日本自動車工業会がソニーGのEV本格参入を歓迎 | ブルームバーグ

【日本自動車工業会がソニーGのEV本格参入を歓迎】 EVへの新規参入は消費者の選択肢拡大に繋がる #東洋経済オンライン

東洋経済オンライン, ブルームバーグ

2022/01/27 20:02:00

【日本自動車工業会がソニーGのEV本格参入を歓迎】 EVへの新規参入は消費者の選択肢拡大に繋がる 東洋経済オンライン

日本自動車工業会の三部敏宏副会長(ホンダ社長)は27日、EV(電気自動車)の市場投入の本格検討を表明したソニーグループなどの異業種からの新規参入は自動車業界の活性化や消費者の選択肢拡大につながるとして「歓…

三部副会長は同日のオンライン記者会見で、米国・欧州・中国などでは既に多くの新規参入があり、EVへの本格参入を表明した「ソニーもその中の1つと捉えている」と述べた。その上で、異業種からの参入増加により、「お互いに切磋琢磨することができて、これまで以上にお客様に喜んでもらえる商品やサービスが生まれ、選択肢が広がる」と続けた。ソニーG、EV市場投入を本格検討-今春にソニーモビリティ設立 (1)会見に同席していた自工会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)も、EV本格参入を受けソニーGが「自工会にも入られるのかなと思って、お待ちしております」と語った。

また、豊田会長は岸田文雄政権が掲げる「成長と分配の好循環」の趣旨には「自動車業界全体で賛同している」と語った。その一方で、「分配イコール賃上げ」との議論には否定的な考えを示した。岸田首相、賃上げ「攻めの姿勢で」と財界に要請-局面転換に弾み (1)

続きを読む: 東洋経済オンライン »

3.11大震災シリーズ「さらば、じじい部隊 老いてなお…原発のまちで」

福島県大熊町で、 福島第一原発の事故後、役場OBなど6人で結成された「じじい部隊」。全町避難で無人となった町を守り続けてきました。 続きを読む >>

新規参入で選択肢が増えるのは大歓迎 ただ、ソニーはすぐ壊れるイメージが強いから怖いけどね

中国当局、恒大の分割を検討=ブルームバーグ ブルームバーグ は27日、関係者の話として、中国当局が不動産開発大手、中国恒大集団の分割を検討していると報じた。 HELP! I have been disfigured by terrorists, including many visionaries! These terrorists continue to abuse me physically and mentally, want to kill me! I want to leave Poland for Greate Britain/Japan as soon as possible, please! Send me an Interpol, please!

アメリカの大手金融機関「報酬大幅増」への苛立ち | ブルームバーグ過去1年余りにわたり、米国の賃金を巡る議論では平等主義的ストーリーが優勢だった。低所得勤労者の賃上げ幅が最も大きく、比較的待遇の良い社員らは後れを取るというものだ。しかし主要米銀が先週発表した四半期決…

2021年の中国政府の歳出は約20年ぶり小幅な伸び | ブルームバーグ中国の政府支出は昨年、約20年ぶりの小幅な伸びにとどまった。最近数カ月で勢いを失った国内経済への財政支援が限定された可能性を示唆している。財政省の許宏才次官は25日の記者会見で、2021年の一般財政支出が前年…

パウエル議長、急ピッチ利上げの可能性の扉開く | ブルームバーグパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は26日、3月の利上げ開始への支持を示唆するとともに、従来の予想よりも頻繁かつ大幅な利上げの可能性に扉を開き、約40年ぶりの高水準にあるインフレ抑制のため金融当局が必…

北京五輪、米選手団もチャーター機で北京入り | ブルームバーグチャーター機は、ロックスターや王族が利用するぜいたくな移動手段である場合が多い。しかし、2月4日開幕の北京冬季五輪に出場する3000人前後のスキー、スケート、スノーボード、ボブスレーの選手の多くは、特別に手配さ…

日本のワクチン3回目接種が先進国で最も遅い訳 | ブルームバーグ ブルームバーグ が集計したデータによると、日本国内で3回目の新型コロナウイルスワクチン接種を済ませたのは人口の2.1%で、先進国の中で最も低い水準となった。足元ではオミクロン変異株が急拡大しており、1日の新規… 1回めのワクチン接種が半年遅れではじまったわけだし、そもそもオミクロンに対してはワクチン不要なのでは🌸

日本自動車工業会の三部敏宏副会長(ホンダ社長)は27日、EV(電気自動車)の市場投入の本格検討を表明したソニーグループなどの異業種からの新規参入は自動車業界の活性化や消費者の選択肢拡大につながるとして「歓迎したい」と述べた。 三部副会長は同日のオンライン記者会見で、米国・欧州・中国などでは既に多くの新規参入があり、EVへの本格参入を表明した「ソニーもその中の1つと捉えている」と述べた。その上で、異業種からの参入増加により、「お互いに切磋琢磨することができて、これまで以上にお客様に喜んでもらえる商品やサービスが生まれ、選択肢が広がる」と続けた。 ソニーG、EV市場投入を本格検討-今春にソニーモビリティ設立 (1) 会見に同席していた自工会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)も、EV本格参入を受けソニーGが「自工会にも入られるのかなと思って、お待ちしております」と語った。 また、豊田会長は岸田文雄政権が掲げる「成長と分配の好循環」の趣旨には「自動車業界全体で賛同している」と語った。その一方で、「分配イコール賃上げ」との議論には否定的な考えを示した。 岸田首相、賃上げ「攻めの姿勢で」と財界に要請-局面転換に弾み (1) 自動車業界は多額の税金や株主還元などを通じて幅広いステークホルダーに還元をしてきたとし、「これをさらに広げていくためにはそのパイを増やしていくこと、つまり成長が必要」と訴えた。