有吉弘行「奥さんが気丈に。最後まで笑ってた。いい葬式だった」ラジオで上島竜兵さん葬儀語る - おくやみ : 日刊スポーツ

2022/05/15 23:27:00

有吉弘行「奥さんが気丈に。最後まで笑ってた。いい葬式だった」ラジオで上島竜兵さん葬儀語る #有吉弘行 #上島竜兵さん

有吉弘行, 上島竜兵さん

有吉弘行 「奥さんが気丈に。最後まで笑ってた。いい葬式だった」ラジオで 上島竜兵さん 葬儀語る 有吉弘行 上島竜兵さん

11日に61歳で急死したダチョウ倶楽部、 上島竜兵さん が率いた「竜兵会」一員の 有吉弘行 (47)が15日、JFN系ラジオ「 有吉弘行 のSUNDAYNIGHTDREA… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

[2022年5月16日5時0分]11日に61歳で急死したダチョウ倶楽部、上島竜兵さんが率いた「竜兵会」一員の有吉弘行(47)が15日、JFN系ラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜午後8時)に出演、「ありがとうしかなかった」と上島さんへ感謝を述べた。有吉は冒頭から「まいったね、しかし。驚いたね」と切り出すと、何度も声を詰まらせながら、上島さんと2人だけで対面できたことを明かした。「亡くなった日の夕方、特別に2人きりにさせてもらった。お礼の言葉しか出なかった。ツッコんでやろうかなとか、ちゃかしてやろうかなと思ってたけど、お礼しかなかった。本当にありがとうございました」と話した。

「通夜も葬儀も火葬場まで、家族扱いしてもらって、参加させてもらった」とした。12年前に父を亡くしている有吉は「2回目のおやじ死んじゃった芸人」とさびしそうに語った。葬儀の様子について、有吉は「奥さんの(広川)ひかるさんが気丈に喪主のあいさつをしていた。最後まで笑ってた。いい葬式だった。ひかるさん、肥後(克広)さん、(寺門)ジモンさんが一番つらいだろうけど、みんなに声かけて、笑えるようにしてくれてありがたかった」と話した。家族葬だったが「『俺も家族だ』っていっぱい来るんだよね。泣いてたけど、ありがとうばっかりだった。よくありがとうって言う人だったけど、みんなから感謝されていた」と話した。

続きを読む:
日刊スポーツ »

サッカーが禁止された世界でサッカーを取り戻すべく戦うオープンワールドRPG『Soccer Story』発売開始。パズルや釣りも楽しみながら、サメや忍者、年金受給者たちとサッカーバトルでしのぎを削る

パブリッシャーのNo More Robotsは、本日11月30日にオープンワールドピクセルRPG『Soccer Story』を発売した。 続きを読む >>

松村邦洋「竜さんはいつも笑っているんですよね」上島竜兵さんのモノマネ交えエピソード明かす - おくやみ : 日刊スポーツタレント松村邦洋が15日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)に出演し、11日未明に61歳で亡くなったダチョウ倶楽部の 上島竜兵さん についてコ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) いつも笑っていても、人間心のどこかで悩みや何かを抱えている。 それを表に出さずにいつもお茶の間を笑わせてくれていた。 真面目な人だからこそ気をつけてほしい。

勝俣州和「この人かっこいいなって」 忘れられない上島竜兵さんの「熱湯風呂」エピソード語る - おくやみ : 日刊スポーツタレント勝俣州和が15日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)に出演し、11日未明に61歳で亡くなったダチョウ倶楽部の 上島竜兵さん についてコ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ビートたけし「本当に悔しいというか…身につまされて」上島竜兵さん思いさみしそうに語る - おくやみ : 日刊スポーツ61歳で亡くなったお笑いトリオ、ダチョウ倶楽部の 上島竜兵さん について、ビートたけし(75)が15日、テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」(日曜正午)で「… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

上島竜兵さん、有吉弘行から贈られた時計毎日枕元に置いていた 誕生日にお返しも計画 - おくやみ : 日刊スポーツ11日に61歳で亡くなったダチョウ倶楽部、 上島竜兵さん が率いた「竜兵会」一員だった 有吉弘行 (47)が15日、ラジオ番組で上島さんに言及した。上島さんが亡くなっ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 有吉「お通夜の時みんなが気を遣って上島さんと2人きりにしてくれてさ、2人になった時もお礼しか言えなかった。ツッコんでやろうかとか茶化してやろうかとか、馬鹿だな〜なんて言おうと思ったけど、お礼しか出てこなかったね」 これ聞いて号泣した

和田アキ子、上島竜兵さん死去に「10年近く会っていないと思う」お酒の席での思い出ポツリと - おくやみ : 日刊スポーツ和田アキ子(72)が14日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜午後11時)に出演し、11日に61… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

伊東四朗も上島さん旅立ちにショック、吉田照美は結婚式で司会「もったいない」 - おくやみ : 日刊スポーツタレントの伊東四朗(84)が14日、ラジオ番組に出演。11日未明に亡くなったダチョウ倶楽部の 上島竜兵さん の突然の旅立ちに悲しみのコメントを寄せた。伊東はこの日… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

有吉弘行「奥さんが気丈に。最後まで笑ってた。いい葬式だった」ラジオで上島竜兵さん葬儀語る [2022年5月16日5時0分] 11日に61歳で急死したダチョウ倶楽部、上島竜兵さんが率いた「竜兵会」一員の有吉弘行(47)が15日、JFN系ラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜午後8時)に出演、「ありがとうしかなかった」と上島さんへ感謝を述べた。 有吉は冒頭から「まいったね、しかし。驚いたね」と切り出すと、何度も声を詰まらせながら、上島さんと2人だけで対面できたことを明かした。「亡くなった日の夕方、特別に2人きりにさせてもらった。お礼の言葉しか出なかった。ツッコんでやろうかなとか、ちゃかしてやろうかなと思ってたけど、お礼しかなかった。本当にありがとうございました」と話した。 「通夜も葬儀も火葬場まで、家族扱いしてもらって、参加させてもらった」とした。12年前に父を亡くしている有吉は「2回目のおやじ死んじゃった芸人」とさびしそうに語った。 葬儀の様子について、有吉は「奥さんの(広川)ひかるさんが気丈に喪主のあいさつをしていた。最後まで笑ってた。いい葬式だった。ひかるさん、肥後(克広)さん、(寺門)ジモンさんが一番つらいだろうけど、みんなに声かけて、笑えるようにしてくれてありがたかった」と話した。家族葬だったが「『俺も家族だ』っていっぱい来るんだよね。泣いてたけど、ありがとうばっかりだった。よくありがとうって言う人だったけど、みんなから感謝されていた」と話した。 上島さんの還暦祝いに贈った時計が、形見として飾ってあったそう。上島さんは時計のお礼として、有吉と一緒に酒を飲めるようにグラスを贈ることを計画していたと聞き、有吉は「損したな。欲しかったなあ。くれないんだもん」。 「元気出たつもりだったけど、まだちょっと早いね」と言い番組を進行した有吉は、上島さんの好きな中島みゆきの「ホームにて」などで追悼した。 最後は「さみしいですけど、古典落語になるくらいネタはあります。まだまだ感謝を伝えきれない。上島さんを忘れずお話ししていく」と締めた。 局への出入りの際は、報道陣への対応はなかった。 .タレント松村邦洋が15日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)に出演し、11日未明に61歳で亡くなったダチョウ倶楽部の上島竜兵さんについてコメントした。 所属事務所の後輩でもある松村は「33年お世話になっていますけど、直属の上司ということで、最後のごあいさつだけはさせていただきましたけど」。 続けて「若いときから特に上島さんは面倒みていただいて。当時(上島さんは)千葉に通ってらっしゃったんでね。家が千葉だったので、遅くまで飲んでいて、朝方お仕事の時は、僕が住んでいた(東京の)四谷の社宅に来ていただいたんですよ。『朝6時に起こせよ』って言われていたんですけど、ぼくいつも9時ごろ起こしちゃってですね。時計を6時にもどして『6時です、6時です。急ぎましょう。早く急げば』って言ったら『ずいぶんとお前太陽照っているじゃないか』『6時だっていっているでしょ』って言って電車に乗せたことありますね」とエピソードを明かした。 松村は、上島さんではなく、寺門ジモンから怒られたといい「竜さんはいつも笑っているんですよね。『あ、いいぞ、松村、あまり気にするなよ。な。松村気にするなよ』って温かい」とモノマネを交えて振り返った。 ◆主な相談窓口 ナビダイヤル=0570・783・556(午前10時~午後10時) フリーダイヤル=0120・783・556(午後4時~同9時。毎月10日は午前8時~11日午前8時) ・日本いのちの電話連盟 https://www.勝俣州和「この人かっこいいなって」 忘れられない上島竜兵さんの「熱湯風呂」エピソード語る [2022年5月15日13時23分] タレント勝俣州和が15日、TBS系「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)に出演し、11日未明に61歳で亡くなったダチョウ倶楽部の上島竜兵さんについてコメントした。 勝俣は、若手時代によくダチョウ倶楽部と共演したといい、トリオのネタ「熱湯風呂」についてのエピソードを語った。 「いつも『熱湯風呂』やるときにチェックに行くんですよ。お風呂に角があるとけがをするから、フォローしてくれとか。あるとき、スタッフの人がわけわからなくて、本当の熱湯を入れていたんです。人が入れないほどの、沸騰するほどの。これは入れないし、ダチョウさんだけじゃなくて、ゲストの人も入るから、お湯をかえてくれって言ったら、スタッフの人が『熱湯って言われたから熱湯用意したんですよ』って言ったら、珍しく竜兵さんが怒って『ばかやろう、このお湯がぬるかろうが、熱湯に見せるのが俺たちのプロなんだ』って。おれ、それ見たときに、この人かっこいいなって思いましたね」と懐かしんだ。 ◆主な相談窓口 ナビダイヤル=0570・783・556(午前10時~午後10時) フリーダイヤル=0120・783・556(午後4時~同9時。毎月10日は午前8時~11日午前8時) ・日本いのちの電話連盟 https://www.61歳で亡くなったお笑いトリオ、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんについて、ビートたけし(75)が15日、テレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」(日曜正午)で「悔しいです」と語った。 たけしは「40年以上前から(たけし)軍団といろいろ仕事をやって、熱湯風呂とかああいうの全部、我々が作ったネタだったけど、あいつらが有名になって、いまだにお礼に来る」と、上島さんらの律義さを語った。 さらに「軍団にも言ってあるんだけど、芸人というのはくだらない商売だから、いくらひどい目に遭っても笑ってくたばるのを待つ、と。のたれ死にが芸人の理想なんだからといつも言ってきた。本当に悔しいというか…。身につまされて、大変だったんだろうなと思うけど、ちょっと悔しいです」と話した。 上島さんについて、東国原英夫氏は「改革派だった。同じリアクション芸の中でも」、大竹まことは「バカやってくれるんで、ホントに貴重なんだよね」と振り返った。 たけしは「『どうでもいいよ人生なんか』と思って俺なんか芸人になったんだけど…。ダメだよね、そういうことしちゃ」と、さみしそうに語った。 たけしは公式サイトで11日に「上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」とのコメントを発表している。 ◆主な相談窓口 ナビダイヤル=0570・783・556(午前10時~午後10時) フリーダイヤル=0120・783・556(午後4時~同9時。毎月10日は午前8時~11日午前8時) ・日本いのちの電話連盟 https://www.