日本発の宇宙旅行、ようやく法整備へ一歩

  • 📰 nikkei
  • ⏱ Reading Time:
  • 9 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 7%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

政府が宇宙政策の方針に、高度100キロメートルまで飛んで地球に戻る「有人サブオービタル飛行」や「宇宙港」の環境整備を初めて明記。日本でも宇宙旅行の法整備が本格化します。

宇宙旅行のための法整備が日本でも本格化しそうだ。政府の宇宙政策の方針に初めて、発着場となる「宇宙港」の整備などが盛り込まれた。現在は宇宙旅行の安全管理などに関する法律がなく実現が難しいのが実情だ。米国などが先行する中、観光を含めた「宇宙立国」を目指すためにも、安全性の確保と関連事業者の誘致を両立するルールづくりが求められる。.

宇宙旅行のための法整備が日本でも本格化しそうだ。政府の宇宙政策の方針に初めて、発着場となる「宇宙港」の整備などが盛り込まれた。現在は宇宙旅行の安全管理などに関する法律がなく実現が難しいのが実情だ。米国などが先行する中、観光を含めた「宇宙立国」を目指すためにも、安全性の確保と関連事業者の誘致を両立するルールづくりが求められる。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

やっとか

先見の明がある大分空港。

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 135. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し