日米豪印「クアッド」首脳会談、ウクライナ戦争や中国への懸念に言及 - BBCニュース

2022/05/24 16:02:00

BBCニュース - 日米豪印「クアッド」首脳会談、ウクライナ戦争や中国への懸念に言及

BBCニュース - 日米豪印「クアッド」首脳会談、ウクライナ戦争や中国への懸念に言及

日本、アメリカ、オーストラリア、インドの「クアッド」は24日、東京で首脳会談を行った。共同声明では、新型ウイルスやウクライナでの戦争で世界が揺らぐ中、「自由で開かれたインド太平洋への揺るがないコミットメント」をあらためて表明した。

また、ロシアがウクライナで穀物の輸出を妨げ、世界的な食糧危機が悪化している状況を受け、ウクライナでの戦争は「世界のあらゆる地域に影響を及ぼすだろう」と述べた。その上で、アメリカは同盟国と協力して世界的な対応を主導すると約束。世界の国際秩序と主権を、「どこで侵害されたかにかかわらず」守り、インド太平洋地域における「強力かつ永続的なパートナー」であり続けるという決意をあらためて表明した。岸田首相は会談後、「インドも参加する形で」クアッド4カ国が法の支配や主権、領土の一体性の重要性について合意したと説明。「力による一方的な現状変更」を許してはならないと述べた。

インドはクアッドの中で唯一、ロシアの侵攻を直接的に非難することを拒否している。では、インド太平洋地域での新たな海洋状況把握イニシアティブを発表したほか、次の5年間に、500億ドル(6兆3700億円)以上のインフラ支援及び投資を行うと述べた。また、気候変動やサイバーセキュリティーへの取り組み、重要・新興技術の促進、4カ国によるフェローシップ制度の創設、宇宙開発支援なども盛り込まれた。クアッドとは? なぜ中国を懸念?「クアッド」(Quad)は、「Quadrilateral Security Dialogue(4カ国安全保障対話)」の略。2004年のスマトラ島沖大地震で津波が発生したことを受け、協力して人道・災害支援を行ったことがきっかけで始まった。その後、有名無実化していたが、2017年後半に復活した。

続きを読む: BBC News Japan »

<音風景>H5系、時速320キロで通過「ゴー」「ガー」「シャー」(東北新幹線新花巻駅):北海道新聞 どうしん電子版

通過列車の接近を知らせるアナウンスが流れると、北海道新幹線「H5系」の姿が見えてきた。東北新幹線新花巻駅(岩手県花巻市)のホーム。新函館北斗発東京行きの車両は、「キーン」「コー」と近づいてきて、「ゴ... 続きを読む >>

バイデンが本気で世界のリーダーやる気なら中国乗り込んで行けば良かったんだけどな。けど実際は米国製品(軍事、非軍事問わず)が売れたらいいだけの単なるセールスマンなのだからそうは行かんよな。 世界中の人々が、軍事政権の支援や軍事行動をする中国・ロシアからの、購入・輸入を止め、軍事力増強に歯止めをかけることが大事。 身の回りの購入品をしっかりと見定めて。 活舌悪い爺さん。

【速報】日米豪印「クアッド」首脳会合はじまる 対ロシア・中国で結束確認へ日本・アメリカ・オーストラリア・インドの4カ国の枠組み「クアッド」の首脳会合が24日、首相官邸で始まった。会合では、ウクライナへの侵攻を続けるロシアや海洋進出を強める中国に対する結束を確認する見通しだ。「クアッド(QUAD)」は、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、これまでワクチン、インフラ、気候変動、重要・新興技術など幅広い分野で協力を進めてきた。24日、首相官邸で始まった首脳会合には、岸田首相、アメリカのバイデン大統領、オーストラリアのアルバニージー新首相、インドのモディ首相が出席…

【ライブ】クアッド首脳会合を受けて岸田首相会見岸田首相会見をライブ配信します。日本、アメリカ、インド、オーストラリアの4か国による枠組み(=クアッド)の首脳会合が行われました。岸田首相は、議長国としての記者会見に臨み、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、安全保障や経済など幅広い分野での連携を表明する見通しです。クアッド 岸田総理 日テレ​​ ...

クアッドとは? 日米豪印が非軍事分野中心に協力(写真=AP)【ワシントン=中村亮】日本と米国、オーストラリア、インドは24日、東京で「Quad(クアッド)」の首脳会議を開く。対中国を念頭に置き、新型コロナウイルス対策や供給網の安定、インフラ整備といった非軍事分野で協力を進める。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応で足並みをそろえられるかどうかが焦点だ。・日米豪印の「クアッド」とは?・ロシア批判を控えるインドの事情は?・クアッド拡大の可能性は?(1) 日米豪印の「クアッド」とは?

クアッドとは? 日米豪とインド、足並みそろうか【ワシントン=中村亮】日本と米国、オーストラリア、インドは24日、東京で「Quad(クアッド)」の首脳会議を開く。対中国を念頭に置き、新型コロナウイルス対策や供給網の安定、インフラ整備といった非軍事分野で協力を進める。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの対応で足並みをそろえられるかどうかが焦点だ。・日米豪印の「クアッド」とは?・ロシア批判を控えるインドの事情は?・クアッド拡大の可能性は? ロシアはとりあえず保留して中国包囲網を作ることが大切やな。 諸悪の根源は中国やで!

KC-30A VIP機 羽田飛来へ、オーストラリア次期首相 クアッド出席で | FlyTeam ニュースオーストラリアでの総選挙を受け、次期首相に就任する予定のアンソニー・アルバニージー労働党党首が、東京で開催される日米豪印首脳会談「クアッド」出席のため、来日します。オーストラリア空軍が運航するエアバス...

サミットの冒頭でバイデン氏は、今回の会談のテーマは「民主主義対独裁主義であり、我々は成果を出さなければならない」と話した。 また、ロシアがウクライナで穀物の輸出を妨げ、世界的な食糧危機が悪化している状況を受け、ウクライナでの戦争は「世界のあらゆる地域に影響を及ぼすだろう」と述べた。 その上で、アメリカは同盟国と協力して世界的な対応を主導すると約束。世界の国際秩序と主権を、「どこで侵害されたかにかかわらず」守り、インド太平洋地域における「強力かつ永続的なパートナー」であり続けるという決意をあらためて表明した。 岸田首相は会談後、「インドも参加する形で」クアッド4カ国が法の支配や主権、領土の一体性の重要性について合意したと説明。「力による一方的な現状変更」を許してはならないと述べた。 インドはクアッドの中で唯一、ロシアの侵攻を直接的に非難することを拒否している。 では、インド太平洋地域での新たな海洋状況把握イニシアティブを発表したほか、次の5年間に、500億ドル(6兆3700億円)以上のインフラ支援及び投資を行うと述べた。 また、気候変動やサイバーセキュリティーへの取り組み、重要・新興技術の促進、4カ国によるフェローシップ制度の創設、宇宙開発支援なども盛り込まれた。 クアッドとは? なぜ中国を懸念? 「クアッド」(Quad)は、「Quadrilateral Security Dialogue(4カ国安全保障対話)」の略。2004年のスマトラ島沖大地震で津波が発生したことを受け、協力して人道・災害支援を行ったことがきっかけで始まった。その後、有名無実化していたが、2017年後半に復活した。 画像提供, .日本・アメリカ・オーストラリア・インドの4カ国の枠組み「クアッド」の首脳会合が24日、首相官邸で始まった。会合では、ウクライナへの侵攻を続けるロシアや海洋進出を強める中国に対する結束を確認する見通しだ。 日米豪印「クアッド」首脳会合が始まった(午前10時半ごろ 首相官邸) 「クアッド(QUAD)」は、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、これまでワクチン、インフラ、気候変動、重要・新興技術など幅広い分野で協力を進めてきた。 24日、首相官邸で始まった首脳会合には、岸田首相、アメリカのバイデン大統領、オーストラリアのアルバニージー新首相、インドのモディ首相が出席。 会合では、ウクライナへの侵攻をめぐりロシアと関係の近いインドが足並みをそろえられるか、海洋進出を強める中国に対して連携をより強化できるかが焦点となっていて、共同声明では、中国を念頭に「秩序への挑戦」に対抗する方針を盛り込むことを検討している。 日本としては、ロシアがウクライナに対して行っている「力による一方的な現状変更」を、インド太平洋地域で許してはならないことを示したい考え。また、深刻化する北朝鮮の新型コロナについても、人道上の対応を議論する予定だ。..クアッドは英語で「4つの」を意味する。創設のきっかけは2004年のスマトラ沖地震と津波被害で日米豪印が国際社会の支援を主導したことだ。06年に安倍晋三首相が4カ国の戦略対話を訴え、安倍氏が12年に首相へ返り咲いて構想が再浮上した。21年3月に初めての首脳会議をオンラインで開き、9月にワシントンで対面形式でも実施した。 日本政府は「クアッドは基本的価値を共有し、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序の強化に取り組んでいく」と説明する。4カ国とも中国の武力による国境変更や強権主義の台頭に懸念を示してきた。中国を過度に刺激しないためクアッドの協力は中国への対抗を意図しているとは明示していない。 協力の具体例は新型コロナワクチンの提供だ。21年3月の首脳会議ではインド国内で10億回分のワクチン製造体制を整えると決めた。ワクチン供給を軸にアジアで影響力を拡大しようとした中国に対抗する狙いがあったのは明白だ。 バイデン政権がクアッドを重視するのは、アジアの多国間外交で成果を早く出したいからだ。東南アジア諸国連合(ASEAN)は加盟国内で民主化の度合いや経済発展の格差が大きく、まとまりに欠く。東アジア首脳会議やアジア太平洋経済協力会議(APEC)は中国やロシアが入り、具体的な合意が得にくい。 (2) ロシア批判を控えるインドの事情は? クアッドの特徴は等距離外交を展開してきたインドが加わっている点だ。約14億人の人口を抱え、世界最大の民主主義国と位置づけられている。アジアの安全保障や経済成長のカギを握り、米国家安全保障会議(NSC)のカート・キャンベル・インド太平洋調整官は「誰が米政権を担ってもインドとの関係を築く必要がある」とみる。 24日の首脳会議ではインドとその他3国の足並みがそろうかも注目される。ロシアによるウクライナ侵攻はクアッドの理念に反するが、インドはロシア批判を控える。武器調達でロシアへの依存度が高く、ロシアとの関係を崩せないからだ。ロシア産原油の輸入を増やしているとみられる。 インドはロシアの地対空ミサイルS400の調達も進める。調達は米国の制裁対象に該当する公算が大きく、インドはバイデン政権が制裁の適用除外を認めるかどうかを注視する。米議会関係者は「適用除外は政治的に実行可能ではない」と指摘し、米政界でインドに対する不満が広がっていることをうかがわせる。 (3) クアッド拡大の可能性は? 韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は中長期的にクアッドとの協力に前向きだ。21日に発表した米韓首脳共同声明に「バイデン大統領はクアッドに対する尹政権の関心を歓迎する」と明記した。先端技術や気候変動対策での連携を念頭に置く。ただ、韓国のクアッドとの協力に中国が反発する可能性があり、韓国国内にも協力には慎重論がある。 クアッドは協力対象について軍事分野を重視しておらず、海洋監視などにとどめている。軍事分野の協力に慎重なインドに配慮している。米国はアジアでの軍事協力について日米や米韓、米フィリピンなどの2国間に加え、米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」を軸に据えている。 一方、中国はクアッドについて「アジア版の北大西洋条約機構(NATO)」と批判している。中国は米国主導の対中国包囲網の構築に警戒を強めている。.