新型コロナウイルスの「ハイリスクな変異株」をWHOより約2カ月も早く特定するAIシステムをBioNTechが開発

2022/01/12 13:00:00

新型コロナウイルスの「ハイリスクな変異株」をWHOより約2カ月も早く特定するAIシステムをBioNTechが開発

新型コロナウイルスの「ハイリスクな変異株」をWHOより約2カ月も早く特定するAIシステムをBioNTechが開発

世界中で猛威を振るっているSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)は感染を繰り返す中で遺伝子配列が変化し、従来の株とは感染力や重症度が違う「変異株」が現れます。ファイザーと共に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンを開発したBioNTechが、多くの人々に影響を与える「ハイリスクな変異株」を世界保健機関(WHO)が指定するより早く見つけ出す「Early Warning System(早期警告システム)」を開発したと発表しました。

新たに開発された早期警戒システムは、ウイルスのと受容体細胞の相互作用に関する構造モデリングと、ウイルスの免疫回避特性および健康への影響をスコアリングする指標に基づいています。AIベースの予測モデリングが、世界中の研究者によって報告された膨大な新型コロナウイルスの遺伝子配列データを分析し、特定の変異株がどれほどのリスクをもたらすのかを評価するとのこと。早期警戒システムの能力を確かめるため、研究チームは2020年9月から2021年11月にかけて実験を行いました。その結果、WHOが「懸念される変異株」「注目すべき変異株」「監視すべき変異株」に指定した13株のうち12株について、WHOの指定より平均2カ月早く「ハイリスクな変異株」としてフラグを立てることができました。日本でも流行が懸念されるオミクロン株については、遺伝子配列データが利用可能になった初日にフラグを立てたとBioNTechは報告しています。

BioNTechの共同創設者兼CEOである氏は、新たに開発した高度な手法を用いることでスパイクタンパク質の配列情報を解析し、予測される免疫回避特性などのスコアに従って変異株のリスクを検出できると主張。「ハイリスクの可能性がある変異株を早期に検出することは、研究者・ワクチン開発者・保健当局・政策立案者に注意を促す有効な手段と鳴り、懸念される新しい変異株に対応する時間をより多く確保することができます」と述べています。InstaDeepの共同創設者であるKarim Beguir氏は、「現在は毎週1万件以上の新しい変異遺伝子配列が発見されていますが、人間の専門家がこれほどの規模の複雑なデータに対処するのは不可能です。私たちはInstaDeepのプラットフォームの強力なAI機能と、BioNTechのSARS-CoV-2に関するノウハウおよび技術を組み合わせることで、この課題に取り組みました」とコメントしました。

続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

令和に蘇ったHD-2Dリメイク『ライブアライブ』が熱すぎる。令和でもあの世で俺にわび続けろ、オルステッドーーーーッ!!!!

2022年7月22日……ついにこの日、1994年にスクウェアより発売されたRPG、『ライブアライブ』が28年の時を経て、HD-2Dリメイクとして発売ッ!。 続きを読む >>

12歳未満のワクチン接種「希望者にできるだけ早く開始」 オミクロン株対策で岸田総理 - ライブドアニュース【オミクロン株】12歳未満のワクチン接種、岸田首相「希望者にできるだけ早く開始」 「若年層やお子さんの感染も多くみられる」とした上で、接種の対象となっていなかった12歳未満の子どもについて「できるだけ早くワクチン接種を開始する」と明らかにした。 質問1/2 感染よりも副反応が心配? 質問2/2 岸田内閣を支持する? 議論すべきワクチン 議論すべき支持率 議論すべきアンケート 【オミクロン株】12歳未満のワクチン接種、岸田首相「希望者にできるだけ早く開始」 ぜつぼーの間違いでは? 出来れば国会議員の身内で試して安全性を確認してからがいいと思う 国民に早急にって事だから打っても大丈夫なんだろうし

田村前厚労相「日本国内で新規感染者10万人超も」自民党の田村前厚労相は11日、新型コロナウイルスの「オミクロン株」の日本国内での1日の新規感染者数について「10万人にいってもおかしくない」との認識を示した。田村氏は11日午前、自民党の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で「年末年始から感染が急拡大しており、大変緊迫している状況だ」とした上で、「海外の状況を見ると、デルタ株と比べて感染力が強い。イギリス・フランスでは20~30万人、アメリカでは100万人ほどが一日で感染している。マスクをしている日本といってもそれなりの感染者が出る可能性があ…