新型コロナによるアメリカでの死者数がついに1918年のスペインかぜを超える

新型コロナによるアメリカでの死者数がついに1918年のスペインかぜを超える

2021/09/21 4:51:00

新型コロナによるアメリカでの死者数がついに1918年のスペインかぜを超える

2019年末に中国・武漢で発生した新型コロナウイルスは瞬く間に世界中に感染拡大し、記事作成時点でもその勢いはとどまるところを知りません。増え続ける新型コロナウイルスのアメリカにおける死者数が、人類史上最大規模のパンデミックといわれる1918年のスペインかぜの死者数を超えたと報じられています。

一方で、STATは「現代医学は1918年よりもはるかに進んでいます。COVID-19で肺が機能不全となった患者には(ECMO)を使うことができますが、1918年にはECMOはありませんでした」と述べています。また、アメリカでは2020年末から新型コロナウイルスワクチンの接種が始まっているのも、スペインかぜとは違う状況の1つです。 続きを読む: GIGAZINE(ギガジン) »

「特殊詐欺を疑って」ハローキティが防犯呼びかけ 大分 日出町 | NHKニュース

【NHK】特殊詐欺の被害を防ごうと、大分県日出町で、世界的に人気のキャラクター「ハローキティ」が警察官と一緒にチラシを配って注意を…

人口が100年前よりも遥かに多いんだから人数で比較するのは正しくない 人口あたりの死者発生率で比較すればコロナよりも脅威になったパンデミックは複数ある とはいえコロナが(略 人類を脅かす感染症のパンデミック(世界的大流行)|これからの衛生管理 | 大幸薬品株式会社 新型コロナ重症化リスク 1【慢性閉塞性肺疾患 (COPD)】 患者の殆どが喫煙者の別名「タバコ病」 2【癌】喫煙がリスク 3【糖尿病】肥満が最大リスクだが、喫煙もリスク 4【高血圧】塩分過多や肥満、喫煙がリスク 5【喫煙】 「新型コロナ肺炎」は「喫煙肥満肺炎」 で、米国は肥満大国。( & 大麻) 【タバコによる死者、世界では年間800万人以上】 喫煙者が700万人以上。(自爆) 受動喫煙者が120万人。その内、子供が6万人。(自爆テロの被害者)