日本人が基盤築いた台湾パイナップル ケーキ輸入で支援を

日本人が基盤築いた台湾パイナップル ケーキ輸入で支援を

2021/06/24 9:20:00

日本人が基盤築いた台湾パイナップル ケーキ輸入で支援を

中国による禁輸措置のため窮地に陥った台湾のパイナップル産業を支援しようとする取り組みが広まる日本。日本人が台湾のパイナップル産業を築いた歴史もある。その伝統の製…

「総督府の評価が今も誇り」1895(明治28)年、日本は日清戦争の講和条約(下関条約)で台湾を領有。大阪市出身で台湾に渡り、食品雑貨業を営んでいた岡村庄太郎は研究を重ね、1902年に台湾で初めてパイナップル缶詰工場を開設した。岡村の成功により30年代にかけて現地で缶詰産業が活況を呈するように。台湾総督府も工場の統合を進め、パイナップル産業を支援した。10年代にはハワイやマレー(現マレーシア)などから新品種「スムースカイエン」を導入し、20数年間の試験栽培を重ね、大規模に栽培が始まったのは30年代の終わりという。

「ベビースターラーメン」がついにカップ麺に チキンと玉ねぎの旨みに香辛料をプラス - ライブドアニュース DA PUMP「USA」米国競泳男子金メダル獲得後BGMでトレンド入り - ライブドアニュース 有村昆と丸岡いずみが離婚 - Yahoo!ニュース

「曾祖父、祖父が総督府によるパイナップルの品評会で1等を受賞したのは誇り」19世紀からパイナップル栽培を続ける台湾企業「緣親旺梨小鎮」を経営する藍優盡さん(58)は、当時の賞状の写真を商品パンフレットに載せる。ひとつひとつ手で作業その後、台湾のパイナップル産業は59年代後半~70年代にパイナップル缶詰の輸出が最盛期を迎えたが、80年代からはフィリピンなど東南アジア産との価格競争に敗れ、海外市場を急速に失った。このため台湾では、缶詰にとどまらないパイナップルの多様な商品展開を図ってきた経緯がある。パイナップルゼリーをクッキー地で包んだパイナップルケーキもその一つ。戦前から地元のお菓子として親しまれてきたが、近年、台湾政府は特産品としてパイナップルケーキの生産を大々的に支援してきた。

パイナップルのカットは「機械で行うと果肉が崩れて味も変わってしまう」と、一つ一つ手作業。ゼリーはとろ火で10数時間かけて炊く。クッキー生地は地鶏の卵とバター、小麦粉を使用し、添加物は一切入れていないという。「パイナップルの酸味と甘さのバランスが取れているでしょう」大阪府泉南市の中山友恵さん(38)は「以前住んだ台湾の魅力を日本人に知ってもらいたい」とこの商品の日本での販売を計画。今月29日までインターネットによるクラウドファンディングで資金を募っている。 続きを読む: 産経ニュース »

「ここで死ぬと思った」 警官が涙ながらに証言、1月6日米議会襲撃 - BBCニュース

今年1月6日に起きた米連邦議会襲撃事件を調査する下院特別委員会に出席した議会警察のアクイリノ・ゴネル巡査部長は、涙ながらに、「自分はここでこうやって死ぬんだと思った」と証言した。

Sankei_OHC 台湾カステラの次はこれが流行るのか。 サニーヒルのパイナップルケーキ😋🍴💕 記事には「通年」とある台湾パイナップル、店頭で見たら優先的に買うようにしてる。美味いしね。 昔は新東陽のパイナップルケーキをよく食べたな。お茶とか、飲み物(水分)がないと、むせるんだよな。 サニーヒルズのパイナップルケーキみたいなタイプかな?あれは食べた時は衝撃的だったな。あれの胡桃入りとか良さそう。 くるみとクランベリー入りのパイナップルケーキ🤤食べたい。