新型軽EV、2022年度初頭に登場!三菱 K-EVコンセプト Xスタイル…東京オートサロン2022[詳細画像] | レスポンス(Response.jp)

新型軽EV、2022年度初頭に登場!三菱 K-EVコンセプト Xスタイル…東京オートサロン2022[詳細画像] #三菱 #コンセプトカー #東京オートサロン #軽自動車

三菱, コンセプトカー

2022/01/14 4:01:00

新型軽EV、2022年度初頭に登場!三菱 K-EVコンセプト Xスタイル… 東京オートサロン 2022[詳細画像] 三菱 コンセプトカー 東京オートサロン 軽自動車

三菱 自動車 は2022年度初頭に、新型軽EVを市場投入する。その予告として「 東京オートサロン 2022」で世界初公開となったのが コンセプトカー 『K-EVコンセプト Xスタイル』だ。

外観は軽自動車の『eKクロス』そのものだが、アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンかつソリッドなイメージのマットブルーのボディカラーと、EVのモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを組み合わせた。フロントバンパー、ボディサイド、リヤゲートには「X」のロゴ。この「X」は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴している。

続きを読む: レスポンス »

スウェーデンとフィンランド、正式にNATO加盟申請 「歴史的瞬間」と事務総長 - BBCニュース

ストルテンベルグ事務総長は、「この歴史的な瞬間をしっかりつかまなくてはならない」と、両国の加盟申請を歓迎した。 続きを読む >>

三菱「K-EVコンセプトXスタイル」世界初披露! まもなく市販される新型軽自動車EVってどんなクルマ?幕張メッセで開催中の「 東京オートサロン 2022」で、三菱は軽の電気 自動車 コンセプト「K-EVコンセプト Xスタイル」を出展しています。どんなクルマなのでしょうか。 オートサロン 東京オートサロン ミツビシ 三菱 自動車 KEV EV 電気 自動車

ランクル300が早くも登場予定! エムズスピードが提案する最新カスタマイズ…東京オートサロン2022 | レスポンス(Response.jp)複数のジャンルで人気となっているエアロをはじめとした多数のパーツ群を備えるエムズスピード。 東京オートサロン 2022ランクル300のカスタマイズをはじめとしたSUV、オフ系の出展車両が目立つ。そんな各車を事前チェックしてみた。

愛車を綺麗に手軽にコーティング! プロスタッフはリアルな実演を予定…東京オートサロン2022 | レスポンス(Response.jp)カーケア用品メーカーのプロスタッフが、2022年1月14日(金)~16日(日)に幕張メッセ(千葉県)で開催される「 東京オートサロン 2022」にブース出展を行う。

米オフロードアルミ「ブラックライノ」日本上陸、最新モデル展示へ…東京オートサロン2022 | レスポンス(Response.jp)エムエルジェイは、1月14日から16日まで幕張メッセ(千葉市)で開催される「 東京オートサロン 2022」にて、同社が取り扱いを開始した米国オフロードアルミホイールブランド「ブラックライノ」の最新主要モデルを展示する。

KeePer技研初出展、EXキーパーの水弾きとツヤをアピールへ…東京オートサロン2022 | レスポンス(Response.jp)KeePer技研は、1月14日から16日まで幕張メッセ(千葉市)で開催される「 東京オートサロン 2022」に初出展する。

ナビを買うなら「HDMI端子」付き…メインユニット[カーオーディオ システムアップ AtoZ] | レスポンス(Response.jp)「クルマの中で好きな音楽をより良い音で楽しみたい」、そう考えているドライバー諸氏に向けて、そのための情報を多角的に発信している当連載。現在は、音楽を聴くのに向いた「メインユニット」の選び方を解説している。

K-EVコンセプト Xスタイルは、取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強い加速と静かで上質な乗り心地というEVの魅力に加え、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を装備。環境に配慮した安心・安全で快適な新世代の軽EVとしている。 外観は軽自動車の『eKクロス』そのものだが、アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンかつソリッドなイメージのマットブルーのボディカラーと、EVのモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーを組み合わせた。 フロントバンパー、ボディサイド、リヤゲートには「X」のロゴ。この「X」は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴している。 内装やスペックは未公表。一見ガワをEVっぽくしただけにも見えるが、右リアには給電口、そして下を覗けばフロアに敷き詰められたバッテリーパックをしっかりと見ることができる。