政府、米大使着任を歓迎…早くも日米首脳テレビ会談実施の「剛腕」発揮 : 政治 : ニュース

政府、米大使着任を歓迎…日米首脳のテレビ会談調整「剛腕」早くも発揮 #政治

日米, 来日

2022/01/24 22:45:00

政府、米大使着任を歓迎…日米首脳のテレビ会談調整「剛腕」早くも発揮 政治

政府は、 バイデン 米大統領に近い ラーム・エマニュエル 駐日米大使が着任したことで、米側との連携がいっそう進むことを期待している。エマニュエル氏が自主隔離を終える来月上旬にも、岸田首相との面会を調整する方針だ。 松野官房長官

松野官房長官は24日の記者会見で、「日米同盟のさらなる強化などに向け、新たな一歩を踏み出す良い機会になる」と歓迎した。エマニュエル氏はバイデン氏が副大統領を務めたオバマ政権時代に大統領首席補佐官を務め、バイデン氏の信頼も厚い。21日の岸田首相とバイデン氏のテレビ会談の日程調整に尽力し、会談にも同席するなど、早くも手腕を発揮している。23日に来日したエマニュエル氏は10日間の自主隔離後に皇居で信任状奉呈式を行い、大使として本格的な活動を始める予定だ。首相との会談では、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験再開を示唆する北朝鮮への対応などについて協議するとみられる。

続きを読む: 読売新聞オンライン »

J2第17節振り返り! 上位直接対決は新潟に軍配|#週刊J2 2022.05.24

00:00 オープニング&週刊表彰08:51 熊本vs千葉14:13 秋田vs東京V20:42 大宮vs仙台30:30 新潟vs横浜FC44:19 金沢vs山形51:34 徳島vs栃木59:23 水戸vs岩手1:05:30 岡山vs大分1:12:17 琉球vs甲府1:20:31 町田vs群馬1:26:22 山口v... 続きを読む >>

[深層NEWS]名護市長選で現職勝利、佐藤正久氏「大きなステップになった」 : 政治 : ニュース自民党の佐藤正久・外交部会長と沖縄国際大の前泊博盛教授が24日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、23日投開票の沖縄県名護市長選について議論した。 佐藤氏は、自民党などが推した現職の勝利を受け、夏の参院選、秋に予定

新たに18道府県に「まん延防止」、計34都道府県に拡大へ…首相表明 : 政治 : ニュース岸田首相は24日夜、大阪、福岡、北海道など18道府県に、緊急事態宣言に準じた措置が可能となる「まん延防止等重点措置」を適用する案を専門家による基本的対処方針分科会に諮る方針を明らかにした。期間は27日から2月20日まで >「重点措置を講じてから、一部自治体では感染拡大のスピードが落ちてきている」 そんなデータ、どこにあるんだ??

岸田首相、自身の3回目接種はモデルナ製使う考え表明…「交互接種」アピール : 政治 : ニュース岸田首相は24日、首相官邸で記者団に、自らの新型コロナウイルスワクチンの3回目接種で、米モデルナ製を使う考えを明らかにした。過去2回は米ファイザー製を接種しており、異なるワクチンを使う「交互接種」について「安全性や効果 確かに交互の方が効くような気がする。 ✕オミクロンかぶ ○オミクロンかぜ さすがにもうこの人はやめた方がいいな! ワクチン持ち出すのはあんたの仕事じゃないわ!

18道府県に「まん延防止」新たに適用へ、25日に正式決定…政府方針 : 政治 : ニュース政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、18道府県に、緊急事態宣言に準じた措置が可能となる「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めた。25日に専門家の意見を聞いた上で、正式決定する予定だ。重点措置は計34

離婚した子育て世帯に10万円給付が届かない問題、首相が見直し表明…衆院予算委 : 政治 : ニュース衆院予算委員会は24日午前、岸田首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行い、2022年度予算案の実質審議に入った。首相は18歳以下への10万円相当の給付を巡り、離婚後に子どもを育てるひとり親が受け取れない問題について、給付 >18歳以下の子どもへの10万円相当の給付 天下の 愚策 を実現したのは 公明党 です!

立民、辻元清美氏を参院比例に擁立へ : 政治 : ニュース立憲民主党は、今夏の参院選比例選に前衆院議員の辻元清美氏(61)を擁立する方針を固めた。 辻元氏は、立民副代表などを歴任し、論客として知られる。昨年の衆院選では大阪10区で8回目の当選を目指したが、日本維新の会の新人に やかましいやつ。 論客として知られる。 ( ´,_ゝ`) どうしても通したいのだろう。

政府は、バイデン米大統領に近いラーム・エマニュエル駐日米大使が着任したことで、米側との連携がいっそう進むことを期待している。エマニュエル氏が自主隔離を終える来月上旬にも、岸田首相との面会を調整する方針だ。 松野官房長官は24日の記者会見で、「日米同盟のさらなる強化などに向け、新たな一歩を踏み出す良い機会になる」と歓迎した。 エマニュエル氏はバイデン氏が副大統領を務めたオバマ政権時代に大統領首席補佐官を務め、バイデン氏の信頼も厚い。21日の岸田首相とバイデン氏のテレビ会談の日程調整に尽力し、会談にも同席するなど、早くも手腕を発揮している。 23日に来日したエマニュエル氏は10日間の自主隔離後に皇居で信任状奉呈式を行い、大使として本格的な活動を始める予定だ。首相との会談では、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験再開を示唆する北朝鮮への対応などについて協議するとみられる。 一方、エマニュエル氏は周辺との摩擦を恐れない「剛腕」で知られ、「通商など日米で立場の違いがある分野ではこれまで以上に説明が必要になる」(外務省関係者)との指摘もある。