新名神 遠のく全通「八幡京田辺~高槻」も2023年度開通は“困難” | 乗りものニュース

大津~城陽は1年延期でしたが、こちらは時期が示されていません。

道路, Nexco西日本

2022/01/28 8:12:00

大津~城陽は1年延期でしたが、こちらは時期が示されていません。 【 新名神 遠のく全通「八幡京田辺~高槻」も2023年度開通は“困難”】

大津~城陽は1年延期でしたが、こちらは時期が示されていません。

その後の工事においても、トンネルを掘るシールドマシンの発進立坑の施工に時間を要しているほか、掘削度の運搬車両の受け入れ台数制限、シールドマシンのUターン方法などの検討が必要になっているそう。なおシールドマシンは国内最大級だといいます。こうしたことから、「2023年度の開通は困難な状況」「工程精査が必要」と結論づけられました。新名神の建設中区間をめぐっては、2021年12月末にも大津JCT~城陽JCT・IC間の開通見込みが2024年度へ1年後ろ倒しされたばかり。今回の八幡京田辺JCT・IC~高槻JCT・IC間については、開通見込みが示されていません。

沿線自治体などとの意見交換では、「沿線地域の住民や地元企業の期待が大きい新名神高速道路の開通時期見直しは非常に残念であるが、早急に工程を精査し、新たな開通時期を示していただくとともに、1日も早い開通をお願いしたい」「トンネル工事や周辺環境に与える影響について、地元の不安を払拭できるように、丁寧な対応をお願いしたい」といった意見が交わされました。

続きを読む: 乗りものニュース »

エンゼルス大谷翔平の次戦出場は不透明、菊池雄星との対決は「これから判断する」マドン監督 - MLB : 日刊スポーツ

「スター・ウォーズ・ナイト」の主役が、接戦のクライマックスで登場した。エンゼルス大谷翔平投手(27)が、27日(日本時間28日)のブルージェイズ戦で1点を追う… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

住宅街に現れた超電導リニア関連施設 見た目は普通のマンション しかし居住者なしの謎 | 乗りものニュースJR東海が、相模原市の住宅地に「さがみはら リニアブース」を開設。しかし周囲は普通の住宅街で、それがあるのも、普通のマンションです。なぜそうなり、またその目的は何なのでしょうか。

UAC「フランカー」シリーズの最新型 Su-30SM2戦闘爆撃機をロシア軍へ納入開始 | 乗りものニュース潜水艦への攻撃も可能だとのこと。 【UAC「フランカー」シリーズの最新型 Su-30SM2戦闘爆撃機をロシア軍へ納入開始】

都営三田線の新型6500形、5月中旬に運行開始 8両化し輸送力増強 | 乗りものニュース三田線の、相鉄線への直通も決まりました。 【都営三田線の新型6500形、5月中旬に運行開始 8両化し輸送力増強】 え゛あのインフォバーが相鉄に来ちゃうの?😫 人身事故が発生したらマヒするだろうな。 それでなくても、現状でも酷いのに…

奄美大島に2316mのトンネル開通 土砂災害多発のクネクネ峠道 一気に解消! | 乗りものニュース沖縄最長のトンネルより長いです。 【奄美大島に2316mのトンネル開通 土砂災害多発のクネクネ峠道 一気に解消!】

仕事は「敵になること」陸自のオニ集団「評価支援隊」さらに強化中 今後は野戦砲も? | 乗りものニュース陸上自衛隊には、あえて「敵役」となる専門部隊があります。スキルアップのために全国から来る部隊をコテンパンにいなす彼らは、外観から異なるそう。いったいどんな集団なのでしょうか。

秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」 2022年の運行決まる 初日は日章旗を掲揚 | 乗りものニュース2022年は計101日間運行します! 【秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」 2022年の運行決まる 初日は日章旗を掲揚】

主な要因の一つが用地取得の遅れです。昨年12月末時点で取得率は94%。未取得箇所を除き工事を進めているものの、枚方トンネル東坑口部において物件移転に時間を要したこと、土中に基準値を超える鉛が検出され土壌汚染対策などの作業を追加したことなどから、工事着手が3年程度遅れたといいます。 その後の工事においても、トンネルを掘るシールドマシンの発進立坑の施工に時間を要しているほか、掘削度の運搬車両の受け入れ台数制限、シールドマシンのUターン方法などの検討が必要になっているそう。なおシールドマシンは国内最大級だといいます。 こうしたことから、「2023年度の開通は困難な状況」「工程精査が必要」と結論づけられました。 新名神の建設中区間をめぐっては、2021年12月末にも大津JCT~城陽JCT・IC間の開通見込みが2024年度へ1年後ろ倒しされたばかり。今回の八幡京田辺JCT・IC~高槻JCT・IC間については、開通見込みが示されていません。 沿線自治体などとの意見交換では、「沿線地域の住民や地元企業の期待が大きい新名神高速道路の開通時期見直しは非常に残念であるが、早急に工程を精査し、新たな開通時期を示していただくとともに、1日も早い開通をお願いしたい」「トンネル工事や周辺環境に与える影響について、地元の不安を払拭できるように、丁寧な対応をお願いしたい」といった意見が交わされました。 【了】