日経平均、一時3万円割れ 下げ幅600円超

日経平均、一時3万円割れ 下げ幅500円超

2021/09/21 3:03:00

日経平均、一時3万円割れ 下げ幅500円超

21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反落して始まった。一時3万円を割り込み、前週末比の下げ幅は600円を超えた。下げ幅は、終値ベースで6月21日(953円)以来の大きさ。中国の不動産大手、中国恒大集団の資金繰り懸念から投資家のリスク回避姿勢が広まり、売りが膨らんでいる。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

【詳しくわかる】昭和の戦後まもない頃の衆院選はこうだった | NHK政治マガジン

詳しくわかる シリーズ「投票に行こう!衆院選」今回は、戦後まもないころの衆議院選挙を振り返ります。「日本の民主化が果たしてできるか、できないか、新しい日本の運命を決する日」終戦の翌年。昭和21年4月の戦後最初の衆院選のニュース映像です。GHQが...

いよいよ来るかな…なんか最近の株価の動向変な気がするんだよね。

日経平均、中国恒大リスクが逆風(先読み株式相場)3連休明け21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落か。中国の不動産大手、中国恒大集団の資金繰り不安から20日の世界の主要株価指数が下落した。リスク回避の動きが強まり、日本株も下落するだろう。今週は米連邦準備理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表も控える。様子見の雰囲気が広がりやすいなか、買いを入れづらく、日経平均は一時3万円を割り込む公算が大きい。20日の米株式市場で