日経平均反発、終値528円高の2万8455円

日経平均反発、終値528円高の2万8455円

2021/12/07 9:16:00

日経平均反発、終値528円高の2万8455円

7日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に反発し、前日比528円23銭(1.89%)高の2万8455円60銭で終えた。上げ幅は11月1日(754円39銭)以来、およそ1カ月ぶりの大きさだった。前日の米株式相場が上昇した流れを受け、投資家が運用リスクを取りやすくなった。新型

前日の米株式相場が上昇した流れを受け、投資家が運用リスクを取りやすくなった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への過度な警戒がいったん和らぎ、景気敏感株を中心に幅広い銘柄に見直し買いが入った。最近の下落局面で売り持ち高を増やしていた投資家の買い戻しの動きも広がり、上げ幅は690円を超える場面があった。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

動画【NHK】北京オリンピック・パラリンピック2022

【NHK】北京五輪・パラ|オリンピック・パラリンピックの最新ニュース。日本代表選手の意気込みなどさまざまな動画をまとめてお伝えします。 続きを読む >>

日経平均反発、上げ幅一時200円超 米株高が追い風7日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発して始まり、前日に比べ60円ほど高い2万7900円台後半で推移している。前日の米株式市場で主要3指数が上昇し、投資家が運用リスクを取りやすくなった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への過度な警戒感がいったん和らいだことで幅広い銘柄に見直し買いが入っている。日経平均の上げ幅は200円を超える場面があった。前日の米株式市場では主要指数が上

日経平均反発、午前終値354円高の2万8282円7日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比354円64銭(1.27%)高の2万8282円01銭で終えた。上げ幅は一時400円を超えた。前日の米株式相場が上昇し、投資家が運用リスクを取りやすくなった。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」への過度な警戒感がいったん後退し、空運や鉄鋼など景気敏感株を中心に幅広い銘柄で買いが優勢となった。市場では「テクニカル指標面からも日本株は売られす