHKニュース

【NHK】日本相撲協会は21日、都内で臨時の理事会を開き、大相撲名古屋場所で好成績を挙げた大関・照ノ富士の横綱昇進を正式に決め、第…

日本-キルギス/W杯2次予選速報します - 日本代表 : 日刊スポーツ森保一監督率いるFIFAランク28位の 日本代表 が、W杯アジア2次予選で同99位キルギスと対戦する。試合開始は午後7時25分予定。ニッカンスポーツコムで速報しま… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 【試合開始】日本-キルギス/W杯2次予選速報中 jfa daihyo SAMURAIBLUE

初先発オナイウ阿道、衝撃のハットトリック 森保ジャパン待望の新兵器 - 日本代表 : 日刊スポーツ 日本代表 FWオナイウ阿道(25=横浜)が、初先発で初得点を含む衝撃のハットトリックを飾った。日本(FIFAランキング28位)は5-1でキルギス(同99位)に完… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

サイドハーフ左は長谷川と遠藤、右は籾木と木下 塩越FWも/なでしこ考察 - 日本代表 : 日刊スポーツなでしこジャパンは10日のウクライナ戦、13日のメキシコ戦と、 東京五輪 メンバー選考を兼ねた2試合を終えた。日刊スポーツ独自の視点から五輪メンバーを予想し、「な… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

フィギュア本郷理華が現役引退「次の道に進み、頑張っていこうと」 - フィギュア : 日刊スポーツフィギュアスケート女子の4大陸選手権で2度の銅メダル実績がある本郷理華(24=中京大)が16日、ツイッターで現役引退を報告した。「この度私事ではございますが、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

笹生優花、憧れマキロイに興奮 初対面でハグ「すごく親切で紳士的」 - 米国女子ゴルフ : 日刊スポーツ女子ゴルフのメジャー、全米女子オープンを史上最年少で制した笹生優花(19=ICTSI)が15日(日本時間16日)、男子メジャーの全米オープン(17日開幕)を前… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

社会人野球日本選手権組み合わせ決まる 6月29日開幕 - アマ野球 : 日刊スポーツ29日に開幕する第46回社会人野球日本選手権大会に出場する32チームの組み合わせが決まった。決勝は7月14日、京セラドーム大阪。 - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)