日本ソフト、13年ぶり連覇 しびれる頂上決戦、制す

東京五輪日本ソフトボール代表が27日、米国を下し優勝した。

2021/07/27 18:46:00

日本ソフト、13年ぶり連覇 しびれる頂上決戦、制す 優勝が決まると、笑顔で集まってきたナインが人さし指を天に掲げた。横浜の空を舞った宇津木監督は「感謝しかない」と声を上ずらせた。

東京五輪日本ソフトボール代表が27日、米国を下し優勝した。

均衡が破れたのは四回だった。2死一、三塁で渥美が泥臭く二塁内野安打を放ち先制。五回には2死二塁から藤田の右前打で追加点を挙げた。投げては先発上野が気迫の投球で無失点を続け、六回途中、「緊迫したところで出番が回ってくると分かっていた」という20歳の後藤にスイッチ。バックの好守に幸運も手伝ってピンチをしのぐと、最終回は上野が再びマウンドに立ち、三者凡退で締めた。攻守とも先手を打ち続け、つかんだ栄冠だった。米国とは長く世界一を争ってきた。2000年以降、7度の世界選手権はすべて決勝で対戦し日本の2勝5敗。五輪は00年シドニーで敗れ、08年北京では初の金メダルに輝いた。互いに手の内を知るからこそ常に好ゲームとなり、勝ったときの喜びも倍増する。

横綱の白鵬が現役引退へ 親方を通じ日本相撲協会に引退届を提出 - ライブドアニュース ポケモン公式ベビーブランド「モンポケ」21年冬に“ピカチュウ&イーブイになれる”パーカー発売 - Peachy - ライブドアニュース 深田恭子、活動再開後初の公の場「適応障害」で一時休養 - ライブドアニュース

五輪連覇のインパクトは大きい。「皆さんの期待に応えられて本当に良かった」と話した上野の目には涙があった。24年パリ五輪では実施されないことが決まっているソフトボールだが、しびれるような頂上決戦は、その魅力を日本中に再確認させたに違いない。(森本利優) 続きを読む: 産経ニュース »

子どもを乗せた電動アシスト自転車 転倒をどう防ぐ? - みんなでプラス - NHK

買い物や子どもの送迎に便利な電動アシスト自転車。ところが、「1ミリ革命」プロジェクトで「自転車事故」をテーマにご意見を募集したところ、電動アシスト自転車について「転倒しそうで怖い」「転倒して子どもに...

宇津木監督は日本の4番時代から怖い顔してるなぁって印象だった。 こんなに穏やかな優しい顔になるとは驚きました。 宇津木監督も宇津木元監督も 本当におめでとうございます。 kitamuraharuo おめでとう🎉😉❤️ gzgVREcu28SOZiP やっぱり本当なんですね。次はソフトボールみれないんですね。複雑… kitamuraharuo これ、多くのちびっこに生で見せたかったなぁ。 Fast with the New Pentecostal Church 1x week Christ's work is to work miracles by using you to anoint with oil and break bread and satisfy hungry orphans and widows If you stop fasting Christ stops working here we need to buy the temple donate Nubank pix30576180300 or prayer amen