新車すべてCO2ゼロ 「灰色のEV」克服、総力戦

新車すべてCO2ゼロ 「灰色のEV」克服、総力戦

2021/03/02 19:12:00

新車すべてCO2ゼロ 「灰色のEV」克服、総力戦

「月400ドル(約4万2000円)もの通行料などが大きく減った」。ノルウェーの大手水産会社で働くマーティン・ストレビョさんはガソリン車から乗り換えたテスラの電気自動車(EV)「モデル3」に満足する。「デザインがいいし、航続距離も500キロで安心して運転できる」。往復20キロの通勤で乗るが夏なら充電は週1回で済む。ノルウェーは2025年までに二酸化炭素(CO2)を排出しないEVや燃料電池車(FC

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

フィリップ殿下が生まれたのはダイニングテーブルの上? 今はロンドンに - BBCニュース

9日に亡くなった英王室のエディンバラ公フィリップ殿下について、ギリシャ・コルフ島のダイニングテーブルの上で生まれたという事実はあまり知られていない。

だと思った 真に地球の一員として生きる難しさを突き付けられる 時空論的な考え方に基けば EVの電源は、 現時点に着目したとき、存在しなくとも 電源は「時空上に存在する」。 よって、 EVへの移行政策と並行して 時空上に、 電源を確保するプランと実施を遂行すべき。 『EV電源は、時空上に存在する』。 EVの電源なんか、存在しない。 脱炭素には、宇宙太陽光発電で、電磁波で送電です。走行中の車にも、電磁波で送電すれば、蓄電池は不要になります。 いまあなたが一生懸命働いているすぐ近くの個人飲食店の中で、時短協力金を申請して、2か月354万・1年で613万円もらっている協力金バブルという最高の状況を楽しんでいる人がいっぱいいます。 毎日テレビでは飲食大変のマスコミ偏向報道、いや違いますね、、東京都内で言えば個人飲食店ほとんどバブル

なぜ今の文化を捨てて脱炭素社会を目指すのか? CO2ゼロの先に起きる事を 誰も予測しないばら色の楽観論こそ危ない いつからEVの製造(素材、部品含む)と発電・配電のために発生するCO2がゼロになったんですか?