早出練習の常連DeNA宮崎&三嶋、試合前からの念入りな調整が活躍支える - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ

  • 📰 nikkansports
  • ⏱ Reading Time:
  • 52 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 24%
  • Publisher: 63%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

【プロ野球番記者コラム】早出練習の常連DeNA宮崎&三嶋、試合前からの念入りな調整が活躍支える baystars

プロ野球担当記者の特権の1つは、練習が見られるということだ。キャンプ中でもない限り、練習のテレビ中継はない。子どものころは「ホームとビジターの練習の順番を入れ替えたらいいのに」と思っていた。大人になった今なら、フリー打撃が2カ所でできなくなる(通常ホームは2カ所、ビジターは1カ所=開門後は危険防止のため)、移動ゲーム(移動後、即試合)に無理が生じる、などの理由があると納得している。

本拠地では、チームの練習開始時間より前に、個人的に練習している選手もいる。DeNAの場合、野手なら宮崎敏郎内野手、神里和毅外野手らが早出ティー打撃の常連。捕手や控え選手が特打をすることも多い。投手は三嶋一輝が、早くからグラウンドを走っている姿が目につく。裏で筋力トレーニングをしている選手がいるかもしれないが、見えないので、そこは不明だ。 外国人選手は、早出練習をほぼやらない。これは文化の違いだ。やろうとやるまいと、試合で結果を出せばいい。ただ、毎日、早くから練習している選手を見ると、結果を出してほしいなと思うし、もし結果が出なくても、どこか仕方ないと思える。これが正直な気持ちだ。だから、なるべくツイッターなどで、選手が練習しているところを紹介したいと思っている。

宮崎は大和に次いで、年長から2番目の32歳だ。毎日早くから練習して、さらに全試合出場で疲れないのだろうか。「特には(疲れていない)。毎日同じ体じゃないです。体と相談しながら、チェックしながら、形を決めてます」。何をチェックしているのか聞くと「教えられません」。3安打3打点と活躍した7日の阪神戦前も、ティー打撃の後に、バックネット裏のガラスに自分のスイングを映して、入念に素振りをしていた。 守護神の三嶋はこの試合、点差が6点に開いたため、出番がなくなった。だが、点差が詰まっていたら、きっと9回に登場したはずだ。試合終了の9時間前、外野に誰もいないような時間からダッシュを繰り返していた。1人で集中するため、ビジターチームがまだ誰も来ない、三塁側のブルペンで体幹トレーニングをしていた。31歳の誕生日。サプライズで練習中にケーキで祝福されたが、輪が解けると、またもフェンス際を走っていた。ちなみに、三浦大輔監督(47)もこの日、早出で遠投やキャッチボールを行っていた。その後、宮崎のティー打撃に寄り添っていた。どんな話をしていたのか。「世間話をしていただけ。僕は打撃の技術的なことは分からないから」。番長監督は、いろいろな場所で、時間で、投手とも野手とも裏方さんとも会話をかわしている。試合後、宮崎が言った。「(結果が)いい時も悪い時も、ずっとベンチの雰囲気はいいです」。練習から、雰囲気づくりは始まっている。コロナ禍で、記者が選手や首脳陣と言葉をかわす機会が極端に限られている。だから、練習を見て、あれこれ考えるのは面白い。【DeNA担当...

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 18. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

サヨナラの「悪夢」振り払う好投 頼もしきソフトバンク岩崎の強気メンタル - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ<ソフトバンク5-5楽天>◇5日◇ペイペイドーム最後は柳田のバットが空を切ってサヨナラ勝ちはできなかったが、ソフトバンクにとっては大きな引き分けだった。楽天の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

ソフトバンク「バントの意識」は徹底されているのか - プロ野球番記者コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ<ソフトバンク0-2西武>◇8日◇ペイペイドームホークスのサヨナラ勝ちを信じたスタンドからは遠慮がちな? ため息が漏れた。毎年恒例となった「タカガールデー」の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

【和田一浩】巨人岡本和真4番証明する1発「見せ球」予測で打つ“予感” - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツこれぞ4番という巨人岡本和真内野手(24)の仕事だった。1点ビハインドの9回1死一、二塁から逆転サヨナラ本塁打。今季はここまで、打率も得点圏打率も2割5分以下… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

【里崎智也】阪神佐藤輝明に追い風、前日特大弾で厳しい内角攻め減少か - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ阪神佐藤輝明内野手(22)が2安打2打点と活躍。日刊スポーツ評論家の里崎智也氏(44)は、前日に放った特大10号本塁打が自身を助ける1発になったと指摘した。 … - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »

【宮本慎也】7回裏“流れ”を変えた巨人 走らなければいけなかった1球 - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ終盤の逆転劇でヤクルトが巨人を下した。日刊スポーツ評論家の宮本慎也氏(50)は、7回の巨人の攻撃を潮目と指摘した。 ◇ ◇ ◇試合には“流れ”があ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 巨人? 読売目線は止めませんか? ヤクルトがチーム一丸で勝った試合です。 守ってる野手からしたらこれを防げたからいける!ってなる。滅茶苦茶腹落ちします。
ソース: nikkansports - 🏆 18. / 63 続きを読む »