Npb, 復刻パ・リーグ伝説, 石嶺和彦, 阪急, プロ野球, 阪急, 石嶺和彦

Npb, 復刻パ・リーグ伝説

故障、病気、門田加入…「なんくるないさ」で乗り越えた石嶺和彦/パ伝説 - プロ野球 : 日刊スポーツ

故障、病気、門田加入…「なんくるないさ」で乗り越えた石嶺和彦/パ伝説 #npb #復刻パ・リーグ伝説 #石嶺和彦 #阪急

2021/09/21 2:57:00

故障、病気、門田加入…「なんくるないさ」で乗り越えた 石嶺和彦 /パ伝説 npb 復刻パ・リーグ伝説 石嶺和彦 阪急

西宮の、そしてブレーブスの最後のタイトルホルダーとなったのが 石嶺和彦 だ。肝炎に倒れ点滴を打ちながら主砲を務め、若き指名打者として君臨。南海から門田博光が加わる… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

【取材・構成=高野勲】琉球方言には「なんくるないさ」という言葉がある。「何とかなる」といった意味である。沖縄出身の石嶺は、度重なる試練を軽やかに「何とか」してきた。身長174センチ。小柄な体をクルリと回して、外野席へと白球を突き刺してきた。指名打者として3度のベストナインに輝いたが、プロ入り当時は捕手だった。石嶺 少年野球を始めたころ、投げるときの肘の使い方が、二塁送球に向いていると判断されたんです。でも「抑えたら投手のおかげ、打たれたら捕手のせい」という雰囲気が苦手で、早く捕手をやめたいとずっと思っていました。

【速報】眞子さんと小室圭さん 結婚記者会見 | NHKニュース 映像 眞子さん小室さん結婚会見 - Yahoo!ニュース 小室圭さん「私は眞子さんを愛しています」 結婚会見 | 毎日新聞

78年のドラフト2位で阪急に入団した。当時から左膝半月板がずれる故障を抱えており、79年末には手術も受けた。83年夏に捕手断念を決意。ここから人生が好転する。石嶺 投手のリードを考えることから、完全に解放されました。テレビで他球団の好打者の様子を見ていて「打つだけなら、俺も十分やっていけるんじゃないか」と切り替わりました。誰かに教わったわけでもなければ、創意工夫をこらした覚えもない。打ちやすいように打っていたら、無駄のないフォームができていた。意識したのは、軸をしっかりさせて回転を利かせることだけだ。86年に指名打者の座を固め、4月29日ロッテ戦から7月25日ロッテ戦まで、56試合連続出塁を果たす。当時のプロ野球最長だった。シーズン33本塁打。規定打席にも到達し、3割ちょうどの好成績を収めた。すると、思わぬ相手が助言を求めてきた。押しも押されもせぬ3冠王、ロッテの落合博満である。

石嶺 内角に入ってくる左投手の球の打ち方を尋ねられました。びっくり仰天しましたよ。恐れ多くて、何も答えられませんでしたけどね(笑い)。好事魔多し。86年オフに急性肝炎と診断され、兵庫・西宮市内の病院に入院した。石嶺 試合が終わると必ず外食し、ついでに酒も飲んでいました。強かったもんですから、毎晩かなりの量になっていましたね。入院した後も、考え込んでも仕方ない。病室で週刊誌を何冊読んだかなあ。翌87年、チームの高知キャンプには合流したのは最後の4日間だけだった。選手生命の危機に立った青年は、周りの度肝を抜く働きを見せた。4月の打率4割4分1厘、30安打、22打点はパ1位。9月2日西武戦から10日近鉄戦までの6試合連続本塁打は、現在もパ・リーグ最長である。年間通しても34本塁打、91打点。3割1分7厘は自己最高。試合前に点滴を受けて球場入りし、グラウンドでは相手投手の“天敵”となった。近くに内科がないときには、産婦人科に頼み込んで点滴を受けたこともあった。 headtopics.com

石嶺 キャンプやオープン戦の疲れがなかったからこそ、打てたのかもしれませんね。周りからは「来年からもう、キャンプなんてやめようか」なんてからかわれましたよ。体調も戻り、順風満帆に指名打者として活躍していたところ、意外なライバルが身内になった。88年に40歳にして本塁打と打点の2冠を取った門田博光が、同年オフ南海から新生オリックスに加わった。同じ指名打者。それでもすぐに気持ちは切り替わった。石嶺 確かに決定を聞いた瞬間は驚きました。でも直後に「試合に出るには、外野を守らないと」とだけ考えました。指名打者専任だったころも練習では外野ノックこそ受けていたが、89年から一層の集中力で練習に励んだ。左翼で64試合に出場。これが刺激になった。

石嶺 DHのときは、意外と時間の過ごし方に苦労しました。ベンチ裏で阪神戦のテレビを見たり、割とうろちょろしてました。でも守りにつくと、攻守のリズムができました。90年に門田は42歳となり、石嶺は左翼専任と腹をくくった。この年の外野手としての14補殺は、愛甲猛(ロッテ)と並びパ最多だった。そして打っては、デストラーデ(西武)とタイトル争いを展開。106打点でタイトルを分け合った。西宮を本拠地とする年で、そして「ブレーブス」として最後のタイトルホルダーだった。石嶺 打点は、前の打者が塁に出ないと打っても増えませんからね。あまり意識はありませんでした。まあ、2位では名前が残りませんからね。今にして思えば、取ってよかったかなとは思います。

故障、病気、そして指名打者からの外野手転向。ピンチの連続を「なんくるないさ」と乗り越えてきた石嶺の姿は、歴戦のパ・リーグ強打者の中でも異色の輝きを放っていた。◆石嶺和彦(いしみね・かずひこ)1961年(昭36)1月10日生まれ、沖縄県出身。豊見城では甲子園に2年春から3年夏まで4季連続出場。78年ドラフト2位で、広島と入札競合の末に阪急(現オリックス)入団。在籍中の241本塁打は球団5位。86、87、90年パ・リーグ指名打者ベストナイン。94年阪神へFA移籍し96年引退。1566試合、1419安打、269本塁打、875打点、打率2割7分3厘。現役時代は174センチ、75キロ。右投げ右打ち。引退後は中日、DeNA、オリックスでコーチを歴任。現在は沖縄県に本拠を置くエナジック硬式野球部監督。

○…石嶺氏はオリックスと阪神の日本シリーズを待望している。94年に阪神へFA移籍。「セ・リーグの野球も経験したくて阪神に移りました。甲子園ではお客さんが多く、巨人戦で試合前の練習中に入場が始まったのはびっくりしましたよ」。阪神には中日コーチ時代に選手とコーチとして接した井上一樹ヘッドコーチ(50)、オリックスにはともにプレーした中嶋聡監督(52)がいる。「井上コーチは本当に野球が大好きで、よくやっていると思いますよ。中嶋監督は若いころから正捕手を任され、いつも落ち着いていました。いずれにせよ、野球をするのは選手です」。セ、パで首位争いする2人に「うまく選手を使い、ともに優勝してほしいものです」とエールを送った。 headtopics.com

SCPホラーゲーム『SCP: Containment Breach Multiplayer』がSteamにて無料配信スタート。最大64人の協力プレイに対応するほか、プレイヤーが異常存在になれるモードも - ライブドアニュース 漫画家の白土三平さん死去 89歳 「サスケ」や「カムイ伝」など | NHKニュース 漫画家の白土三平さんが89歳で死去「カムイ伝」などを連載 - ライブドアニュース 続きを読む: 日刊スポーツ »

【詳しくわかる】昭和の戦後まもない頃の衆院選はこうだった | NHK政治マガジン

詳しくわかる シリーズ「投票に行こう!衆院選」今回は、戦後まもないころの衆議院選挙を振り返ります。「日本の民主化が果たしてできるか、できないか、新しい日本の運命を決する日」終戦の翌年。昭和21年4月の戦後最初の衆院選のニュース映像です。GHQが...

西武渡辺勇太朗が危険球退場「大変申し訳ない」伏見の顔面かすめる死球 - プロ野球 : 日刊スポーツ西武の先発・渡辺勇太朗投手が危険球退場に見舞われた。1-1の5回無死一塁の場面。送りバントの構えの打者・伏見に対し、直球があごをかすめた。倒れ込む姿に場内は一… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

伝統の一戦 阪神ガンケル-巨人菅野/ライブ速報します - プロ野球 : 日刊スポーツセ・リーグ首位の阪神と3位の巨人が対戦。予告先発は阪神がガンケル、巨人は菅野。試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムでライブ速報します。… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 伝統の一戦 阪神ガンケル-巨人菅野/ライブ速報中 kyojin giants hanshin hanshintigers

ヤクルト村上宗隆が史上最年少100号 89年西武清原超え - プロ野球 : 日刊スポーツ歴史に名を刻んだ。ヤクルト村上宗隆内野手(21)が、1回1死、右翼席へ本塁打を放って通算100号を達成した。21歳7カ月での到達は、89年西武清原和博の21歳… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 本当にすごい! 清原さん超えを達成するのは偉大なことだし、むねはヤクルトの誇りだ! おめでとうございます!!! 2年目の守備と三振を無視して使い続けた指揮官とチームに恵まれたところもあるけど 期待以上の結果で返してくれてありがとう 史上最年少100本塁打おめでとうございました。 「日刊スポーツ」のおっしゃる記事によりますと「個人の目標は気にしていない」という勝利のための一振りで、100本目のアーチを描いた。 プロ1号はルーキーイヤーの18年9月16日の広島戦。岡田明丈投手から「プロ初打席初安打初本塁打」となる2ランを放った。第1歩から丸3年で、大台に到達した。」

広島野間峻祥にアクシデント 適時打放った直後交代告げられる - プロ野球 : 日刊スポーツ広島野間峻祥外野手(28)が、何らかのアクシデントがあった影響で、5回表終了後に交代となった。ヤクルト18回戦に「1番中堅」で先発。4点を追う5回無死二塁の第… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

「いいきっかけに」原監督の直接指導で丸はヒットにウィーラー1カ月ぶり弾 - プロ野球 : 日刊スポーツ巨人原監督の直接指導が実った。試合前練習でアドバイスした丸が2回の猛攻撃を演出する安打を放てば、ウィーラーも7回に約1カ月ぶりの12号ソロ。復調の兆しを見せた… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ロッテ小島和哉がプロ初完封 自己最多更新8勝目 - プロ野球 : 日刊スポーツロッテ小島和哉投手(25)がプロ初完封勝利を挙げた。前回登板となった9月11日の楽天戦(ZOZOマリン)でプロ初完投勝利。「前回抑えたから次も抑えられる保証は… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)