新宿の喧騒を外れた場所に建つお屋敷建築「小笠原伯爵邸」:東京ケンチク物語 vol.29 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | COLUMN

今回の目的地は、100年近い歴史をもつ大邸宅。 隅々まで美しい空間に耳を澄ませると、 ここで紡がれたいくつもの物語が

2022/01/14 17:00:00

明日どこ行く? 【「小笠原伯爵邸」:東京ケンチク物語 vol.29】 新宿の喧騒を外れた辺り、若松河田の駅からすぐの場所に建つお屋敷建築。身を置くと現実が遠ざかり、時間がゆっくりと流れ始めるこの場所を散歩の目的地リストにしてみてはいかが?

今回の目的地は、100年近い歴史をもつ大邸宅。 隅々まで美しい空間に耳を澄ませると、 ここで紡がれたいくつもの物語が

小鳥のさえずりが聞こえる、オリーブの巨木が植わった庭。凝ったステンドグラスをはめ込んだ窓越しの光が、彩り豊かな影を落とすラウンジの窓辺。踏めばきしりきしりと微かな音を立てる、飴色のフローリング……。身を置くと現実が遠ざかり、時間がゆっくりと流れ始める。「小笠原伯爵邸」は、なかなかほっとできない今だからこそ、散歩の目的地リストに加えたい場所。新宿の喧騒を外れた辺り、若松河田の駅からすぐの場所に建つお屋敷建築だ。こちらの建物、完成は昭和の初めの1927年。小倉藩の藩主だった小笠原家の、30代当主・小笠原長幹伯爵が、旧小倉藩の江戸の下屋敷があった土地に建てた本邸だ。設計は曾禰達蔵と中條精一郎による曾禰中條建築事務所。辰野金吾とともにジョサイア・コンドルに師事した曾禰は、日本人建築家の〝第一期生〟といえる存在。その曾禰と、後輩でイギリス留学帰りの中條で明治の末に設立した曾禰中條建築事務所は、戦前は日本最大の設計事務所だったともいわれ、各地で実績を残した。都内で現存するところでは「慶應義塾図書館旧館」も彼らの作だ。

芸術に造詣が深く、海外経験も豊富だった小笠原長幹。そのお屋敷には彼自身の趣向と、日本近代建築の初期を担った建築家2人の手腕が存分に発揮されている。中庭のあるロの字型のプランや、ざらざらしたテクスチャーのクリーム色の外壁と緑色のスペイン瓦、窓には鉄格子の飾りといった要素は典型的な〝スパニッシュ様式〟と呼ばれるスタイル。そのどっしりとした骨組みの中、繊細なディテールが光る。ステンドグラスや外壁のタイルなどを、当時の優れた芸術家がつくったほか、家具や壁の小さな装飾ひとつに至るまで注意深く、美しく仕上げた。

続きを読む: GINZA »

絶え間ない砲撃浴びる村に女性が……BBC取材陣、ウクライナ東部から現地報告 - BBCニュース

BBCのサマヴィル中東特派員とコンウェイ映像記者は、ロシア軍の部隊が集まる東部イジュームの端で、ウクライナの地域防衛部隊に合流した。 続きを読む >>

連載漫画『トップスドッグズ』第17話。ロン、古着族になる。の巻 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | COLUMN【連載漫画『トップスドッグズ』第17話。ロン、古着族になる。の巻】 洋服を模した犬のキャラクター“ロン”とその仲間のゆる〜い日常を新感覚の“動く漫画”でお届けします☺️

アーティスト・リンリン(BiSH)の「捨てられない物語」。新しい音楽へと出合うきっかけとなったバンドTシャツ | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | COLUMNBiSH・リンリンさんがどうしても手放せないバンドTシャツの話。 「音楽を楽しみながら服を着るということを初めて実感できたアイテムなので、すごく大事にしています。」

とっておきのセルフネイル Vol.8 福本彩加さん | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | BEAUTYクリアを生かしたネイル💅✨「yolk nail」の福本彩加さんが3つのデザインを伝授してくれました。いつもの指先をぐんとおしゃれに小粋に変身させよう!

ヨジャドルの圧倒的モード感をまとう|臼田あさ美と仲間たち 韓国♡サランヘヨ vol.1 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FASHION2018年に行ったBLOCK Bのペンミをきっかけに韓国熱が上昇した太田莉菜さん。ヨジャドルとナムジャドルを着想源に仲良しな2人が気になるファッション&ビューティに挑戦😎

リサーチャー、モデル・眞鍋 都「洗練の中に温かみをプラス」|クリエイターたちの快適空間に潜入 vol.6 | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | LIFESTYLE眞鍋 都さんの快適空間に潜入💨 ──無駄を削ぎ落とすより、カラフルなアートや植物に囲まれた今の生活のほうが、より家に愛着を持てるようになりました

となりの5分メシ vol.70 味噌とお出汁のほっこり茶ぶし | 【GINZA】東京発信の最新ファッション&カルチャー情報 | FOODとなりの5分メシ【味噌とお出汁のほっこり茶ぶし】身体が冷えているだけでなく、疲れているし、なんとなく元気もないし、温かいものが飲みたい。でも本格的にスープやお味噌汁を作る気力もない…。そんなあなたにオススメ!

OGASAWARA HAKUSHAKUTEI 小鳥のさえずりが聞こえる、オリーブの巨木が植わった庭。凝ったステンドグラスをはめ込んだ窓越しの光が、彩り豊かな影を落とすラウンジの窓辺。踏めばきしりきしりと微かな音を立てる、飴色のフローリング……。身を置くと現実が遠ざかり、時間がゆっくりと流れ始める。「小笠原伯爵邸」は、なかなかほっとできない今だからこそ、散歩の目的地リストに加えたい場所。新宿の喧騒を外れた辺り、若松河田の駅からすぐの場所に建つお屋敷建築だ。 こちらの建物、完成は昭和の初めの1927年。小倉藩の藩主だった小笠原家の、30代当主・小笠原長幹伯爵が、旧小倉藩の江戸の下屋敷があった土地に建てた本邸だ。設計は曾禰達蔵と中條精一郎による曾禰中條建築事務所。辰野金吾とともにジョサイア・コンドルに師事した曾禰は、日本人建築家の〝第一期生〟といえる存在。その曾禰と、後輩でイギリス留学帰りの中條で明治の末に設立した曾禰中條建築事務所は、戦前は日本最大の設計事務所だったともいわれ、各地で実績を残した。都内で現存するところでは「慶應義塾図書館旧館」も彼らの作だ。 芸術に造詣が深く、海外経験も豊富だった小笠原長幹。そのお屋敷には彼自身の趣向と、日本近代建築の初期を担った建築家2人の手腕が存分に発揮されている。中庭のあるロの字型のプランや、ざらざらしたテクスチャーのクリーム色の外壁と緑色のスペイン瓦、窓には鉄格子の飾りといった要素は典型的な〝スパニッシュ様式〟と呼ばれるスタイル。そのどっしりとした骨組みの中、繊細なディテールが光る。ステンドグラスや外壁のタイルなどを、当時の優れた芸術家がつくったほか、家具や壁の小さな装飾ひとつに至るまで注意深く、美しく仕上げた。 圧巻は庭に張り出した円形の「喫煙室」。大理石がアラベスクを描く床や柱、細かいレリーフを施した壁や扉……。大胆な色使いにも息を呑むイスラム風のしつらえで、着飾って伯爵を訪ねる人々で賑わったであろう往時を思ううち、すいっとタイムスリップしてしまう。こちらのお屋敷、一時は取り壊しの危機もあったが、意志ある人々に巡り合って復元され、現在はレストラン&カフェに。真の優雅さを今に伝える場所として、愛されながらここに建つ。 小笠原伯爵邸