新型iPad分解、台湾製部品が急増 依存リスクも

「iPad Pro」の最新モデルを分解してみると、台湾製部品が急増。価格ベースのシェアは旧モデルの1.7%から18.5%に上昇、韓国に次ぐ2位に躍進しました。液晶ディスプレー向け部品などが押し上げています。

2021/06/17 2:29:00

「iPad Pro」の最新モデルを分解してみると、台湾製部品が急増。価格ベースのシェアは旧モデルの1.7%から18.5%に上昇、韓国に次ぐ2位に躍進しました。液晶ディスプレー向け部品などが押し上げています。

米アップルのタブレット端末で、台湾製部品の採用が増えている。「iPad Pro」の最新モデルを分解調査したところ、価格ベースで台湾勢の比率は約2割と国・地域別で韓国に次ぐ2位に浮上。新たに導入した液晶ディスプレー向け部品などが押し上げた。中核半導体の製造も担う。韓国が4割超のシェアを握っていた旧モデルから分散調達が進んでいる。日本経済新聞社が調査会社フォーマルハウト・テクノ・ソリューションズ(

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

その通学路、安全ですか? | NHK

日経が心配することではない。心配なら日経がアップル社に忠告すれば? get up get up all❤ DRAMは、 中国🇨🇳が(必要な分だけ)製造すれば良い。 朝鮮半島で製造することはないのだ。 米国🇺🇸や西側諸国で使用する分は マイクロンテクノロジー(例えば広島工場)で製造すれば良いのだ。