明石商, 中森俊介, 高校野球, 西本聖, 熱投野球論, 西本聖, 明石商, 奥川恭伸, 中森俊介

明石商, 中森俊介

明石商・中森がNO・1 監督の采配も◎/西本聖 - 熱投野球論 - 野球コラム : 日刊スポーツ

明石商・中森がNO・1 監督の采配も◎/西本聖 #明石商 #中森俊介 #高校野球 #西本聖

2019/08/19 11:01:00

明石商 ・中森がNO・1 監督の采配も◎/ 西本聖 明石商 中森俊介 高校野球 西本聖

夏の甲子園大会は準々決勝が終了。準決勝、決勝を残すだけとなった。野球評論家の 西本聖 氏にここまで印象に残った投手などを聞いた。-ズバリ、印象に残っ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

-奥川投手と比べてどうか西本氏 奥川くんももちろん良いが中森くんの方が体全体のキレがあると感じた。奥川くんはどちらかといえば上半身の強さを感じるが中森くんは体全体の強さ、キレが素晴らしい。下半身の力をうまく上半身に伝えているなと。体がぶれないから狙ったところに投げることができる。-今年の甲子園を見て感じたことは。まずは投手全般に関して西本氏 コントロールの良い投手が少なかったなあと感じる。150キロのスピードを追い求めることは悪いことではないが、ストライクを取ることをもっと求めて欲しいなと。120キロ台のボールでもコントロールさえあれば抑えられる。四球が減れば守備のリズムも良くなり失策も減る。それといろんなボールを投げる投手が増えた。チェンジアップやフォークボールなど器用になったなあと。これは良いことだが忘れて欲しくないのがやはりコントロール。制球力があれば連打されることがない。必ず結果が出せる。ほとんどが四球を出してはストライク欲しさにボールを置きにいって打たれるというパターン。野球は投手を含めた守りが7~8割。選手も指導者もコントロールの大事さをもっと考えて欲しい。

免許証を更新した米テネシー州の女性 顔写真ではなく椅子の画像が使われる - ライブドアニュース 周庭氏 日本語で動画を配信し謝意 「引き続き香港に注目を」 | NHKニュース LiSA 3年5か月ぶりオリジナルアルバム「紅蓮華」…初収録 劇場版「鬼滅の刃」主題歌「炎」も同時リリース - ライブドアニュース

-投手の起用については西本氏 変わってきていると思う。2番手、3番手を先発で使ってエースを温存しながら戦うチームが増えてきている。エースに無理をさせないで戦っていく。時代とともに野球が変わってきていると感じる。-投手以外では西本氏 内野手の守備位置が深い。だからかもしれないがスローイングエラーが多い。ミスで負けるケースも多い。選手にも悔いが残るしチームにも迷惑がかかる。すごく残念。それとボールが良く飛ぶ。-監督の采配について西本氏 明石商の、元気の良いおっちゃん、狭間監督。スクイズ、エンドラン、代走を使って三盗を決めたりと勝負師だと感じる。プロの監督でさえ、ここぞという場面で勝負を避ける監督もいるが、一発勝負の高校野球ではなかなかできないこと。選手との信頼関係があってできることだと思うし、選手の能力をしっかり把握しているからこそできる采配。何かを仕掛けないと何も起こらない。ありえないことをやることで何かが起こる。動けば失敗もあるが成功もある。それを勇気を持ってやる。見習うところがあるのかなと思う。

明石商対八戸学院光星 8回裏八戸学院光星2死一.三塁、一塁走者の大江を盗塁死にしてピンチを脱し、ガッツポーズで中森(手前)らを出迎える狭間監督(撮影・白石智彦) 続きを読む: 日刊スポーツ »

巨人「1点」への執念は阪神と大きな差/中西清起 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神と巨人から感じられたのは、「1点をとる」という執念の差だった。スコアだけをみれば追い上げたようにみえるが、実際は両ベンチの試合の動かし方に大… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

貧打阪神に「あかんわ~」東京Dで大山なぜ打てない - 虎だ虎だ虎になれ! - 野球コラム : 日刊スポーツこれが東京ドームなんやなあ…と思ってしまう試合だった。1回、坂本勇人が放った先制本塁打。8回に飛び出した北條史也、福留孝介の連続本塁打。この日、飛び出した3本… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

強さ=常に変化 筒香が雀鬼桜井章一本から得た確信 - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ<DeNA-広島>◇17日◇横浜DeNA筒香嘉智外野手(27)が、通算200号本塁打を達成した。17日の広島20回戦(横浜)の2回1死一塁、右翼… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

おしゃべり屋・阪神高橋遥人の受け答えは投球と真逆 - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ最近、阪神高橋遥人投手の取材がちょっと楽しみだったりする。150キロ前後の強い直球を武器に、侍ジャパンの稲葉監督も注目する先発左腕。本人にそんな意図はないのだ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 落ち着いたマウンドさばきやのに初々しいヒーローインタビューにギャップ萌えです😊

阪神来季は東京Dで20戦、苦手意識なしも対策必須 - 虎だ虎だ虎になれ! - 野球コラム : 日刊スポーツ4番に代打だ。それも助っ人の代わりに助っ人である。理由もどこかが痛いだとか、でも大丈夫だとか、なんだかよく分からない。悔しい3連敗にオチがついた形だ。東京ドー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 苦手意識より、来年のためにどう戦力を補強するかだろう。巨人と戦力の差がありすぎる。特に打線は悲惨。フロントとファームの改革は必須! タイガースは2人の外国人野手が 280.30本打てば優勝できると思ってます 来シーズンの外国人野手に注目 バース、フィルダーみたいな選手が見つかるといいですよね

関東第一・大久保は聖地で楽しさ再認識 大学でも… - 野球手帳 - 野球コラム : 日刊スポーツ甲子園に出たことが、人生を変えるかも知れない。準々決勝で敗れた関東第一の大久保翔太外野手(3年)は「まだ頭は真っ白ですが、野球を続けたいなと思ってます」と打ち… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)